PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

シン・ウルトラマンを今一度。


弟と一緒に見て、ついでに、姉ともう一度、見て、なんやかんやで3回見ちゃった。って言うねwいや、映画代、奢るって言うからさ。「じゃぁ、いいよ。」って感じでね。見に行ったんだけど、やっぱり、二回目、三回目になるともっと冷静に見えて、この映画の穴が見えてきてしまう。一回目は大好きなウルトラマンって言うのもあるから、そういう意味でも釘付けになる部分があるんだけどさ。
87e7ccff-s.png
シン・ウルトラマンの2,3回目を見ると、抱いていた違和感って言うのがやっぱり如実にで出てきてしまって、やっぱり、ネロンガとかガボラとか、メフィラスとかゼットンもそうなんだけど、実際に、そこにいる感じってのがないよね。やっぱり、そうなると、メフィラスとか良い味を出していたのに、なんやかんやで、CGアニメ感が強すぎて虚構でしかない虚しさって言うのも自分の中で出てきてしまうわけです。
着ぐるみじゃなくて、フルCGでやってる分、ウルトラマンはたまにだけど実写背景にフルCGアニメをぶち込んだ構図に見えちゃうのが辛い。工場のシーンとか、特に、そう見えちゃう。メフィラスと決闘するシーンね。
CV7nyuhWUAAVBeb.jpg
例えば、劇場版ウルトラマンXきたわれの、ザイゴーグ、ゴルザ、アントラーが進撃しながら街をぶっ壊すシーンとかいつでも迫力満点ですよ。
実際に「怪獣が本当にいて、怪獣が街をぶっ壊してる。」って思わせる、この魂の揺さぶりって言うのがね。伝わってくるんですよ。って言うか、言うなら、シン・ゴジラのゴジラって全CGなのに、これが出来てたんだよ。ついでに言えば、シン・ウルトラマンだってさ。冒頭の人類の手で撃破された怪獣たちを見ていると「おー、すげー!CGなのに、本当に、そこにいるみたいー!」って思ったんだけど。
何で、ネロンガとかガボラとかメフィラスとかになると、CGアニメぇ……って感じになっちゃったんだろうなーって言うのがなー
あるのよ。
シン・ウルトラマンの怪獣やウルトラマンって目に見えてCGCGしすぎて、なんか、実際、そこにいるそ怪獣って感じねーのよ……
スペシウム光線のくだりとか、すげー好きなんだけどね。
正直、「おぉ、かっけぇ!」って思ったしね。まぁ、でも、その後、CGCGしすぎてて、なんか、そこにスクリーンの向こうの世界にウルトラマンがいる「?」って感じに思えちゃって、なんかね。
やっぱ、スーツの力ってスゲーんだなーって思った。
メフィラスとウルトラマンが初めて対峙した時とか、やっぱり、あれなんよな。
工場とかが実写である分、より、二人の姿かたちがCGでありすぎちゃって、どうにもなー。案だけ、胡散臭い良いキャラをしておきながら、ある種、ウルトラマンとメフィラスの関係って言うのは初代の頃はライバルとしても描かれていたからこそ、面白い関係だし、ある種のバディ的な関係であると思わせたんだけど、やっぱり決着つかずに去っていくのは初代ウルトラマンとメフィラスの伝統だとは思いつつも……
やっぱり、残念なんだよなぁ。あのデザイン自体は好きなんだけどね。
BRAVE STORM
前に、レッドバロンとシルバー仮面がクロスオーバーしたブレイブストームって映画があったけど、あの頃から進展してない気もするんよ。あれも、レッドバロンがCGでありながらも、頑張っていたのは、あの映画の低予算っぷりを知りながらも、あそこまでのことが出来た素晴らしさってのもあるんだけどね。

やっぱ、ウルトラマンってスーツにちょっとCGをプラスしたほうがいいのかね?
フルCGの違和感が抜けねーのよ。ウルトラギャラクシーファイトの坂本演出を見ていると、そういうことを考えてしまうんだ。
シン・ウルトラマンは実写の街の上にCGアニメの宇宙人がいて実写の森の上にCGアニメの怪獣がいる感じ。

ヒーローと怪人のフルCGと言えば、CGに負けない派手なアクションで、その違和感を払拭をさせた「牙狼ー闇を照らす者ー」があるけどね。今、見ればCGだなーって思う部分もあるけど、でも実写にしか見えないシーンもあるんよ。ただ、この違和感も「牙狼‐神ノ牙‐」になると、かなり払拭されてたところもあるからね。やっぱり、そこ行くと、シン・ウルトラマンの、そういう部分がダメなのかもしれない。って思えてしまう。
牙狼・闇の戦闘シーンは本当にカッコよかったなー。なんか、スッゲー懐かしい。
中盤の展開はアレだったけど。
神ノ牙とか、もっと進化してたしな。


そんで、まぁ、色々とあげられている・……シン・ウルトラマンにおいてのセクハラ描写。
シン・ウルトラマンのセクハラ描写がどうのこうのと言われてはいるが、まぁ、巨大長澤まさみに関しては嫌悪のコメントをメフィラスが代弁するように口にしてるし、ある種、ああ言うネットにあげる馬鹿がいるって言うのは、それこそ世間の鏡だろうとは思う。
嗅覚のシーンは作中だと非常事態だしなぁ…
ようは、さぁ。確かに画面で見ると気持ち悪いのはわかるけどさ。
作中の状況を見ていると、んなことを言ってられない状況って言うのを顧みて、そこに文句を言っているのかどうなのか。ってのは結構、思う。
所謂、もう地球が人類が大変な状況の中で、あれが最善の手だからやるしかなかったのであってさ
このセクハラの糾弾は樋口真嗣に対する苦情なのか、それとも緊急事態とはいえ、そういうことをしたウルトラマンに対する糾弾なのか。
今市、それが色んな感想を巡ってきたけど伝わってこない。作中の状況が、ああいう状況ならしゃーねーんじゃねーかなーと。
まぁ、あれが、糾弾される理由が樋口真嗣の趣味って言うなら、もう、それだったら確かに「樋口真嗣、気持ち悪い」の一言だけど。
ついでに、あの、長澤まさみが男女問わず他人の尻を叩くのは寒いギャグだとは思いました。

それと、やっぱり神永ウルトラマンが人を愛するに至るためのドラマが少ないよな。あくまでも神永が子供を救ったことで、あくまでもきっかけは生まれているわけですから。
もっとあってもよかったよな。
せめて、バディの長澤まさみとの関係は、もっと深堀すべきだったと思うんだよなー勿体ないし。せめて、彼女との関係は、もうちょい描くべきだろ。
ザラブとの処とか、まぁ、それまでに彼女が神永に興味があるような部分があったとはいえ、やっぱり、それでもねぇ、そこに信頼関係があるようなところには見えないんだよな。
やっぱり、そこは、樋口真嗣のダメなところなんだろうなーって思うのよ。
オタク特有の、人嫌いな部分とか、樋口真嗣は露骨に出てしまっているような気がしないでもないし、せめて、長澤まさみと関係を築いてから、そこから、他のメンバーと信頼を構築する方向でもありだと思うんだよね。なんか、あそこまで絡まないと「禍特隊って必要だった?」ってなってしまうから。
なんかなー





| 特撮感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/8870-c99d5e5d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT