PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「絶狼<ZERO> -DRAGON BLOOD-」7話「双剣」

2017y02m18d_100924196.jpg2017y02m18d_100935829.jpg
狼史上、あそこまで自己中心的な行いのせいで戦死者まで出すほど周りに迷惑をかけたヒロインがいただろうか。って思えるくらいには苛立ちが…
二人の戦いを覗きに行く前に卵を持って遠くへ逃げるべきだろ…カオルは血を浴びたからある程度考慮するにしても…無いわー。あたし、マジで、こういう世界は自分を中心に回っていると無自覚に思っていそうな女、本当に嫌い。
だって、今までの戦闘シーンとか見ていたら、自分の無神経な行動がどういうことになるかくらい考え食らいつくはずなのに調子に乗って、今回の戦死者を出しちゃった事件だもん。
行っちゃえば零達のやってることは、ありすの尻拭いにも等しいことだからね……自分の欲求を叶えたいためだけに飛び降りるは、無理やり、ブレーカーを落とすわで、やりたい放題の結果が、今回だよ!!
2017y02m18d_100536344.jpg2017y02m18d_100946207.jpg2017y02m18d_101003472.jpg
アクション凄い!って言う部分を、見事に、ありすの苛立ちが相殺しちゃってるのが、なんともなー。何て言うか、あたしの凄い個人的な見解ではあるんだけど、アリスの存在が正直、作品の魅力まで落としちゃっているような、そういう感じがしてならない……ユナが個人的に魅力的なヒロインだった分、余計に、アリスに関しては……
まるで、自分には罪が無い。って言う、そういう言い方してますからね。
狙われても騎士や法師が助けてくれるから、自分は安全と思い込んで、ああいう馬鹿な行動をしてんじゃないの……?って思いたくなるくらいにはむちゃくちゃですし。
2017y02m18d_101042043.jpg2017y02m18d_101044602.jpg
毎度凄いアクション回なのに、ここまで相殺される。って、それは無いわ。
いや、毎回、牙狼はとてつもないほど凄いアクション買いが入るんですよ。
でも、アリスが、これを見事に相殺している。
って言う現実……
カゴメ、死ぬしね。
物語は、バカが一人いれば結構悪い方向に動くとは言うけど、こいつはバカすぎ。って言うか、流石に脚本家も、アリスと言うキャラクターをバカにし過ぎです。なんていうか、後半から改心して可愛くなっても好きになるかどうかと言えば、それはそれで微妙なところで。
2017y02m18d_101242122.jpg2017y02m18d_101246222.jpg
それほど、前半に侵した、ありすの過ちって言うのは余りにも大きいと思うわけですよ。ってか、何で、追い詰められそうな場所にわざわざ、昇ってんだよ…バカなの?わざわざ、追い詰めらそうなところに逃げて結局、追い詰められる。って展開、仮面ライダー3号でも見たなー。キリコ達が怪人に襲われて「逃げろー!」って叫んで逃げた矢先がショッカーに占拠されたことが解っているはずの警察の建物の中で、案の定追い詰められて飛び降りるの。
コントかよ。って思っちゃった。
アクションは凄いけど、こいつの存在全てが魅力を落としてしまった。と、言う牙狼シリーズ史上、こんなヒロインのせいで作品の魅力すら落ちてしまうって言う類を見ないなんとやら。
えてして、竜騎士の謎やらいろいろと気になる部分はあるんですが。
2017y02m18d_101422644.jpg
そこは、どうなるんやら。
まぁ、肉体はちゃんと処理されていないだろうし、あれは、あれで復活するんだろうなーって、今、こうして見ていて思う。
なんかね。

| 牙狼 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「絶狼<ZERO> -DRAGON BLOOD-」第6話『籠目』

2017y02m11d_085156801.jpg2017y02m11d_085136428.jpg
自分なりに他者のことを思っても、どうにもならない時がある。そういうことをよく思ったりはします。そして、それが裏目に出てしまうこともあります。
えてして、今回は、それが裏目に出ちゃったパターン。
そういう感じでーどうなるかーって感じでね。
まぁ、案の定、ありすは囚われの身で、やっぱり物語っていうのは、一人馬鹿がいないと成立しないという部分を、誰かが、前にラジオで言っていた気がする。
そういう部分で、どう視聴者をイラつかせないかが問題なんだけど、そこは、簡単に人間の赴くまま、どうにもならないというのが辛い。
2017y02m11d_083615798.jpg2017y02m11d_083621814.jpg
もとより、裏切りのある事情と言うのは色々とあるんだけど。
竜騎士が人を裏切った理由と言うのは、どれだけホラーを狩っても人の邪気が消えることはない。そして、そこから、ホラーが生まれる永遠の負の連鎖に疲れたからだろうと、そういうことを思います。
ホラーっていうのは、そういう存在だからね。
でも、竜騎士も、それは同じなのではなかろうか?とか、そういうことを考えたりします。
まぁ、好きですけどね。
そういう設定も。
しかし、絶狼もゼロクロもオリジンサーガも面白い。
どれも時間がたつのが早くて好きだわ。
やっぱり見ていて、個人的にはとても楽しいです。しかし、まだまだ、この物語も連続物語ということで序盤でございますわね。ありす、攫われ、竜騎士は動き出す。
さて、どうなるか。
待つ。
2017y02m11d_082941138.jpg2017y02m11d_084647454.jpg
次回。
籠目、あの、最初、ありすに接した時は狡猾さのある女だと思ったのはごめんなさいでした。彼女も、彼女なりのことを考えているんだろうね。

| 牙狼 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「絶狼<ZERO> -DRAGON BLOOD-」第5話『永遠』

2017y02m04d_090309199.jpg
一般人に迷惑をかける、その筋のなんとやら。まぁ、なんて言うか最初の牙狼を思い出しますね。あれもカオルが己の自分勝手さから、色々とね。
とはいえ、魔戒騎士には見えない世界観と言うのが、この世界の一般人にあるからこそ、教えてもらうことがあるから、そこから、また人として成長するという展開があるわけでござーますが。
ただ、零の場合は……いや、まぁ、そのあとは避けるように一般人とのかかわりは避けてきたしなー。ここから、シズカのことを踏まえて、ありすとどう接していくんだろう。
って部分は、個人的にあったりしますね。
そういう意味で、まぁ、また、彼女が色々と、そういう感性を持っているからこそあるんだけど。
だからこそ、最初はストレスもたまるかもだけど、そこから……っていうのが、初代牙狼の第一作から受け継がれた作品だと思うわけでござ‐マス。
ただ2017y02m04d_085936669.jpg2017y02m04d_090034451.jpg
、これは、そういう路線で行くのかどうか。
龍の卵を含めね。
まだ、いろいろと解らないことが多いし。
2017y02m04d_090509191.jpg
例の魔戒法士とかね。
さて、竜騎士も色々とありますが、なにやら、あの鎧は邪気を纏って形成するものらしいです。そういうものに至っては、ホラーと変わらないような。
竜騎士が封印された理由、竜騎士が彼しかいない理由って、まさか、ホラーになってしまったからなのでは?とか、そういうことを邪推したくなる。
そうでなきゃ、あそこまで絶対的に近い力を持っていながら滅んだとか、そういうのって難しいと思うわけでござ‐マス。そこから、どうやって、魔戒騎士にとってかわられたのか。
2017y02m04d_085820862.jpg
まぁ、そういう部分を楽しみながら見ていきたいと思います。

| 牙狼 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

絶狼〈ZERO〉-Dragon Blood-第4話【竜人】

2017y01m28d_080641959.jpg
人は欲望に対して忠実である。それを過去の存在が見れば、そりゃー。まぁ、欲望が人の原動力であることは言うまでも無いんですが、でも、そこに色々と、ね。あまりに忠実すぎても、流石に、それは醜いと思ってしまうのも無理はないのかもしれませんね。
竜騎士が憤って人間に刃を向けた根源の理由と言える行為をヒロインがしているというのも、なんというか、皮肉と言うか、なんというか。
欲望のままに動いて、そして、他者に迷惑をかけている人間というわけで。
なんか、初期のカオルとか、そこらを思い出して仕方ないわけです。
そうして、魔戒騎士として成長し、互いに成長すると。
2017y01m28d_081134434.jpg2017y01m28d_081845559.jpg
そういう感じで、竜騎士が動き出しました。
そして、烈花も参戦と……なんやかんやで、魔戒騎士と関わる本当の一般人ってろくなことしない( ・ω)最初のDりんご含み、ついでに、あの人とか、あの人とか。それで、騎士や法師に迷惑をかけてーってのが多いんですよね。さて、まぁ、レイのヒロインのせいで面倒くさいことになりましたが。
2017y01m28d_082441017.jpg2017y01m28d_082417836.jpg2017y01m28d_083610207.jpg
さて、まぁ、今回は竜騎士の鎧が登場と。
でも、この世界だと牙狼の鎧はホラーに立ち向かった狼がモデルで、そこから、様々な魔戒騎士の鎧が作られてきたーとか、そういう設定があったような気がしたので、この竜騎士の鎧はいったい。
まぁ、何かしらの関係はあるんだろうなー。
騎士だし。
とりあえず、竜騎士という存在の圧倒的な強さを含めて、まだまだ、物語がやっと本格的に動き出したような感じなので、これからがね。
気になるね。
しかし、やっぱり、強いなー……ラスボス……だよね?竜騎士。一応、ラスボスだと思ってた人間が食われてしまう。とか、そういう部分があるのでいろいろとね。
さて、どうなることやら。

| 牙狼 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「絶狼<ZERO> -DRAGON BLOOD-」第2話「舞姫」

2017y01m14d_084046258.jpg2017y01m14d_083834459.jpg
まだまだ、ごつってかんじでね。
ゆっくり動いている状況でござ‐マスわね。ラストに、動きはあったし、それまですべてが動くまでこの魔戒騎士の非日常を楽しむのが、牙狼の世界のキマり。徐々に、動き出すんですよ。ここから、歯車が軋むようにね。
しかし、そこに人の穢れや醜さを扱いつつも、如何なる論理を敵が解こうとしてもホラーという理由で呆気なく駆られてしまうのが、この話の面白いところ。
2017y01m14d_083644902.jpg2017y01m14d_083818475.jpg
人間でなく、ホラーという時点でアウトなんですよねー。
だから、面白いんですが。
ある種の、従来の面倒くさい敵に対するアンチテーゼ的な部分も結構、含んでいると思うわけです。
そういう感じで、例のドラゴン、それを司る竜騎士は……
これから、例の少女と零の物語も、また始まっていくんだろうけど、どうなるんだろう。
やっぱ、全体が、つかめてない部分が大きいからね。
このまま、どうなるかー
って、そういう部分が結構、デカかったりする。
感情的なわくわくがね。
ただ、今回は1クールらしいから、6話くらいから、もうエンジンを思いきりかけていきそうな気がする。
その間は、いろいろと考えながら、絶狼のアクションとホラーに憑依されるドラマを楽しむさね。
それが良い。
それが、それまでの牙狼シリーズの楽しさだしね。
では、次回。
2017y01m14d_083506209.jpgあ、そういえば、懐かしい人が出たわね。あの二人も、例のバーには通い詰めてる様子(・ω・)
2017y01m14d_083017077.jpg
しかし、こうして零の日常が見えるのは良いね。女性に優しさを見せつつ、全てを許していない姿勢っていうのは、MAKAISENKIからの、彼の約束でもあったりする。既に、彼には最愛の女性が呀に殺されてしまって以降から、いろいろとあったからね。零は静以外、愛さないのだろうか。それとも、彼女と関わって、また、何か私らの知らない零が描かれていくのだろうか。楽しみにしたい。

| 牙狼 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT