PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

裏世界ピクニック「行かなきゃ」


まぁ、リアルタイム時にドラえもんマニア(少なくとも劇場版のVHSを全部、持ってた)友達が「昨日、夜中にドラえもんがやってたんだよ。」って言い始めて、正直、「こいつは何を言ってるんだ。」ってなった思い出があるんだけど。
深夜にドラえもんがやっていたと。それが、所謂、深夜二時って起きてる人が多いじゃない?って言う話もあったし、当時はやっていたかどうかは解らないんだけど朝にドラえもんの再放送とかあるじゃない?それと間違えた可能性があるんじゃねーの?とか、まぁ、それが言われた日がね、藤子不二雄が死んだ日だったんですよね。
「まぁ、夢やろ。」
って言葉で片づけるのが一番良いんだろうし、それが現実だろうと。大体、その時間に起きてたやつもいないし、どうのこうのって言うのもあるし。
ロマンチックなことを言えば、藤子先生が、そういうお前のようなドラえもんファンのために「ありがとう。」みたいな感じで、なんか、霊的な暗示をかけ譚出ねーの?って、適当なことを言ってたね。
どう考えてもね、霊的なものが絡んでいたとしても、なんか、それはなーってなるよねw
そんなことを考えていたら・……
今、このインターネットの世の中に、命日の日にドラえもんがやっていたと。
そういう情報が流れた時、まぁ、不特定多数が物語を盛り上げるための嘘だろうとか、そんなことを考えていますよ。
ざっくり、「いかなきゃ」の内容を語るとですね。
目撃数が複数あるようで、もう、この時点で嘘くさいよね。結局、複数あることで正確性は失われてしまったわけですから。同じ日に、そんな別パターンのものをいくらでも放送するメリットって、そんなないよね。


目撃談1
のび太が10分程ずっと歩いており、いつもの空き地に続く道と周囲の風景が延々と描写され続けます。空き地にはジャイアン、スネ夫、出木杉、しずか、ドラえもんが勢揃いしています。みんな輝くような笑顔を浮かべています。そして、のび太は「行かなきゃ」という言葉を残して、みんなが待つ空き地に走っていった……というものです。

目撃談2
真っ暗な中をのび太が歩く映像が延々と流れます。そのまま10分程経つと、最後にのび太が振り返り「行かなきゃ」と言って終了したという物でした。この映像にはBGMはありません。のび太のセリフ以外に音は無く、オープニングも無く突然始まったと言われています。

目撃談3
のび太がスケッチブックを持って歩いています。そこにドラえもんが追いかけてきて「もう行ってしまうんだね」と言います。のび太は振り返って「うん、もう行かなきゃ」と言います。そこでのび太の姿が藤子・F・不二雄先生の姿に変わり、映像が終了します。

目撃談4
何処かに歩いていくのび太をドラえもんが追いかけて行きます。そして最後にドラえもんがのび太に「もう行っちゃうんだね」と声をかけます。そしてのび太が「行かなきゃ」というセリフを言ったという物です。目撃談3と類似していますが、のび太の姿が変わるという描写はなかったようです。

目撃談5
いつものようにジャイアンとケンカをするのび太。ドラえもんが道具を貸して助けようとしますが、のび太はその道具を捨ててジャイアンに正々堂々と勝負を挑みます。その様子を見たドラえもんは感動し、心打たれたジャイアンはのび太と和解。するとのび太が視聴者の方を向きながら「子供には夢を、大人には希望を与えてきた。もう私が活躍することはないが、これからも時々で良いから思い出してくれ。もう私がいるべき世界へ行かなきゃいけない。また会える日を楽しみにしているよ」と発言したというもの。
あまりポピュラーな目撃談ではありませんが、他の目撃談に比べて明確なストーリー性があり、追悼番組として流されても不自然ではない内容ではあります。ただ、「また会える日を楽しみにしている」という言葉は、遺言としては不自然にも思えます。

目撃談6
2007年1月末に、2ちゃんねるのスレッド「ドラえもんに詳しいやつちょっと来い」に投稿された目撃談。深夜に起きた投稿者がテレビを点けたところ、のび太がただ町の中を歩いていくだけの映像が流れ、最後に立ち止まると「行かなきゃ」という言葉を発し、階段を上がるような動作(階段は描かれていなかったという)で再び歩き始めたというもの。アニメ映像はそのままフェードアウトし、試験電波の画面に変わったようです。
他の体験談とは異なり、放送日は「10数年前(1990年代)」と曖昧で、のび太の声が藤子先生の声だったという報告はありません。スレッド内では映画「のび太とアニマル惑星」の冒頭に類似した(のび太が一人でピンク色の靄の中を歩いていく)シーンがあると指摘されていますが、投稿者本人が視聴したうえで違うと報告しています。
また、スレッド内ではこの目撃談が投稿された時点で「藤子先生の命日の深夜にドラえもんが放送された」という噂が既に存在していたことが報告されています。


と、まぁ、引用してきたんですが。
ご当地的なネタなのかね?
そのご当地だと、こうだった。
うちの地域はこうだったとか。
しかし、これが全部、東京に偏っていたら、もう「あ、こいつら、嘘ですね。」とはなるよね。なんというか、難しいというわけではないけれど。
また、当時にネットがあればさ、それは、それで、結構、この与太話で盛り上がりそうな感じはするけどさ。
少なくとも、やっぱ個人的にはこんだけ目撃談がある。
って言うのはさ。
ドラえもんファンがショックを受けて、なんか、こういうスタイルの夢を命日に見てしまった。
って言うのが一番、説得力があるよね。
そういうことを思いますよ。

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2021/03/19 06:34 | |

Re: タイトルなし

youtubeとかで見たものを適当に誤魔化す為に「あー、俺も見たわー」ってなってる可能性はでかいですよね。
近年になって増えているところも結構、その説に拍車をかけているような気がしないでもないです。

| 月 | 2021/03/20 00:01 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/8441-36b68be4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT