PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 #8

2020y02m23d_182548125.jpg2020y02m23d_182600310.jpg
何気に、この数字って凄い大事だと思うような……
その意味って言うのは色々とあるんですがー
ただ、もう、原作でアルティメットまどかのキャラストーリーを見ている人には、「あ、こういう確率なんだろうな。」って思う人がいると思う。
敢えてな二とは言わんが(・ω・)
これ言うと、マギレコの世界全てが崩れていくと思うので。
どういうことなのかー
ってのは、あれです。
原作をプレイ……

2020y02m23d_182514276.jpg2020y02m23d_182637773.jpg
さて、まぁ、原作を結構、端折って、もう双葉さな編でごぜーますわね。まぁ、もう8話だしなー……あそこまで削らないといけないんだよなー。
とりあえず、ここから、鹿目まどかが出てきたり色々とあるんですよね。さて、まぁ、出てくるのか、どうなのか。ついでに、この話は、たぶん、ゆっくり描くだろうから、アリナも出てくるんだろうなー。
つーか、かえで、引き籠り状態なのね。それよか、なんで、レナの居場所は、ああいう椅子とか机が積み上げられているのか(=ω=)
あの無造作な積み上げはレナにとってのストレスなのかもしれない。かえでのことが心配なのに何もできない、そのストレスが、ああいう感じになっているような。どうしても気になる。って人は、マギレコの基本、原作に忠実な漫画が二本出ているので。本編とアナザーストーリーのコミカライズが出ているので、それを買うとよろしいですね。
2020y02m23d_182659037.jpg
アナザーストーリーは3月発売だったわ。ゲームはやらない。って人のためには、ちょうど良い素材になるかもしれない。
アニメの補完にもなるという意味でも、結構、重要な話が合ったりするので。色々とねー、ただ、アニメはアニメで原作に無い描写も入れていたりするので、そういう意味では一長一短だったりするのは言うまでも無い訳で。
結構、省いてるのよ(=ω=)
恐らく二期があるなら、あれもあれで結構、省かれるんだろうなーと。
7勝、8章、9章と、後半に入れば入る程、省けない話も多く出てくるんで。
でも、何気に逃せない部分がー
あにめはそれは、それでさり気無く交えてくるのが、このアニメの厄介な部分なんですよね。
百子と、みたまが一緒にいたりとか、ああいう描写は、そう言うものになっていっています。
しかし、ドッペルのことは、あまり……
って感じよね。
カエデの物語も、実は―
って部分、あkの女を当てるのは難しいことでもあったりしますし。

十七夜
ついでに、やちよさんが話していた相手は和泉十七夜と言うキャラクターです。まさか、今回、声だけで出るとは思わなかったのよね。
さらに言えば、八雲みたまの愛人でもある。
うん……

| 魔法少女まどか★マギカ | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 #5

2020y02m02d_115853528.jpg2020y02m02d_115857563.jpg
2020y02m02d_120022313.jpg2020y02m02d_120043520.jpg
陰が侵食しつつも自分を保っているやちよと、陰に完全に侵食されつつも自分を保っているみふゆ。
恐らく、ここでもう二人の信念は同じだけど、その先の思想により違える未来を暗示しているようにも見える。んで、何気に、そんな、みふゆの亡霊を倒して動揺しつつも、いろはを助けるために動く、彼女、凄い。

そういや、1話以降、黒江が出てないんですよね(・ω・)
彼女の再登場は、マギウスが出てからになるのかなー。さて、まぁ、これは、あくまでも今回の序盤の敵である「ウワサ」があいまいなもの、願った人間、対象者の記憶が反映されているため、色々とあるわけです。それで狡猾に、この世界に対象者を残そうとしているとか、何か、そういう感じ。
ついでに、みふゆの存在を語ると、今後のネタバレになるので言えない(・ω・)
さて、まぁ、この世界はー
って感じなんですけどねー
あくまでも、それは記憶を模したものであるだけで、完全なものではない。ついでに、そうであってほしいという願望の象徴でもあるような、そういう部分があったりする。
それだけ、美冬と言う存在は、やちよにとってとても大きな存在でもあるということへの証なんですよね。この、みふゆの描かれ方を見ていれば思う。
あのみふゆは、願望なんですよね。
そうして引き込むことで、そして、魔法少女に対しては甘美な夢を見せて、ここで一生を……まぁ、噂なので、取り込む。って言った方が正しい感じですかね。
あくまでも噂の主からすれば、魔法少女の犠牲は尊いものでもありますから。ここで魔法少女がどうなっても、目の前にある目的のためなら、それは尊い犠牲でしかない。
そう言う設定があったりする。
言ってしまえば、あの噂は防衛本能のようなものですからね。
さて、まぁ、今回……
それ以上に、今後にかかわる話として。
ドッペルが出てきました。
ソウルジェムが濁れば、まどマギの世界では本来、茉歩になる筈なんですね。魔力を使えば使うほど、ソウルジェムが濁れば、願望によって生まれた希望が絶望に変われば変わるほど。
エヴァ初号機の暴走のようなものだと……今は、思えば、それでいいし、魔女になる筈のものが、魔女にならず、魔法少女としての形を保ったまま、一部分が異形の存在になる。あれが、魔法少女の運命を変えることの一端ではあるんですよね。
ついでに、ここで生まれる、マミと、やちよのやり取りが後に結構、面白い因縁を生み出すと言うのだから、ただ、これはー……多分、今期は描けないと思う。
何気に、エンディングテーマにおける、エレベーターに囚われた、やちよの描き方は、この時期の、やちよの存在と、その展開の行き先をよく表していると思うの。
孤独でありつつも、孤独に耐えられない、彼女の姿が。

2020y02m02d_120849718.jpg2020y02m02d_120859532.jpg2020y02m02d_120900785.jpg2020y02m02d_122638695.jpg
しかし、今回のドッペルの描き方、原作とちょっと違うんだよね。
魔法少女の顔が白いマスクに覆われるんだね(つ=ω=)つ
ってか、あの仮面はイタリアのバウータって仮面によく似てる。
イタリアで金を使い果たすこと、金を乞うこと、恥ずべき事は仮面を着用する法律があったんよね。それ以外にも、貴族が自分の身分を隠して完全にアイデンティティを隠すためのものだったりとか、あれが一種の逢引の文化とかにも使われたりするのは有名だったり。
それが、完全に、ARIAで描かれたカーニバルのためのものに利用された文化だったり。
ARIAってアニメの第二期に出てきたりしますので。
バウータは仮面(マスケラ)の一種でヴェネツィアでしかない文化なのよね。
1700年代前半はこのバウータをつける習慣が広範に広がり性別のないマスケラとして生まれ、この下にアイデンティティーを隠すには絶好のものだったりと。「亡霊」と呼ばれる白い仮面とか、そういうのね。
「こういう神秘で奥深い飾り物(仮面)は

 とても役に立つ、人を陽気にさせる

 顔だけではなく心も隠してしまう

 醜いものを美しくし、白いものを黒に変えてしまう」


どこぞの修道士長がバウータに対して、こういう詩を書いてるんだよね。
まるで、マギレコ のドッペルを表しているように思えない?
魔法少女が魔女になると言うのは、一種の、そういう部分ではなかろうか。では、あの白い仮面は魔法少女が魔女になる魂が消滅してモンスターになる前のいわば、中間、魔法少女の死と魔女になる、その中間を意味していると思うんですよね。
まさに、一種の魔法少女としては死を迎えた中で、魔女の力を持った存在ですから。
一種の亡霊に極めて近い状態のドッペルと、あの魔法少女の顔にかかった仮面は「霊体」とか、そういうものに近い状態と見ることが出来る。魂が完全に魔女になる前の過程の状態よね。
そういう意味で人は亡くなり、魔女になる、この状態は一種の、いろはの自我を持った霊体と言うか何と言うか。
いろはのソウルジェムの穢れが生み出した一種の亡霊とも見ることが出来る気がする、このバウータいろは。本来、魔女になる過程として、亡霊としてのいろはが、本物のいろはに仮面を被せるんだけど、その力は魔女になるのではなく、ドッペルになる。
これが本来のいろはに、マスクを被せて、己の力を具現化させて、それがドッペルになるような、アニメだと、そう言う演出にしたんだろうなーって言うのを色々と考えてた(つ=ω=)つ
2020y02m02d_122815198.jpg2020y02m02d_123102795.jpg
穢れを表に出せば、それが魔女の変化によって死を迎えるけど、穢れを仮面で隠せば醜いものを美しくして、それは魔女の力ですら魔法少女として最高の力を与えるものに変化する。ってことになるんだと、そう言う演出なんだろうと。
んなことを思うわけで。

| 魔法少女まどか★マギカ | 00:00 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 #4

2020y01m26d_014224877.jpg2020y01m26d_014238273.jpg
何気に、ももみた、一緒に座ってるの面白い。それよか、みたまさん、何で、そんなに百子を見つめる視線はどうして情熱的な視線を送っているのよ。
こういう状況から、鶴乃へのお店、万々歳へ―(つ=ω=)つ
って感じなのな。
それよか、何気に、みたまがケーキにケチャップをぶっかけて食おうとしているシーンを挿入して、何気に、彼女の食事に対する姿勢とか、そういう部分、味覚音痴的な部分を何げない演出で見せるのな。
いや、まぁだから百子が、みたまの為に料理を振るうことが素晴らしき関係なんですけどね。
さて、まぁ、今回出てきた、この口寄せ神社……
2020y01m26d_104707423.jpg
此処で起きた出来事が結構、大変なことであり、後に尾を引くような、そう言う展開になっております。何気に、そう、出てくるかな。
後の重要人物である、梓みふゆと、環うい。
何気に、濁るソウルジェムとか。
この話で必要なことは、結構、やってくれましたね。
演出で。
何があるかは、ゲームをやった時、かなり衝撃的だったので、これは、アニメで、どう演出されるのかって言うのは結構、気になる。今回の口寄せ神社での出来ごとが神浜の謎。
その一片を垣間見ることが出来る作品となっております。
いや、マジで。
2020y01m26d_104728315.jpg2020y01m26d_104731526.jpg
割と真面目に、ここから物語が動くので、そういう意味でもね。
大事な話なんですよねー……

| 魔法少女まどか★マギカ | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 #3

2020y01m05d_105011053.jpg
あら、こずえちゃんじゃない。
いやはや、初めて当てたSSRクラスの魔法少女は彼女なので、色々とあれなんですけどね。そういう意味でも思い出深い魔法少女だったりするんですけどねー。
2020y01m19d_085643598.jpg2020y01m19d_085659998.jpg
2020y01m19d_085707699.jpg
って感じで、新規の魔法少女と、とうとう、登場した八雲みたま。恐らく、今回の話からレギュラーになっていくような感じがします。割と真面目な話ですけどね。……それよか、実際に映像化された、みたももしーんが最高過ぎて、何回も見たくなりますわね(・ω・)
割とマジで、ここは見ていて良かった!と思えるような心地よさがある。
数人の愛人がいる女とでも行った方が正しいか。
さて、まぁ、今回、やちよさんがすっごいとげとげしているけど、彼女は前半、徒党を組もうとはしません。恐らく、そうなるのはかなり広範になるかと思います。
ただでさえ、彼女たち以外にも見滝原の魔法少女の物語も描くと思うので、そこは、色々と・……足りないと思うんですよね。
いや、まぁ、この話を見ているのはあれなんですが。
そう思っていたら、巴マミがラストに出てきたので、結構、早くやってるな。
2020y01m19d_092053029.jpg2020y01m19d_091940672.jpg
2020y01m19d_092010389.jpg
って印象があるんだけど、同時に、マギレコはアナザーストーリーって言う、まどかや、マミたちが主役のお話があるので、そっちも片付けなきゃいけないんだろうなーって言うのは思います。
さて、今回の話は。
みたまが、百子の髪を結うシーン、個人的にスッゲー好き。
2020y01m19d_084149663.jpg2020y01m19d_084154368.jpg
2020y01m19d_084155901.jpg2020y01m19d_084240723.jpg
今まで臭わす程度の会話だったのに、こう言うの入れるだけで二人の関係の印象はだいぶ変わる。
人に髪を触れさせて別人のようにさせるほどに形を変える。って、それほど二人が信頼していることよ。これ。
百子が平然とみたまの髪のケアを受け入れている。ってことは日常的に、こういうことをしているという関係をうかがわせているのが良く分かる。
しかも割と古く。
ゲームだと、ここまで描くことが出来ないからアニメで描かれる行動の一つ一つが結構、ゲーム以上の関係の情報を与えてくれるのよね。
金と銀、ナチュラルに割と自然に受け入れられているような、この関係
これを自然と受け入れて百子も普通に受け入れている部分は大分、視聴者やプレイヤーが思う以前から二人の関係って始まってて、そして始まるころにはかなり親密な関係になっているのが良く分かる。
十七夜が出たらどうなるか楽しみ。
これを極自然と入れるだけで二人の関係って言うのは言葉にせずとも伝わってくるんだから、尺がない分、こういう部分を演出だけで見せる。って結構、大胆なことをしつつもお母さんは嬉しいと思います。
大体、台詞なしに自然とやって自然と受け入れているからこそ伝わる二人の関係の長さってのはある。
……なんですよねぇ。
割と真面目に。

| 魔法少女まどか★マギカ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝 #2

2020y01m05d_105011053.jpg
今日は出ないんだなー……調整屋。
しかし、これ本来は、ゲームの時系列ではすでに出ていたりする(・ω・)

休日は、マギレコのゲーム、第一章を終わらせるために全部を捧げました(・ω・)

2020y01m13d_223500650.jpg2020y01m13d_224828654.jpg
さて、まぁ、妹の存在なんですけどねー……いなくなりましたねーって感じなんですが。ゲームを追っていれば、そこは、なんとなく見えてくるものです。ついでに、このアニメも、明かされるなら2クール目位だと思います。
割と真面目に。
ゲームを知っている分、割と、この先の展開が良く分かったりする。
言ってしまえば、彼女たちの過去と言うのは、どこかコンプレックスとか、そういう劣等感、陰キャ的な部分、そういう要素が、どこかしら絡んだような、そういうネガティブ的な要素が彼女たちは強めだったりする。
ももこや、かえでや、レナ達も、彼女たちのような存在が何故、魔法少女になってしまったのか、何故、望んだのか、そういう部分もどこかしら見えてくるんですよね。
2020y01m13d_223536862.jpg2020y01m13d_224319145.jpg
そこは、キャラエピソードをやってればよくわかるんですけどね。
ももこに至っても、実は結構、色々とあったりと……彼女は、ノンケを装ったレズで、今後、出てくる、八雲みたまの愛人なんですね。それが二人のレズを釣れているということは、どういうことかわかるでしょ?(つ=ω=)つ
何か、懐かしいねぇ……初期エピソードをやっていたころが。
さて、まぁ、これ、「噂」って言うのが割と大事な要素になってくるんですが、これの謎を探り、そこにいなくなった妹が絡んでいたり……そういうことがあったりする。
2020y01m13d_225714508.jpg2020y01m13d_225715647.jpg2020y01m13d_225712438.jpg2020y01m13d_225719619.jpg
実は、これが、根幹で、何故、それが存在しているのか、何故、神浜に多くの魔女が存在しているのか。何故、神浜の魔女は強いのか。結構、そこが大事だったりする。
そして、この神浜で起きている現象が、とある地域で暴走と殺戮を招くのは、まだ、先の話。
そんな感じで、れなとかえで、この二人の関係から、ある種の物語、この噂の物語は本格的に幕を開けたりするのです。噂に取り込まれること……
まぁ、そんなことより、結構、第二話はアレンジしましたね。
良い感じに動いた。
1章と2章を合わせて大分、大胆にアレンジしたな。これ。

2020y01m13d_223547859.jpg2020y01m13d_223735988.jpg
みたまは出ないし、いろはが調整してもらってから、やちよと戦うシーンとか、神浜で魔法少女をする為に、やちよの試験を受けるシーンとかカットして「うわさの絶交ルール」のシナリオまで混ぜたか。
本来の物語に、黒江の物語まで混ぜないといけないから、それは、そうなるのか。
そうせざるを得ないからこそ、最初の、かえでの出会いから一気に物語を勧めたのはテンポ的には良いんだよね。
とはいえ神浜の魔女や魔法少女の関係を入れるために1章の後半の導入は必要でもあるとは思うんだけど(・ω・)
まぁ、第一章を丸々やると、結構、尺を食うから仕方ないとはいえ、みたまの初登場は見たかったな(・ω・)
みたまさんはねー、レズセックスのテクがマギレコの中で最強ですからねー(・ω・)
どうなることやら(・ω・)

2020y01m13d_225233252.jpg
さて、今回……
レナが変身した、この少女ですが……
彼女もレズだし、ついでに言えば魔法少女です(・ω・)

| 魔法少女まどか★マギカ | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT