PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

帰ってきたウルトラマンで一番好き。いや、これは割と真面目に。

2015y11m17d_170312540.jpg
なんで、終わってしまったんや(=ω=)
こいつを擬人化する前に終わるとか、ウルトラ怪獣擬人化計画は何を考えておるのじゃ(=ω=)

ってことで、今日はプリズ魔です!!!!
大好きなんですよ。
怪獣の割に、割と、怪獣って何を考えているのかわかりそうな顔をしているのに、こいつは解んない!!!得体も知れないし、「ラーラー」って鳴き声が、感情のない女性の唄声みたいな、そういうのが露骨に怖かったのよ。こいつ。
でも、好きなんですよね。
ウルトラマンを倒してしまう怪獣っていうのに、どうも轢かれてしまう自分がいるようです(=ω=)
しかも、こいつはガオガイガーのゴルディオンハンマーのような特性を平然と当たり前のように持ってしまっている。人を物体を光に変えて、自分の餌にしてしまう恐ろしさっていうのはあるのよ。
ウルトラマンを完全に、自分の餌にしようとして、そこまでのことをしてしまったヤバいやつなんですよね。この怪獣と言う概念から全くかけ離れており、そして、強く、ウルトラマンを光に変えようとした光怪獣……
いや、怖いけど、惹かれるよね。
従来の怪獣とは違った愛嬌すらも無いっていう、この生物と形容していいのかすらわからない、この謎の生物と形容してしまいたくなる物体……
ソフビとか出てないしね。
そういう部分から、こいつはウルトラ怪獣擬人化計画で扱われるとき、どういう外見になるんだろう?って思っていたら、それすらないまま終わってしまったwww
いや、終わってんじゃねーよ!!!w
音沙汰なく、終わらせないで!!
さて、話は脱線した。

そんな帰ってきたウルトラマンことジャック、それに変身する郷秀樹にとっては「俺にとって…ぎりぎりの賭けだった」って言わしめるほどに苦戦させられた大強豪怪獣であり、それでありつつソフビとかがハードオフとかに言ってもない(=ω=;)一応、あるらしいんですよ。
ネットで調べると。
出も存在していない。
何気に、ウルトラマンオーブクロニクルでも描かれなかったテレビ版の前日談でも登場しており、あのゼッパンドンが現れたルサールカに出現し、ナターシャの住んでいた村を襲うが超コッヴとの戦いで記憶を失っていたガイが変身したオーブと交戦、そしてそうする内に記憶を取り戻したオーブを吸い込むも、内部から粉砕されてしまった。だがガイは体力を激しく消耗し、その様子を物陰から見ていたジャグラーはプリズ魔のカードを入手し、それを含む3枚の光属性の怪獣カードを恐るべき事に使用した。って役割で、出てくるんですけどね。
見たかったなー!!!
見たかったよねー
『ウルトラマンゼロVSダークロプスゼロ』でも出る予定だったとか。
ちょっと、なんで?
まぁ、外見的な武器さとかあって、凄い面白そうじゃない?
この怪獣も正直ね。今の技術で作られたら、どうなるか。っていうのが気になるウルトラ怪獣の一体なんですよね。
ついでに擬人化もしてほしかったですね( ・ω)
割と真面目に、ウルトラマンも存在しなかったらやばい怪獣の一角、人類に対処できない怪獣である一角でもあるという、そういう存在でもあるんですよね。こいつ。
ニュージェネウルトラマンと、今後、戦うことはあるのか!?
期待しながら待ってる(=ω=)

| ウルトラマン | 00:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

キン肉マンの登場キャラにプリズマンと言う超人がいるのですが……初めてプリズマンを見たときはプリズ魔を思い出しました
怪獣娘になったら、プリズ魔×ブルトンとかになりそうな気がしますが……
ブルトンも擬人化されてませんでしたっけ……
ソフビになるなら普通の600円の商品でなくビーコンと同じ高額なソフビ規格で透明感があるようで不透明感もあるような不気味な質感?を再現して欲しいです
そう言えばプリズマンもフィギュア化にあまり恵まれて無いんで
すよね……

| 毒穴子四太夫 | 2020/08/01 04:43 | URL |

毒穴子四太夫 さんへ

なんとなくですけど、プリズム体系って難しいんでしょうね。発光食とか、そういう部分で。
なんか、如何にもコストがかかりそうな感じの色合いって言うとおかしいですけど、ああいう感じですし。
たぶん、今の子供たちに届けやすいようにするために600円の奴で出るんじゃないかなーとは思いますけどね。あれを忠実にやるならー、それこそ、値が張りそうでですし。

| 月 | 2020/08/01 10:31 | URL |

残酷!光怪獣プリズ魔

まずこんな設定の怪獣と脚本、よく考え付いたな…と思います。それに伴う造形や特撮も頑張ってた。
生みの親である岸田森さんの非凡過ぎるセンスを感じさせる怪獣でした。
郷さんがフラフラになって倒れ込むラストも、何とも言えない余韻があって印象に残ってます。

余談ですが、地元のケーブルTV局が自社マスコットキャラをハリボテで立体化し、内部に仕込んだ電飾で七色に光らせたのを見た時は「わー、プリズ魔みたい!」と思わず口走ったのでした。

| kwai | 2020/08/01 23:21 | URL |

kwai さんへ

全編的に、スゲー怪獣だよなーって思いますよねw一見、怪獣とは思えない外見でありながら、それでいて、何を考えているかわからない不気味さが漂う美しさを持つ怪獣って言うのは怖いですよね。
岸田森は、スゲーなーって思いましたね。ファイヤーマンでも脚本を書かれていましたが、あれも、結構、怖かった思い出があります。
それでいて、あのラストですものね、正直、あそこで終わって明るい後日談が無いから寧ろ怖い!って言うw

逆に、そのマスコットキャラが気になりますw

| 月 | 2020/08/01 23:55 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/8191-25e769e1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT