PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

仮面ライダーゼロワン「本人が本人役で出る。」


この作品にも大和田伸也は存在しているのだ。
そんな感じで、まぁ、あれでござーますわねー。
しかし、4クールあるから、こう言う遊びができるのは結構、羨ましいよなー。しかも、今回は前後偏構成だし、大和田さんをゲストで呼ぶことが出来るし。
ウルトラマンの場合だと、大御所俳優を使うとたいていは、もうレギュラーですよ。さて、まぁ、俳優業にヒューマギアを使うことに対して、色々とあれだし、ヴァルキリーの人に関しては飛電を潰すことが目的なようで。まぁ、たぶんと言うか、違うだろうけど、この世界における、そういう排斥運動を兼ねている人間の存在とかあるんだろうね。それが或人の父親とか、そういう肉親関係ってのはありそうな気がする。
現状、ヒューマギアって危険な存在に落ち着いちゃってるのが現状だし。
そういや、ゼロワンの使うライジングホッパーだっけ。あれ、人間の手で絶滅したバッタだそうで。ヒューマギアの存在はあり得ないという、そういうメッセージがありそうな予感がする。
不破とヴァルキリーの人の和解は、まぁ、この先、色々とあるだろうとはいえ、意外とあっさりだったわね。
さてさて……
例の飛電を陥れる計画を持っているエイムズの人の顔が見えたけど、そういうことで良いのかね?あれは。

| 特撮感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウルトラギャラクシーファイト Ep.6 & Ep.7


正義も悪も。
光も闇も。
全ては紙一重という、まさに、そうだわな。その心理の証明、それを為すためにトレギアがウルトラダークキラーを蘇らせたのは言うまでもないだろう。
光が宇宙の番人とは、誰が決めたのか。
子の証明、そう、やっていることは、オリジンサーガのサイキとかを思い出す人とか多いのではなかろうかと、そういうことを感じてしまうことがあります。
何があったんだろう?ってことが気になるよね。
ウルトラマントレギアという存在は。
そんなこんなで、最終決戦が始まりまっせ!
ってことで、そういうところで終わってしまうという。
どうなるんだか。



しかし、まぁ、あの、X、オーブ、ジードの下り、クッソかっこ良くね?
良いよね。こういう如何にも決戦序章みたいなスタイルw
あの一連の流れのカッコよさ、ヤバない。
もう、ね。
しかも、自分の偽物との対決というスタイルだから、本当にね。
燃えないわけがないんですよ。
前々から、あのウルトラマンの偽物との戦いとか、そういうダークヒーローとの戦いって言うのは、やっぱり萌えますよね。そういうダークヒーロー文化、所謂、人類の味方のヒーローとね。
だから、バットマンとは違う、その文化ですよね。
悪としてのダークヒーローのカッコよさって言うのが、やっぱり、それは日本の生み出した文化であると思う。
所謂、他の悪とは違う。
そのカッコよさね。

| 特撮感想 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『ウルトラマンタイガ』第17話「ガーディアンエンジェル」

2019y10m26d_095428961.jpg2015y12m16d_082320899.jpg
トライストリウムの攻撃って、もう、牙狼の烈火炎装



ああいう面倒くさい大人になり切れてない男って妙に苦手と言うか、何と言うか。さて、まぁ、悪いことがあると悪いことがあるんです……返ってくるんです。
って言うのが良く分かると言うか、何と言うか、そういう感じがしてならない。
かなさんが、何で、この世界に入ったのか。って言うのは聞いてはいたけど、セミ人間の少女は、やっぱり、研究所で殺されてしまったんじゃろか?それとも、まだ隔離施設で飯を食っているんですかね。
あと、言ってしまえばさ。
2019y10m26d_095430873.jpg2019y10m26d_095442431.jpg
そりゃ、子の地球って宇宙人にとっては生きにくい。って言うのはわかる気がする。人間ですら、今、この地球で生きるのが精一杯なのに、それで悪事に手を染める。いくら、善人であるとはいえ、そうなってしまうのは、どうにもしようがないんだろうなー。と、今にしては思う。それで戸籍を得ることも難しい宇宙人となるとなおさらだよね。
って言うのは分からんでもないけどね。いや、人間なんて、そんなもんだから。
そして、そういう存在を護ることも正義ではあるしと。
さて、まぁ、タイガには一見善人に見えておきながら、裏では闘争本能に支配されたナックル星人とか。
正義とは難しいものです。
さて、まぁ、ヴィランギルドについては、本格的に絡むんだろうね。
トレギアが出した問題って言うのは、あれだよね。
前、話題になったトロッコ問題。
2019y10m26d_095446281.jpg2019y10m26d_095700877.jpg
バットマンの映画でダークナイトかなんでやってたけど、やってることは、それと同じなんだけど日本のヒーローの場合はアメリカと違って選ぶではなく、全てを助けるために最善を尽くすから良い。
ヒロユキは、それに対して仲間を信じることを選ぶと同時にタイガに変身して全てを護ろうとする道を選んだわけで。
これは、間違いではなく、あの場で一番最善の手段よね。
トレギアは、それに対して当然、心を揺さぶることをしたけど、あの場はねぇ?
そうして全てを救ったヒロユキに対してトレギアが挑戦していくのが、これからのウルトラマンタイガの主軸になっていくのだろうと思いつつ、今日はゆっくりする。

| 特撮感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仮面ライダーゼロワン「やっぱりブレードランナー」


不破ちゃん、あんだけ毛嫌いしてたヒューマギアに治療されるとか皮肉としか言いようがないのよね。
どうでも良い話、ゼロワンのアークのモチーフってプルートゥとか、火の鳥に出てきた、あのバカでかいコンピューターか何かなんですかね。
ここまで手塚治虫テイストが来るとね。
なんか、病院関係の人間が不足してる。って偉いリアルやね。
ニコ生で病院で働いてるゲーム関係の放送者の話を聞いてると、確かに人手不足になるだろうというのは話を聞くだけで解るし。
それをヒューマギアでどうにかしなきゃいけない現状とか、やたらリアル。
ってか、病院って言うデリケートな部分なら余計に色々と簡単にハッキングされないようにプログラムの構築とかさー。そういうのやった方が良いんじゃね?とか、そんなことを思わずにはいられないのよね。
ヒューマギアを信じすぎ道具に頼り過ぎたが故の何とやらなんだろうけど。
そこ行くと、敵の設定は、やっぱ、ブレードランナーじゃねーか。
とはいえ、ブレードランナーの場合は、人間の奴隷ではないというアイデンティティから自我を発芽させて話の悲哀に、レプリカントの悲哀に繋がっていくんですけどね。
そこにあるのは、もう最終的には、ただ生きたいという妄執に取りつかれて自分を狩るデッカードに対して全力で挑むというのが、ブレードランナーのレプリカントなわけですが。
アイデンティティを持てば人間って……
って思うのは、もう自然の成り行きだよ。どんな人間と接していたり、どんな仕事をしていれば。
うーん。
ってか、これに対してブレードランナーでも、そうなんだけど、自我が芽生える前に、どうにかできないものなのかね。アトムだと、人格を受け入れてロボットにも人権を。
って話もあるくらいだし。
ただ、その部分が、最終的に人間に大きな不利益を与えるのであれば・……
と、思うよね。

| 特撮感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Episode4 & Episode5『 ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーションヒーローズ』


リブットの腕についてる奴って、武器になったんだなーって、今、そういう心境で見ていたりする。
さて、まぁ、エタルガーやら、ルギエルやら、ラスボスクラスが多く出るな―。
エタルガーとか、ゼロの単独の最大の必殺技、普通に耐えていたからな―。ルーブ兄弟二人だけじゃ、そうそう上手く行くようにはできてないのよね。
むろん、リブットが参戦しても……って状態になってるのも、結構、辛いものがあるよね。ってか、リブットブロッカー、あそこまでデカくなるのな。ビームシールドみたいな感じにバリアは展開されるのかと思った。
ってか、ストロングネットとか、本編で使った技を使うの強いね?
んで、1話以降、登場したー
Xとジードは……
ギンガの登場で、何気にXとの共演も意味あるものになってる台詞なのもいいね。
ってか、ギンガの歌が流れたら、あ、もう、「あいつ死ぬわ」になるの面白い。
ついでに、ルーブ兄弟、グランドとウインドだけど、リブットはマレーシアで嵐の意味だそうなので、そういう意味合いもあるそうな。上手いな……


そうだよねぇー。
ジードって言うか、リクからすれば念願かなっての父親の故郷に初めて映像作品で来訪したんだしなー。
世間からは悪とはいえジードの中では偉大な戦士になるかもしれなかった父の故郷と言うのは気になる物なんだろうね。
これに対してタロウがジードを宥めるという部分を見ていて思うのは色々と思うところがあるんだろうなーとは思う。
悪に堕ちたウルトラマンの息子という部分を見て、トレギアを思い出してしまう部分もあるのかもしれない。
スゲー感慨深いシーンよ。

ビクトリー「いっそのこと、レオ兄弟に鍛えてもらった方が良いんじゃないか?」
イサミ「レオって誰だよぉ……」
カツミ「知らないって……」


ここ、明らかにレオ兄弟と共演させたい坂本監督の欲望が見えてる感じだね?
でも久しぶりの兄弟ウルトラマンだし見たい。
イサミの手の形がハートに見えるの、ちょっと悪意を感じてしまうのは気のせいでしょうか?( ・ω)
でも、やっぱり、こうして集まって皆でどうにかする。って言うのは良いよね。
さて、一度は兄弟によって葬られたはずのウルトラダークキラー。
スーパーウルトラダイナマイトを使って倒したはずの存在……
ねぇ、どうやって復活したのかって、まぁ、思い浮かぶのは、あいつしかいないと言うか、そういう人、絶対に多いよねw
こういうことに関して、あいつが絡んでないわけがない。って言うね。ジードの父親であるウルトラマンベリアルとタロウの父親であるウルトラの父って過去に二人は親友同士だからこそ、この二人のやり取りって言うのは実は結構、熱いものがある。
とりあえず劇場版ジードから不遇の扱いを受けているロイヤルメガマスターの扱いはどうにかならんのかね?とか言いつつも難しいよね……
強いからこそ扱いに困るフォームって言うのも、こいつしかおらんやろw

| 特撮感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT