PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『機動戦士ガンダムNT』

mv.jpg
ガンダムの世界で生み出されたニュータイプ達が起こしてきた奇跡の神話を皮肉るような物語……
が、全体的なテーマだったような気がする。
いわゆる、フォウ・ムラサメとか、ロザミア・バダムとか、そういうキャラクターに思い入れがあると、この話は好きになるかもしれない。
機動戦士ガンダムNT、見てきました。
少年少女の間に襲い掛かったニュータイプであるが故の悲劇と、俗物的な大人の勝手な都合に振り回された被害者であり主人公でもある彼等の視点、ガンダムの世界の根幹である奇跡の力を持ちながら結局、殺し合いの道具にされる悲劇性のテーマが一貫してよかった。
最初は、もうガンダムはいいよ。って感じで気乗りはしなかったんだけど中盤のリタとヨナ、そしてミシェルに降りかかった悲劇の全貌が明かされる度に戦争で犠牲になる子供たちと重なって辛さや、そういう部分、ガンダムの世界だから描ける犠牲の描き方に感情移入しちゃってずっと泣きっぱなしでした。
そして友人を助けるために動いた子供ならではの浅はかな感情から生まれてしまった悲劇、それをどうにかする為の己の贖罪。
登場人物は多くあれど基本は、ヨナ、リタ、ミシェルのドラマであり、同時に、強化人間でシャアの失敗作の烙印を押されたゾルタンの悲劇が彼等とダブってしまう演出も良い。
そして成熟しきっていない人類がサイコフレームや、Ⅱネオ・ジオングなんてものを持っていても人のエゴに満たされている世界の中では破滅にしか繋がらない愚かさ、その愚かさゆえに起きた物語であるというのが見ていて辛い。
対応できる人間がいても、そこには悲劇しかない虚しさを常に物語が訴える。
とりあえずガンダム的な細かい設定は置いといて三人のドラマと、これまでのガンダムのナラティブ、つまりニュータイプが起こしてきた神話的な奇跡の裏で危険視しつつも、それを見ても争いをやめない愚かな人々、それを兵器に利用しようとする人々。
神話を継承することが起きても結局、傲慢な人間は変わることなく奇跡の力を兵器として運用しようとしてしまう。
ゾルタンの「オールドタイプが理解するのは現象だけだ!奇跡を目にしても、その本質を学ぼうとしない。人は変わらない!これからも、俺やお前らみたいな人間が奇跡のために切り刻まれる。」これが物語の本質そのものだろうと思う。
クワトロ・バジーナのダカールの演説から、初代ガンダム、Zガンダム、ガンダムZZ、そして逆襲のシャアのニュータイプが起こした奇跡のシーンをトレースしながら、そのあとに諄いほど描かれるヨナ、リタ、ミシェル、そしてゾルタンの哀しみと孤独が各々のガンダムの名シーンの皮肉として描かれてる。
ガンダムの世界では常に奇跡と悲劇は表裏一体で、その裏で振り回される年端もいかない望まぬ道を受け入れざるを得ない少年少女のやり取りというのは胸が痛んでしまう。
そして「これがガンダムのテーマの本質」そのものであったことを述懐して涙してしまうんだよね。
非常に狡いが効果的なんですよ。
一本の映画だから上手く纏まっていたような感じがする。だからこそヨナ、リタ、ミシェル、ゾルタンの四人の中のドラマがニュータイプや、サイコフレーム、人間の業と言った舞台の上で踊るような感じですね。
それに対して何もできない、何も知らない大人たち、そこには悲劇しかないんですけどね。
でも、そこには悲劇の中で常に前に進もうとする少年少女たち、そして理解してくれる大人の温かさと、変わらぬ三人の愛や、ゾルタンがヨナ達に向けた理解する心。ハマーンとシャアでは成し得なかったことをすることで悲劇でしかないガンダムNTの世界に希望の奇跡が訪れるのは、ある種の皮肉にも感じた。
なぜ、これを皮肉に感じたのかと言えば、ガンダムを知っている人からすれば、結局、この奇跡を起きてもザンスカール帝国や、マフティーの処刑、クロスボーンバンガードの大頭は免れないから。
結局、ニュータイプが起こす奇跡というのは人の温かさであるけど、これが、物語の希望でありつつも後の悲劇を知れば色々とね。ガンダム的な奇跡が起きても羽根を捥がれた鳥のように、ゾルタンの言葉の通り、その後の世界は悲しみに満ち溢れてる。
その哀しみを象徴するようにフェネクスの中で大事な二人を失ったヨナの孤独と虚無の表情は、まるでガンダムの世界の虚無感そのものに感じた。
ガンダム的な奇跡の人の温かさは、同じ世界の人間の冷酷さによって相殺されて、これはガンダムのテーマの根幹そのものであり、現実世界のすべての人の持つ業そのものである。アムロから始まったニュータイプ神話の中で起きた奇跡と悲劇。決して創作の話なのではなく、人の心の中にある問題としても十分に受け取れることが出来る辛さがヨナ、リタ、ミシェル、ゾルタンの辛さに繋がってしまう。
それゆえに神話を意味するガンダムNTってタイトルは実に見事な絡め方だし、ガンダム的な奇跡と悲劇を取り扱い終始一貫して両立させて終わらせるというのはですね、あ、これがガンダムなんだよな。って改めて思いました。
4クールだとぶれることもあるから、一本の映画で主要核である四人のドラマを上手く纏めてドラマの濃度を最大まで上げた実に最近のガンダムで言えば、一番出来が良い気がする。
そして最後に、それでもと足掻いて「可能性」を信じたバナージがフェネクスに取り込まれて虚無の世界に落ちそうになったヨナを助けて物語を締めくくるけど、ここでバナージが来るというのは、あのラプラス事件の中で人の可能性を体現した彼だからこそ、彼が来たからこそ、ある意味では奇跡を起こしつつも自分の大切な存在を失ってしまった、奇跡と悲劇を両立させた体験をしてしまったヨナにとっての救いだと思いたい。
そんな感じで、アムロの最後とか、フォウとか、カミーユの精神崩壊とか、ハマーンの孤独とか、エルピー・プルやプルツーのラストを思ってからのガンダムNTの物語を見てしまうと自分は物語の中盤、特にニュータイプ研究所で徐々に悲劇が明らかになっていく部分から泣きっぱなしでした。
ガンダムはもういいよ。
って思ってたけど、やっぱり、ガンダムは良いな。
って感じになってしまった。
それだけ、ずっと泣きっぱなしでしてね。
リタの「生まれ変わったら鳥になりたい」って言葉から、フェネクスが翼をはばたかせるように現れるのは……色々と思うよね。
いや、泣いちゃったなー。
エンディングでLisaの唄うバラード調の「NARRATIVE」の歌詞がガンダムという世界の中で振り回されるニュータイプと呼ばれた少年少女たちの思うガンダムの世界を皮肉りながらも”可能性”を信じたガンダムの裏と表の世界を歌ったような、そう言う感じがした。
歪んでしまったジオニズム、狂言回し的な存在でもあるけど、ガンダムNTの話そのものとガンダムの世界そのものを実に的確に捉えているのがゾルタンそのものだから、なんかね。
「進化なんて、そんな簡単なものじゃない。」
って部分が実にガンダムだなと。
ゾルタンが凄い好きなのよ。
以上。
ガンダムNT、期待はしていなかったけど、正直、思った以上に楽しめたので、まぁ、見るのもいいんじゃないですかね。
Lisaの唄う「NARRATIVE」が流れた時はもう画面が見えないほど泣いてた。

| ガンダム作品感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『ガンダムビルドファイターズ GMの逆襲』

11a59b0a.jpg
なんていうか、あれですね。
無印のビルドファイターズから、ビルドファイターズトライに繋げるための物語って感じで良いのかな。なんか、そういうことを思ったりして見てた。
ガンプラマフィアってなんだよ(・ω・)
スゲーなガンプラ(つ=ω=)つ
とか、思いながら見てた。
GMの復讐って、強烈なジムマニアの話だと思ったら、そういう訳でもなかった。ってか、ガンプラでマフィアをする。って、どういう心境なんだろう?とか、思いながら見てた。
とりあえず、なんか、良いんじゃないですかね?
こういうのもね。
とか、思いながら、何も考えずに、ぼーっと見てたら、終わってたよ(つ=ω=)つ
時間は短い(つ=ω=)つ

| ガンダム作品感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガンダムビルドファイターズ バトローグ 第1話 AIバトローグ

2017y08m04d_233709194.jpg2017y08m04d_233706471.jpg2017y08m04d_234328222.jpg2017y08m04d_234130560.jpg2017y08m04d_234637254.jpg
なんていうか、ビルドファイターズのMSデザインって個人的にいまいち、好きになれないというか、なんというか、まぁ、そういうのはあれなんですがね(つ=ω=)つ
なんていうか、なんなんだろうね。
敢えて駄作しちゃってるような感じなんですかね。オリジナルの完成度に余計なことをしちゃうと、なんていうか、あーあっていうか、そういう感じがしてならない。
ついでに、シャア・アズナブルが関俊彦さんだった理由はTHE ORIGINだと、本当のシャアの声は関俊彦さんで、キャスバルが池田サンデーって、まぁ、そういう感じですわね(つ=ω=)つ声ネタだね。声ネタ。あの頃の、キャスバルはエドワウって名乗ってたけどね(つ=ω=)つ
2017y08m04d_235001901.jpg2017y08m04d_235007308.jpg2017y08m04d_235004228.jpg2017y08m04d_234918086.jpg2017y08m04d_234920395.jpg
声優ネタとしても良い感じに、リボンズとアムロが変わるのは思わず笑ったし(つ=ω=)つ
やるんだろうなーって思ったら、本当にやって笑う(つ=ω=)つ
そんな感じで、疑似人格という名の歴代ガンダムパイロットを使って、どうのこうのって作品ですね。
単純に、もう変なストーリーを付けないで、こういう感じでやるのは結構、楽しいのではなかろうか?って見ていて思った。10分で終わるから、ちょうどいいしで、良い感じに楽しい。ビルドファイターズ自体、そんな面白い話でもなかったし(つ=ω=)つ
黒田脚本、楽しい。
黒田脚本と言えばヴァルキリードライヴマーメイド。
ついでに、大張さんを監督にしたことでいい味を出すね。
脚本と監督が良い感じに楽しんでるのが良いですね。
単純に互いの機体の特性を活かして、リボンズとアムロが入れ替わったり、声がどうのこうのとかやるの、結構、楽しんでるんだろうなー。
とりあえず、難しい話を入れずに、ただ、夢の対決をやる。ってだけだから、ね。気楽に肩の力を抜いて見れる。ただ、こういうのは荒れるだろうなー。
例えば、キラがアムロをシャアを下した。とか出たら、流石に色々とあるでしょう。そういう感じ。
まぁ、良いんじゃないですかね。
2017y08m04d_233216385.jpg

あ、後は、アムロとリボンズはちゃんと声優さん分けてるのくっそ笑った(・ω・)

| ガンダム作品感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #25「彼等の居場所」

4f3e7a45.jpg7db59833.jpg
イオクが死んだ(=ω=)良かった。
これだけは、彼らの手で引導を渡さなければならなかったわけで。
これだけはね。
こればっかりは、本当にもうね。
1f445371.jpg
悪魔めーって、ジュリエッタが口にしていたけど、悪魔にしたのはお前たちだということに対して何も、彼らは、何も知らない。
ただ、鉄華団は人であろうとして、そして生きるために戦いしか知らない彼らは、戦わざるを得ない。彼らは戦うという部分に対して、最初から生まれ持った存在は理解できない。そして、だいじな存在を失ってから初めて、ガエリオはマクギリスや鉄華団を理解したというのは、これもまた皮肉だなー。
やっぱ悪魔って言うのは討滅される運命にあるのかねー。今回の悪魔の名前を冠したガンダムは全て撃破されてしまったわけだし。平和な世界において悪魔に等しい存在が残っていれば、それは…
本格的に訪れる平和な世界に災厄をもたらしてしまうことへのメッセージか。
マクギリスの行おうとしたことをギャラルホルンの膿の象徴であるラスタルが行撃っていうのも、なんていうか、皮肉だなー。この結果に対して何か思うところもあったのかもしれないけど。そしてラスタル・エリオンは……やっぱり生きてしまったのか。
ただ、彼らに対する戦いも無駄ではなかったのだろうと、そういうことは思うけど、ただただ、彼らの望む世界に関しては……でも、ある程度の鉄華団の人間は、何とか生き残ったからこそ、それはそれでいいのかもしれないけど。
7c673f18.jpg924e3b0f.jpg
やっぱり鉄血のオルフェンズって今までのガンダムに対する皮肉なのかなーと。そんなガンダムに乗った少年少女が活躍した時点で本当は世界なんてかな単に変わるもんじゃない敵味方大いなる犠牲が出る。って、そんなファーストから続く物語に対する皮肉を目いっぱい感じたわねー
そこ行くと、本当に種死って言うのは頭がおかしい。種って言うのはおかしい。って言うね。もとより、ガンダムは、そういう人の核心と同時に人間の争いの醜さを描くわけですから。
新たな世界においては。
こういう風に味方側がだれ一人死なない、本来、ここまで大切な……ね。死ぬのが戦争であるという、そういう戦争に対する皮肉。
ただ、最終的に生き残った彼らは、こうして変わっていく世界の中で必死に生きていられるのなら、それはそれで幸せなのかも。
あの戦いの中で、何かを学んだはずだからこそ。
所謂、種死とかね、戦争はヒーローごっこじゃないとか言う台詞を残しておきながら、あの作品自体がヒーローごっこをしちゃってるから気持ち悪いわけです。
それに対する、アムロとかのね、皮肉だね。
これに一番近い作品って実は閃光のハサウェイだったりするわけです。あれが、最大限に対する……ってわけです。
あそこで、ああやっているんだとは思うしね。
そうして、図らずしも自分達の行動で世界が変わる中で、新たな場所を見つけたのだし、これからの世界を考えて……幸せになって生きてほしい。
1期に比べると2期のオルフェンズは痛快さが無くなってしまったのが残念に感じるとこはあるね。まぁ、本来の戦争は1期のように上手く行かないのものではあるしで。
とはいえドンだけ悲惨なことになっても最後は平等に希望が与えられるのは、そういう意味ではビターエンド感
彼らの行動が世界を確実に動かすほどの影響を与えたわけだしね。
1期に比べると2期のオルフェンズは痛快さが無くなってしまったのが残念に感じるとこはあるね。まぁ、本来の戦争は1期のように上手く行かないのものではあるしで。
とはいえドンだけ悲惨なことになっても最後は平等に希望が与えられるのは、そういう意味ではビターエンド感
感情移入しやすいような少年少女を主役にして制作サイドは、この終わり方にすることによる戦争における虚しさを描くことをしたかった。そういうこと思う。
そのせいで、二期は唐突に負け戦や勝ったけど全体的には負けた終わり方が多くて行き当たりばったり感が出たのがねぇ。
従来のガンダムらしさを取り入れつつ、ガンダムという全体の物語に対する皮肉を描いたのが鉄血のオルフェンズという作品だと思うし、これでいいと思うけど、でもオルフェンズ1期の痛快さという魅力を失ってしまったのは全体的にはマイナス印象でしか無かったような気がする。
鉄華団のやろうとしたことラスタルがやって成就するという皮肉。
鉄華団は考えてみれば、何も成したことは無いんだろうけど、ただ、本来のガンダムのように少年たちが何かをしても動かないという話。
そして、散り際は美しくなく醜いラストであると……そこにあるのは肉塊に……
鉄華団とマクギリスのことで思うところはあったんだろうなと思いたい。
356560f8.jpg
クーデリアとアトラの百合エンド(・ω・)
これは、これで良い(・ω・)

| ガンダム作品感想 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ「マクギリス・ファリド」

dd25e668a79dd525d0544375ba407bc0.jpg
暇さえあれば一期と二期を見返して思えば鉄血は二期になってから戦場で勝利しても全体的に見れば敗北という後味の悪さが目立って1期ほどの爽快感に近いモノが無くなってしまっている気がする。
二期から名瀬さんから、これからは上手く行かないー的なことを言ってたからさ。
伏線的なものであるとか、そういうことを思ったんだけどさ。そこから、二期の鉄華団の木場って鈍くなっちゃった部分を感じて、いつの間にか敗走の歴史を辿っていたような華の散り際を無理に突飛な感じで、そういうの描いて鉄華団やマッキーをバカに描いてるような感じがした。
こうして見ると楽しいけど改めて思考しながら見てみると、そんなのを強く感じて、それはやっぱり1期と比べると…って、そういうことを考えたりしてしまう。
そこが、マクギリスのバエル神話への異様なまでの……って奴ね。
あれは、もっと、思慮深い一期のマクギリスから考えると嘘っぽいというか、なんか、そういう感じがする。
それが、先週のオルガの死のような、まぁ、そういう感じがする。ドラマチックに死なないのがこの作品の良い処だけど。
ただ、1期を見ると、連中はそこまで愚かじゃないから、違和感を抱いてしまう。
岡田さんの、采配ミスかなーって感じちゃうわけです。
はい。
しかし、ここまで連中がバカになっても世界の采配は変わろうとしないんだろうなーって思う。
ただ、やっぱり、単品としては非常にいい話なんだよね。
個人的にマクギリスとガエリオの最終決戦は凄い良かったしで。
あの二人の歴然たる差、それに気づけなかった虚しさというか、そういう部分は正直、見ていて辛かったですし。
そういう人の描写は凄い上手いんだけど、物語的な進め方には非常に惜しい部分が多かったりすると思う。人を動かす人の描写って言うのは本当に、岡田さんの、そういう話は好きなんだけどね。
だから、AKB0048だって惹かれたわけだし。
やっぱ、惜しいよね。
そういうところどころの物語の粗さが、凄い残念というかね。
ただ、この程度なら、此れでもいいかな。って人の描写を見てると思いますね。そういう部分を他のスタッフが上手くカバーしてるのが良いよね。
ただ、誤魔化しきれてないけど、それをちゃんと劇的にしてカバーしあっているのは、作品って言うかスタッフが全体的に頑張ってるなーって。
これから、日5枠はドアサに回るようだし……最後の意地なのかなーって思うね。
ただ、ああいうありきたりな展開を見せられちゃうと、こう1期で終わりの方が良かった気もするし、なんていうか、しょーもないというか、なんというかで。
なんていうか、行き当たりばったりというかね。
バエル
ただ、あの怪我の功名か、ドラマチック的に死なない話だからこそ、何とか、今日の鉄華団側の戦死者は良い感じに鉄血らしい死に方だった気がする。
ついでに、バエル、良い感じに大張さんが鮮烈デビューさせたのに残念だったなーって。なんか、キマリスヴィタールの良い噛ませになってたの惜しかったなー……

| ガンダム作品感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT