PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ウルトラマンブレーザー』第20話「虫の音の夜」


今日、武居監督か。ドラマに定評のある武居監督!って思ったけど、なんで、冒頭で、この人たち、コントをやってるのさwしかも、棒やら大根やら、面白いのがいっぱいいるしw
こういう実力のある演者さんが、わざと、ああいう演技をする。っていうのは、どういう気分なんだろうな?っていうのは割と真面目に思ったりするw
ついでに、テルアキ副隊長のお父さんが倒れてしまったという……スカードのおかんとファンの中から呼ばれている、この現状。こういうのは嘘っていうのが相場ですね。見合いと、そういうことのために、こういう状況を作り出すのは、何だろう、この昭和のドラマ感。田舎だと、まだ、こういうのがあるんだろうなーっていうのは解らんでもない。っていうか、長男が農家を次いでくれてるんだから、それはそれで良いんじゃね?ってか、父親からすれば、そんな怪獣と戦う危ない仕事よりも、こっちで平和に暮らしてほしいってのがあるんだろうな。
本当に、そういう設定だったわ。
とか思いながら、今回は野菜を食い荒らす怪獣と言うことで。
何があるんだろ?って思ったら、あれ、虫なんだ。虫なの?あれ?しかも、今回、複数いるということで結構、やばいな。何気に、アンリ、虫嫌いだけど、仕事となれば割り切る、あの態度の変化、結構、好きだな。割と真面目に。
今回は、元より地底生物だったけど豊かな土壌を求めてという、実に、そういうウルトラ怪獣らしい怪獣だよな。
しかし、今回、田舎っていうのもあってキングマイマイを何処か彷彿させるような絵面が多いな。いや、好きだけどね。
しかし、今回のドラマ、面白いよなー。
虫の性質を見抜くスタイルとかね。
そして、卵の修正とかGだなーとか思いつつも、あれだね。改めて見ると怪獣と人間の生存競争なんだろうなーと、改めて思いますね。
テルアキが卵を破壊するときは「すまない」って言ってるけど、あれは、ニジカガチの時もそうだったけど、一つの生命体に敬意を表しているということでもあるんだよな。それが、どんな怪獣であるとも、いきているものを殺すというのは、そういうことなのだという哲学を改めて感じさせる。
それは、こういう自然豊かな土壌で育った心優しい副隊長だからというのもあるし、最後に、こうテルアキが守った土と言うことで感慨深くなる親父さんのラストとか、良いよな。
こういうドラマ、引き込まれるし、やっぱり好きなんだよな。
この話は武居監督を抜擢して大正解だよ。これ。

| 特撮感想 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

窒素

ゲント隊長、アンリ隊員→棒 エミ隊員→演技力〇 ヤスノブ隊員→大きな芝居 温度差がじわじわきます。
本筋の方はテルアキ副隊長の主役回で、舞台も彼の実家周辺である農村地帯。ウチの近所にも似た風景です。
副隊長とお父さんとのドラマと、怪獣ズグガンとの攻防戦をそれぞれ過不足なく描いていて好印象でした。
最後、お父さんが畑の土を握り締めての一言にジーンときました。特撮ドラマならではの感動があります。

| kwai | 2023/12/08 21:18 | URL |

kwai さんへ

なんか、こういう部分で性格って出るんだろうなーとか、そういうことを思ったりします。不器用さとか、そういう部分が……
まだ、ああいう農村地域ってまだあるんだなーっていうのは、ちょっとロケ地でも驚いたりしています。うちの街は、ああいうのが無いですからねー
見ごたえが結構、ありましたよね。個人的にテルアキ副隊長のどんな怪獣であれ、一個の生物には敬意を払ってる部分とか見ていて人間性が出るなーと。
ラストの父親の土のシーンで、ようやく、息子の仕事を理解したんだなーと。ああいうのは好きですわ。

| 月 | 2023/12/08 23:33 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/9448-6ddd3ca8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT