PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ウルトラ怪獣の最強候補な気がしないでもない。

2019y04m01d_190916810.jpg
そんな感じで、今日はパワードザンボラーですよ。オリジナルじゃなくて、こいつかよ。ってなるけど、ウルトラマンパワードっていうのは家KK峰、スペック的にはチートクラスではあるんですが、それでも、こいつには勝てない。っていう、メガ=スペシウム光線の威力ですら、なんか、もう初代スペシウム光線とは何だったのか。
って、そう言う気分にもなるくらいには、超威力なんですよね。
でも、そんなウルトラマンパワードの攻撃すらも無効化してしまう程の強靭な皮膚を持っているんですね。そんな感じでね、周囲に超高熱の熱波を放つ巨大な赤い山のような怪獣で、シアトル周辺で原因不明の山火事を多発させていた。原典のザンボラーと比較すると、頭部が恐竜の頭骨に近づき、肌の色も緑色になっている。オレンジ色の角は熱エネルギーが詰まっており、触れたものを焼き尽くす他、センサーの役割を果たしているそうです。
こいつの素性自体が地球様がね。
「人間ども、お前ら森林開発しやがって調子に乗ってんやないでぇ?」
って精神のもと、生み出された怪獣だそうですね。こいつは。
地球様、まじ、ヤベーっす。
そこ行くと、一個の生命体であるウルトラマンの前では、地球と言う神秘の存在にはかなわないのかもしれないという部分が良く伝わってくるものになっているのではなかろうか?と思います。
ついでに、最近だとウルトラマンZでもシアトルでザンボラーが現れてしまったということで、デビルスプリンターに対する抑止能力なのかもしれません。
いや、まじで。
そんな、ウルトラマンパワード、この地球の分身ともいえる存在に対しては何をしたのか……
って言うと、拝み倒す。
2019y04m01d_190903294.jpg
正直、これを見た時はマジか(・ω・)
ってなった。
怪獣、倒さないの?
ってなったんだけど、そうでもしないと倒せないというか、こう帰ってくれない、何気に「あ、怪獣って殺すだけではダメなのね。」って部分が良くわかってしまったのです。
子供の頃ってウルトラマンは神秘だったから、それを上回る神秘っていうのが、ここにもいるということに対する恐ろしさっていうのも感じ取ったような気がしますね。
ザンボラーの周りの気温は常に400度から600度にまで跳ね上がり、ミサイルは着弾する前に蒸発し、実験衛星から発射されたレーザー光線「サイクロップス・アイ」も熱によって発生する大気の歪みでねじ曲がってしまうっていう、ミサイルが効かない理由を、理論的に生み出した、そういう怪獣でもあるという。
いや、ヤバいですよね。
パワードザンボラー・・・…
個人的には合いたくないですわ。こんなやつ。
でも、大怪獣バトルに参戦したら、こいつ、強いだろうな(=ω=;)

| ウルトラマン | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

以前おっしゃっていた閻魔の化身そのものの真エンマーゴなどが登場したらこの合掌での解決をオマージュしたりしたら面白そうですね……
それにしても……ウルトラマンが合掌してるの……パロディ的なウルトラマンがやってる様な画像なのに、これが本当のウルトラマンがやってる……しかも海外産と言うのが何とも不思議な雰囲気がしますね
パワードは観たことは無いのですが普通の怪獣ソフビより少し大きめで当時のゴジラソフビと同じくらいの大きさでちょっと豪華な感じがして好きでした
パワードジャミラがどことなく太古の宇宙人飛行士説とかの壁画に描かれているような太古の宇宙人のような……
それと、シラリーのソフビが好きでした

| 毒穴子四太夫 | 2020/09/26 18:10 | URL |

毒穴子四太夫 さんへ

あー、でも、閻魔大王自体、世直しするタイプのキャラではないですからねー。そこいくと、やっぱり個人的には悪さをしているエンマーゴに苦戦している新ウルトラマンを助けにやってくる閻魔大王が大魔神みたいな感じで真エンマーゴとしてやってくる展開のほうが個人的には見たいです。
そんな感じで、パワードザンボラーが、そういう感じですから。パワードザンボラーが、まだ、あの世直しタイプですからね。やっぱり、これ、和のこだわりと言うのがアメリカがやりたかったのかもしれないですね。
パワード、結構、面白いしBD出たんで機会があれば見ていただくのをお勧めします。
ジャミラの話も、あれはあれで良いので。

| 月 | 2020/09/27 17:22 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/8254-fcdd7d16

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT