PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

星屑テレパス #06 & #07 & #08


おでこの人たちって呼ばれてるのな。
部活動ではなく、同好会と言うことで、海果も何とか話せるようになってるのも、これも、これだけのメンバーが集まったことに対する、何て言うかさ、成長だな。
あの灯台、ゆうが来てから、結構、不思議な力で電力が……やはり、宇宙人の力なのか、どうなのか。そして、妹ちゃんも本格的に登場しているような。
初めてのロケットは雨。
お約束か……
ぼっちちゃんも本格的な初ライブは台風だったしな。
そんな感じで、今回は目標に向かうということ。
なんか、良い感じに感じのいい先輩なライバルが出てきて、ついでに、そのライバル的なポジションに立つ人が、あれだわね。思った以上にポンコツだったけど、ロケットに関しては誠実な人と言う、なんか、これはこれで人間が出来てるよなーと、そういうことを思います。
最終的に、金はカリパクで終わるのかと思ったけど、瞬がやらかしたから、彼女が反省して建て替えると……とりあえず、金が戻ってきてよかったじゃない?
そして、なんやかんやで、瞬も、性格、丸くなってるよね。


星と宇宙人のぬいぐるみをくっつけ合う、あのシーンってやっぱり、あれだよな。百合キスの暗喩と言うかそういうのあるよな。おでこぱしーとは違う、ああいう百合キスの暗喩。
部活のあれも無事終わり、今度は目指せライセンスとでも言ったところか。4級って、そういう指導員がいればどうのこうのって感じなんだわな。
ロケット部優勝のために。
しかし、10回作ってやっと成功とか、これからの部活のっ真、大会に勝つために色々と・・・・・・とか、なんか、不和を生み出しそうな、そういう要素もあったんだが。
大丈夫か?
この後、この子達、また拗れないか?
しかし、今回、OPなかったけど、何があるんだろうな。


瞬、あれか。このロケット同好会の奴で自分の存在意義を見せたいんだろうな。そして、この素人しかいない状況で、イラつきもあるんだけどさ。
あいつ、自分が一番、知識があるからって感じで、それをはなにかけてイラついている部分もあるわな。しかし、同時に、こいつがいないと、始まらないという。
何という面倒くさいキャラ。
だからこそ、そういう意味で、こういう場面ではシリアスが輝くんだろうけどさ。
何というか、この年齢になってから見ると、結構、こういうシーンは怖いというかキツイと言うか、結局、こいつが、ロケットの知識やら、そういう情熱を持っているから、それが周りを成長させるきっかけになるんだろうけどさ、ちょっと、露骨すぎよね。とか、そういう子は思います。
そして、中途半端な熱量ではなく、同好会、海果やゆう達も本気だからこそめげないという部分も出てくる。しかし、瞬を見ていると、やっぱり、ああいうのは敵を作りやすいから、ちゃんとコミュニケーションって大事なんだなーって、そういうのを改めて理解するきっかけになるな。

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

月さんへ

 雷門さんはきらら作品のキャラっぽくないですよね、すごい新鮮なキャラクターのように感じます。
 ぼざろの廣井さんのような清涼剤がいてくれたらいいのになと思うこともあります。

 小ノ星海果と雷門瞬の関係、段々と好きになってきました。

| テラー・トレイン | 2023/11/30 19:37 | URL |

テラー・トレイン さんへ

どこかしら、きらららしさのようなものは感じないですわな。色々と厳しめですけど、そこ行くと、確かに、きくりのような清涼剤がいればなーっていうのは解るところではあります。

個人的に遥乃との関係が瞬との関係は気になるところです。

| 月 | 2023/11/30 23:28 | URL |

シフォンケーキ

瞬の言う事は一々尤もで間違っちゃいないんだが言い方ぁ、ってのは一視聴者として思いますわな。
遥乃が潤滑油と接着剤の役割を果たしてなければ、同好会が文字通り空中分解しかねない危険を孕んでます。
相次ぐ叱責に逃げ出しながらもユウを頼らず、つっかえながらも瞬に気持ちを伝えた海果はようやったと思う。
ピリピリ感と脱力感を行ったり来たりする中、7話のクレーンゲーム景品の件は視聴者に優しい百合でした。

| kwai | 2023/12/02 23:26 | URL |

kwai さんへ

やっぱり、言い方ひとつで何もかも変わりますからね。それが、彼女が人間関係というものを断ち切ってしまったことに対するあれなのかもしれません。なんか、コミュニケーションって大事なんだなーっていう人間の関係の根本を見せられたような感じがします。
海果も、そういうところがありつつ部長として、人として、その情熱をもって成長しているんだなーっていうのを感じさせるのは良いですね。
そして、ちゃんと緩急を付けられるという、こういう処が、このアニメの良いところなんだろうなーってのは思います。

| 月 | 2023/12/03 11:02 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/9442-f0131c34

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT