PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

牙狼-GARO- 神ノ牙-KAMINOKIBA-

2017y11m23d_214700113.jpg
やっと「牙狼 神ノ牙」を見てきたけどー……見てきたけどさ。
初めて道外流牙シリーズに触れる人はかなり置いてけぼりになる部分は多いよね。
いや、牙狼シリーズを全作見てきた、こっちとしては面白かったけど、それ以上に今回ほど話は分かりやすいけど初見さんお断りに近い映画だった気がする。
もう公開されてから一か月ほどの映画だからネタバレをするとして一番驚いたのが、まさかのメシアの復活だった。
第一期の牙狼で冴島鋼牙に封印されたメシアの降臨と、そして今回の敵に目的にメシアを持ってきたことはとにかく驚きに等しい。
そして、最終的にドラマ版「神ノ牙」に繋がるエンドも良い。
ただ全体的にアクションシーンが多すぎて退屈に感じる部分もあったのか、一緒に行った友人は中盤は寝てましたけどね(つ=ω=)つ
後、鋼牙の集大成である蒼哭ノ魔竜が全体的に初見でもとっつきやすかった部分が多かったけど、今回の場合は初見を置いてけぼりにするほどの従来のキャラの多さが目立つ。
MAKAISENKIの流牙版を映画一本でまとめたような感じがして、かなり駆け足な部分もあったりと、そういう感じはしましたね。その分、新キャラ一人が出てくるけど、彼女は牙狼シリーズを見た人じゃないと、その哀しみも解らない感じ。
牙狼補正が無いと、よくわからないキャラで終わる新キャラ
2017y11m23d_214647378.jpg2017y11m23d_214648018.jpg
そんな感じで、今回の牙狼の映画に感じたのは完全にファンの為の映画っていう部分が強かったです。
ついでに三騎士が揃ったのは嬉しかったけど鎧は奪われるので三人が鎧を召喚して戦うシーンがない!!のが辛い!!
ただ、その分、クライマックスの流牙とジンガの禅問答をしながらの戦闘シーンは好き。
思えば流牙シリーズというのは人間賛歌なんですよね。
2017y11m23d_214659313.jpg2017y11m23d_214623488.jpg2017y11m23d_214656114_2018020722420230f.jpg
そこで人間の未来と希望と光を否定する敵であるジンガと、人の絶望にもまれながらも常に光を見て戦ってきた流牙というのは完全に鏡の自分の存在で流牙の最大の敵はジンガ以外にあり得ないという点においては流牙の心の成長も見えてきますね。
人の中にはホラーを生み出す邪神もあるけど、それ以上に素晴らしい光だって存在している。
それを信じてボルシティを生き抜き、ラダンとの戦いをも超えて人の光を信じている、そこにあると実感できるからこそ流牙は牙狼であり続けて人の希望であり続けようとするわけです。
随分と成長したもんだ。
2017y11m23d_214620855_2018020722415601e.jpg2017y11m23d_214620208.jpg
それでいて、ホラーになってしまったジンガは生前の記憶の影響もあって、とにかく人の本質とは悪であると。
そんな根源がホラーのような連中ならば自分が神ノ牙を持って支配者になろうというのが良い感じに二人の合わせ鏡のような対立構造が見ていていいですね。
流牙は光なら、ジンガは闇って単純さ。
でも単純な対立構造が実に道外流牙シリーズらしくて好きなんですよね。
光の信念と闇の信念、決して相容れることのない二人の意見、どんな邪悪な言葉であろうとも、それに屈しずに流牙が人の光を信じるのは、やっぱり、今までの流牙シリーズの物語が生きているんだな。って改めて感じる感動でした。
しかし、やっぱり映画だと鎧が奪われる。って言うのはどうもネタなんですかね?w
レッドレクイエムでもそうだし、魔竜でもそうだし。今回の場合もそうだしw
例外でGS翔の劇場版はリュメ様に浄化で渡した。って言うのがあるけどね。
今回も奪われますね(・ω・)
お約束感が凄いですね(・ω・)
今回の映画は至極単純なんですよね。
バックボーンがメシアの復活とかが凄いだけで実は中身は、いつもの道外流牙シリーズの集大成であるという感じ。
こういうところが牙狼だよね。
強大な敵がいようとも本質は己との戦いであるということは変わらない。ただ、ジンガはバラゴのようにならない。
だから話は良くも悪くも牙狼。
でも、とっても牙狼ファンに甘えた牙狼映画であるような、そういう感じ。個人的に序章である舞台版の牙狼を見れば、もっと楽しめたんだろうけども。
でも、やっぱり、流牙の動きは良かったですね。
いつもの大胆さが消えて達人的な無駄のない動きで戦ってたしね。
あとね、牙狼闇とジンガ飛行態が激情の大きなスクリーンで戦うのは凄い迫力ありましたよ。
そこはやっぱり、道外流牙シリーズの戦闘シーンの集大成をアクションシーンは全部入れているような感じでw
あれ?ここのアクション、闇を照らす者じゃね?ここGS翔で見たやつだよね?って心躍りました。
まぁ、そんな感じでね。
初見さんお断り感が一番強すぎた牙狼の映画でございますが。
それでもアクションはアメコミ映画以上のものにもなっていると思いますのでね。
現代日本の特撮技術の最先端を見れるということもあるので。
そういう意味で見に行くのもアリではなかろうか?
と思いますね。はい。
たぶん、雷牙の新作映画ももっと初見さんお断り要素が強くなりそうだなー……
シリーズものの運命だわねー。
基本、世界観が更新されるウルトラマンや、ライダーや、メタルヒーローや、スーパー戦隊と違って、牙狼はシリーズで明確な地続き作品である部分が強調されてるしね。
だから好きなんだけど。
あー、そうそう。
大事なことを言うの忘れてたよ。
2017y11m23d_214603540.jpg
リンザを演じた佐咲紗花さんの演技が物凄く良かった。
演技初めてなの?
って言いたくなるくらいには、凄いハマるし癖になるよ。リンザ、冷酷で可愛い。だから、最後、ジンガの噛ませになったことで、おぉぉぉぉ……ってなった。
残念!!
キャラ的にも演技も凄く良いです。
演技初めてなのに、ここまで当たり役が出来るモノなの?って思えるくらいには、なんていうか、もう、リンザが強い。新キャラである蛮美の存在が軽く霞むほどの、この悪女キャラが見事だった。
ホントに好きだわ。
かっこいい悪い女として最高の存在として君臨した。
ってか、今回の牙狼のヒロインは全部、リンザに行ってしまった。
ホント、佐咲紗花が最高過ぎた。
魅力的だったし、簡単に敗北せずにジンガを手玉に取っていたと思ったら、それ以上にジンガが強くて噛ませ犬になったのが辛いw
ってか、リンザがメシアを様付で呼んだところで百合を感じた。

| 牙狼 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

牙狼 -VANISHING LINE- 第16話「CHANCE MEETING」

czMjYXJ0aWNsZSMxODU1MiM2NTQ4OSMxODU1Ml9tcmhham9FRnV0LmpwZz8wOTM2.jpg
エルドラドの所在を突き止めたソード達。山越え前の最終拠点と定めた地、ファルナシオスでペドロという少年と出会う。彼は失った恋人の為、ギャングへの復讐に燃えていた。ソードは若かりし頃、妹を失い暴走した自身を重ね、復讐は何も生むことは無いと諭す。だが、そんな言葉に耳を傾けることなくペドロは…。
今更、今週の牙狼VLを見てるけど、エルドラドってまさか、絶狼BBでリングが作り上げようとした世界の完成形かな?(つ=ω=)つ
リングは、ホラーと人間の共存と言いながら、ホラーを増やしつつ人間は確実に減らしていくという、ユートピアに見えながら実は人間にとっては地獄という、そう言う空間(つ=ω=)つ
だから、かくまっているの犯罪者とか社会的に問題のある人間しかいないのですよ。それが、リングの作り出そうとしていた世界。前回のエルドラドの世界を見てみると、リングのユートピアの完成経過、それを、更に歪に加速させたのが、この世界であるような気がします。爽やかに、これは、どうなるんだろ?
最近、あれですけどね。
そして、主であるキングは未だに姿を現さず。
今回、ソード達が、エルドラドに向かう中で、どうなるんでしょうね。珍しくって言うか、MAKAISENKI以来、メインキャラが余り関わらないキャラクターが活躍する話だったので、前回は楽しかったです。
さて、今回はー……どうなるんですかね。
と、思えば、やっぱり、ソードは妹を失っていたということで、そこから、黄金騎士への道が始まったんですかね?
色々と考えても思い浮かばない部分が多い中、ソードの大人の男としての部分が良く発揮されておりましたね。

| 牙狼 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

牙狼<GARO>-VANISHING LINE- 第15話「EL DORADO」

2018y01m27d_000032091.jpg
何処かにあるエルドラドと呼ばれる理想郷。そこを訪れるベゼルという謎の男。物語は一気に核心を別視点で描き出す。エルドラド・キングを倒し、この理想郷を手に入れようと図る男ベゼル。自身の思惑通り、難なく中枢へと足を踏み入れていく。が、しかし、それは全てエルドラドを守る三剣の策略であった。
そんな感じで、やっと革新ですよ。エルドラドと呼ばれる理想郷……ただ、ここで明かされる真実は少なそうな気がするなー。別視点という感じですからね。
そこから、ソードが入り込むことで分かってくるような、そういう部分がありそうな気がしますね。しかし、旧作の牙狼で善玉を演じた声優陣が全員、敵と言うのは、何度も言うけど、見れば見るほど面白いというかね。そういう部分、感じるね。
しかし、ルークは一向に、騎士になることなく、このまま物語が終わるんだろうなー。
そういうことを思いながら、今日の話を見ていく。
そして、点と点がどんどん、線になっていく瞬間は、ここからなんだろうね。
牙狼の楽しみが、ここで一つに繋がっていくのです。
楽しみだわー(つ=ω=)つ
2018y01m27d_000037878.jpg

| 牙狼 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

牙狼<GARO>-VANISHING LINE- 第14話「RELIC」

2017y11m25d_082901426.jpg
時は少し遡り、修練の地フェレ・サレ・デシモへと先行するルーク。それはエルドラドへの手掛かりを求めるためであった。長老からエルドラドへ向かう前に封印の地へ赴けとの言葉を受ける。そこで出会った少女ステラ。彼女の話によるとルークは伝承の封魔人に違いないと言う。
今日は、ソードの話じゃなくて、ルークの話か。
って感じでー
結局、エルドラド全体が解らないからこそ、そろそろまとまっていく感じが良いですね。牙狼後半の醍醐味って言うのは、ここにあるんですよねー。ってか、今回は、絶狼のような新たな味方サイドの魔戒騎士は出てこないのが見ていて、ちょっと辛いかな。って思ったりするけど、それでも楽しいから良いんだけどさ。
その役割を無い咎になっているというのも、また良い。ライバルであり、第二の魔戒騎士的な存在でもある、彼の存在は、非常に大きい訳で。故に、魅力的だけどね。
ついでに言えば、黄金騎士、白銀騎士、暗黒騎士と、なんか、こうして浪川さんが演じ分けてきた部分を見分けてみるとさー。なんか、メッキが落ちているような気がしないでもない……
いや、流石に、それは気のせいか。
ま、まぁ、それは良いんだけどねー。
今回、掲示された謎は結構、大きいよねー。
何が来るんだろうとか、色々と。
やっぱり、ソフィの兄って……いや、これは、まだ語るまい。

| 牙狼 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「牙狼<GARO> -VANISHING LINE-」第13話「GOD’S WILL」

2017y11m25d_082902828.jpg
ジーナの知られざる一面って感じですかね。
ついでに、この話、あれかな。
出ないような気がしますね。牙狼以外の味方の魔戒騎士が。後半から点と点が線で結ばれるというので、これから、どういう展開になるか、凄い楽しみ。
牙狼シリーズって言うのは、この後半からの怒涛の流れが本当に最高ですからね。最近は、この公判が丁寧に描かれてない部分も多いのでね。
GOLD STORMとか、紅蓮ノ月とかね。
そういう感じで、ジーナの知られざる過去って感じでござ‐ますわね。しかし、ソードの大人の余裕な感じの言い方、かっこいいんだよねぇ。ソードの、そういう基礎が大人の男性としての成熟しているヒーローってのもかっこよくて良いと思うんですよ。
ジーナも昔は施設にいたようですね。
だからこそ、って部分の反動から、ああいうところがありそうな気がして仕方ない。
そして、それを離すのがソフィのみってのも、何かね。
百合的な部分を感じて仕方ない。
意外なところにある、二人の共通点の面白さ。
ジーナはバイセクシャルというか、そういう男も女も魅了するために色々としてきたような感じがする。
ソフィをなんやかんや言いながら面倒を見ちゃうのも、そういうことなんだろうなーって。
今に至る。
そして、彼女の覚悟は法師になった時に決まっていた。ソフィを妹のように見ちゃうってのも、やっぱり、ソフィのようにホラーと関連してそうな気もしますね。
さて、エルドラド、ソフィの選択によって世界は闇に。
気になるわー……

| 牙狼 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT