≫ EDIT

NEW GAME 第6話

IMG_20170111_161742.jpg
最近、やる気が出ない。
そんな時こそ、百合。
と、そういう気持ちで生きてます。
まぁ、そういう感じでねー。
NEW GAMEですよ。
安定した百合と言うのは、こうしてみると、なんか、心が落ち着くので良いものです。個人的には、今期は、まぁ、色々とあれなんですけどね。なんやかんやで楽しいんだけどさ。
来期は、ラブライブかぁー……
何かなー……
まぁ、それは、あれとして百合枠が少なくないですか?お母さん。
まぁ、それは知らんが。
とりあえず、最近、だるいです。

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『プリンセス・プリンシパル』第6話「case18 Rouge Morgue」

1502601046_1_1_449f938ea7760a83c00ba8fc9d0ff3c6.jpg
こういう格好で、夜はプリンセスとアンジェの面倒()を見ていそうな印象ある。
ベアトの声が幼少期と変わらない理由って、なんか、色々と考えてみると、あれですよね。それからのなんていうか声をオヤジに機械で弄られてから成長して以降の、そういう声を知らない。って言うのを考えると、あれだよね。身体だけ成長していながら声は幼いままで、成長した声を知らない部分が、あのままだと思うと、一番、明るいように見えて、何気に重さは段違いだよね。ってか、ベアトの喉の改造シーンは見ていて思うけど、あれ仮面ライダー1号、本郷猛のオマージュと見るべきよね。
1クールなのに、ケース18とかやっちゃうわけだ。売れたら、それ以外の話もやるんだろうなーって思ったり、それとも特典映像とかに入ったりするのかなー。
そんな感じで、親父が登場ですあ。
ってか、これチェンジリング作戦は飛ばし飛ばしで描くつもりだなー。ケース18でチェンジリング作戦に参加中とか、そういうのが出た。ってことは、そういうことなんだろうな。
いや、マジで。
さて、まぁ、死体洗いの仕事の中での物語でありつつ、そこからブツを盗む。そういう中で出会った父親との再会をした物語と言う感じでござ‐ますわね。ドロシーにとって、忌むべき過去そのものが親って言うのはよくあるわな。
ってか、ベアトが父親のことに対して説教するって、余程、あれなことだわな。自分の父親がクズだから、他人の父親の屑っぷりが何よりも許せないというのが、あるんだろうけど、それゆえに繋がる二人の絆って言うのは強い。なんていうか、見ていて、こういうのが百合に繋がるんだよなーって思うと微笑ましい。
屑かどうかどうのこうの。
そして、そうでなければ、あの二人が出会えなかったって言うのも、それによって、ある種、親子が敵対してしまったということも、心の弱さが招いてしまった悲劇と言うのは悲しい限り。
そして、何の因果か、今回の仕事には、その父親が大きく絡んでいるという……暗号表と、様々なことを含めて面倒くさいわけだ。金で動く人間が一番わかりやすい。って、それが心理だわな。
人が狂う予兆なんて、そんなものは解らない。とはいえ、最初はまともだったって言うのがあると色々とある者はあるんだろうけど、なんていうかさ。
人の心の弱さ―って言うけど、まぁ、でも、結構、壊れやすいものであるんだとは思う。
ましてや、それまでの人生が順風満帆だとねー。
1502601046_2_4_3f0e91020930b4f10d4af992795329ef.jpg
そして狂わされた人生と、ほんの少しの擦れ違いが親子の悲劇を招く。泥沼の人生が泥として終わるってのは、何とも言えない、なんというか、それは娘を虐待したこと、それから繋がる過程の崩壊に対する重すぎる代償と言う名の因果だわな。これ。
心の弱さが招いてしまった悲劇と因果の糸が寝ん蜜に絡まった結果が、あのラストだと思うと心が脆くなるかなんて解ったもんじゃないしやるせないし和解したと思ったところで、あのラストと物語の流れは王道だけど、それまでのドラマの描き方が良い感じに魅力的。
1502601046_1_7_f19400010fbf4e13ef62ce92b38b85de.jpg
でも、ベアト×ドロシーは美味しいなー。
ああいう因果で繋がれた女同士の百合って途轍もなく好きな自分がいる。今回、新たに可能性を感じた。ドロシーは父親と同じように心が弱いと評するけど、ドロシーには掛け替えのない仲間がいるのが弱さを埋める決定的な差って言うのも良い。

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

見逃すアレ。

プリキュア、見逃した(つ=ω=)つ
いや、布団の上に色々と虫がいて……駆除してたら、もうj、三時過ぎでーあー、大変よー(つ=ω=)つ

| 百合有り日記 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チアフルーツはお休みです(つ=ω=)つ

日本のスポーツ礼賛主義なんてなくなっちゃえー(つ=ω=)つ

| 百合有り日記 | 00:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『ウルトラマンジード』第6話「僕が僕であること」

2017y08m12d_090549801.jpg2017y08m12d_090526870.jpg
ウルトラマンをやりつつ、家庭を守り、サラリーマンって結構、大変だよ。働いてみると解る(つ=ω=)つそういうことを思いながら、やっぱり、リクは十代ゆえの世間知らずさと言うのが見えてきます。
とはいえ、それで、サラリーマンをやる。って言うのは、それは、それで、どうなんやろ?wいや、良く会社が許したなーとか、そういうことを思います。
サンダーキラーがかっこいいです。
雑誌で見るより、かっこいいよね。サンダーキラー……実写で動くと、あそこまでかっこいいのかと。そういうことを思ったりします。いや、元のデザインからかっこよかったんだけど、でも、なんか、ものすごくかっこよく見えた。って言う、そういうパターンですよ。
スゲー、かっこいいし、スゲー好き。
あのかっこよさは凄いですよ。
どうでもいい話、OPでモアがブスに見えるのは狙ってる仕様なんですかね?( ・ω)
2017y08m12d_090701916.jpg2017y08m12d_090718467.jpg
嫉妬と悔しさが同時にリクから伝わってくるのが見ていて辛い。
支持率が上がったけど惨敗して、さらにゼロに助けられて、そして知らない人に罵倒される。
そして、この年代の少年からすれば誰もが抱いてしまう、自分の無限の可能性を否定されたような気分にもなる現実の壁って言うのは、少年に与えるダメージはものすごく大きい物であるんだよなーと、懐かしい思い出。
ゼロの方がヒロイックだし……
嫉妬だなぁー・・・・・・
「ウルトラマンをやってれば色々とあるさ。」
まぁ、確かにゼロはプラズマスパークに手を出して色々とあったから、なんやかんやで説得力があるのは確かだと思う。
…リクの父親に身体を乗っ取られたりとか、本当に色々とあったしねー。
でもリクはー…強いゼロしかしらない。
そんな強いゼロだし、ヒロイックな部分や全てにおいて嫉妬してしまうし、何を思っても火に油を注ぐ状態になっているんだと、そういうことを思います。
仮に、ここでゼロが出自を話していたら、余計にリクはゼロと対立していたんだろうなーって思う。
明確なリクとナオの差。
でも、こういうのって当事者じゃない限り、そういう辛さってのは理解しづらいと思う。
2017y08m12d_092202180.jpg2017y08m12d_092350830.jpg2017y08m12d_092207375.jpg2017y08m12d_092400459.jpg
この唐突なジードクローの登場、何かを思い出すと言えば、ウルトラマンXのベムスターアーマーの唐突さを思い出す……
リクの心の成長に合わせて、レッキングバーストの時のように脳裏に走った感覚って感じで、それがジードクローとして召喚された。ってことでいいのかな?
「大切なものを見つけるために世界を守る。」
これがリクの精神の基本であると同時に、そんな自分に対して優しく接してくれる仲間達に対して、それが大切な存在になっていくような気がします。
父親であるベリアルは、かつて、それを為すことが出来ずにクライシス・インパクトを起こしてしまったりと、オメガアーマゲドンとかもやっちゃったりと、色々とあれでしたわね……
そうなってくると、ベリアルにとってリクはどういう存在なんだろう?
2017y08m12d_091542328.jpg2017y08m12d_091612504.jpg2017y08m12d_091542328.jpg2017y08m12d_091330364.jpg
咄嗟のこととはいえ既に家庭と言う大切な存在を持ったレイトが、守るべきものが解らないリクに対して「迷子」と表現したのは的を得ている意見だなーって思う。
2017y08m12d_092543367.jpg2017y08m12d_092550994.jpg
そして、その表現は一歩間違えればリクもベリアルと同じ道をたどる暗喩だと、そういうことを思ったりする。
咄嗟のこととはいえ既に家庭と言う大切な存在を持ったレイトが、守るべきものが解らないリクに対して「迷子」と表現したのは的を得ている意見だなーって思う。
そして、その表現は一歩間違えればリクもベリアルと同じ道をたどる暗喩だと、そういうことを思ったりする。
リクの周りにいる人間は優しい人間が多いからこそ、徐々に、その人たちを守りたいという意識が、レイトの言った通り「大切なものを見つけるために世界を守る」と、言う部分を意識させていく展開は上手いなーって個人的に思いました。
そこがベリアルの違いなのかなーとも思う。
2017y08m12d_091946925.jpg2017y08m12d_091956218.jpg
「世界を護る中で自分の大切なものを探していく。君が君でさえいれば。」
ウルトラマンではなく人生の先輩としてのレイトのような人柄から優しく言われることに意味があるんだと思う。互いの苦労を共有しあうことで言葉を与えて、それが乗り越える切欠になる。王道だけど良い。
それと同時に、#ウルトラマンジード に変身する前にライハが変身する描写を入れることでライハの言葉に説得力が生まれるのも良い演出だと思った。ああいう演出を入れることで自分の守るべき存在とは?と言うことに対して粋を芽生えるのが良いんですよね。大切なワンクッション。モアが知ったら嫉妬
2017y08m12d_092520825.jpg2017y08m12d_092443870.jpg
ゼロのヒロイックな外見と、#ウルトラマンジード の悪役な外見が上手く活かされた話でもあったような気がします。
新たな経験として刻み込まれた、この記憶が血となり肉となり、ゼロのようなヒロイックさはないけど、それでもウルトラマン、それでも自分が自分らしくという決意が描かれた話だった。
レイトもウルトラマンとして戦うということの過酷さを知ったからこそリクを理解できたのも良いですわね。
レイトが強いのではなくゼロが強いから自分が強いと錯覚していた事に気付いたからこそ、両親がいないリクに対しての接し方を変えたんじゃないかな。って思います。
何気に日本の企業体制に対して皮肉を入れるまた円谷の精神、クッソ好き。でも、こういう世界だからこそ、そういう企業の闇の部分は変えていかないといけない。
「仕事の限界が来てもカラータイマーは鳴らない。」
悲しくも恐ろしい日本の社会と言う名の黒い怪獣を如実に表してる。
さて、次回はギャラクトロンの再登場。噂だと一話完結ではなく二話完結タイプになるらしい。
今回のギャラクトロンは強豪怪獣として、そこに君臨するようだ。
ボロボロのレイトはゼロの敗北を意味するんだろうか……?

| 特撮感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT