PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

まさに百合版バックトゥザフューチャー「紡ぐ乙女と大正の月 1巻」

81jPwvCsU0L.jpg

今日は七夕ですね(=ω=)
最近、金曜ロードショーで「バックトゥザフューチャー」が流れた時期に発売されたので、ちょうどいい百合漫画かもしれないし、今年出た百合漫画で一番好きな作品かもしれない。


ある日地震で気を失ってしまい、目覚めた時には大正十年の銀座で倒れていた女子高生・紡。 行くあてもなく大ピンチなところを公爵令嬢・唯月に助けられ、彼女とともに女学校生活を送ることに。 遠く離れた時代に流れ着いた少女の未来はどうなってしまうのか…? きららキャラットで大人気連載中の大正タイムスリップストーリー、待望の第1巻です!


全体的にはですね。
きらららしさを残しつつも、大正と言う時代であるがゆえに女性の社会的に弱いからこそ翻弄される運命を持つお嬢様と、令和と言う今と言う時代から来た現代の常識が当たり前だからこそ積極的になれる少女の絡みが非常に良いです。
最終的に唯月は現代に行って結ばれて欲しい。
きらららしさ全開の可愛らしいイラストやギャグ描写があるから、主役である紡を取り巻く関係も非常に面白いし、彼女を天女と慕う女の子も出てきたりと、話を追うたびに百合漫画としては、きらららしさも出てきて好きなんです。
でも、それもそれで楽しめるんだけど百合漫画としてみると、物凄いハードな設定でもあるという面白さが良い感じに両立されているので、正直、今年初の百合漫画で一番好きかもしれないと思いました(=ω=)
そういう時代が生みだしてしまった女性蔑視にも近い世界に置かれている三人のヒロインと、そういうものがほぼ消えた現代と言う世界から過去にやってきた少女の価値観の違いと言う部分は見ていて非常に勉強になるものがあるんですよね。
所謂、この時代の女性っていうのは男性を立てるための道具としての側面も強かったからこその、危うさがあるんですよね。ヒロインである唯月の良家の令嬢だからこそ家の為の道具にしか親から見てもらえない理不尽さ、自由に見えるようで美しく見えるようで、実は、牢獄の中にいる操り人形でしかない悲劇。
ギャグがありつつも、ちゃんと、真剣に百合に取り組んでいるスタイルも凄い好きだし、また主役である紡が現代的な価値観を持っているからこそ唯月を救うために奔走する姿っていうのは見ていてすごい心を打たれましたね。
そして百合の原型ともいえる「S」をちゃんと扱っている部分に、百合漫画としての絶対的な安心感もある。あの時代は、でも、背景的なものがあるから悲劇的な作品も多いんですよね。
そういう中で、唯月と紡は、最終的にどうなるのか。
二巻以降が凄い楽しみになる終わり方だった。
この柵を越えることは出来るんだろうか?
そして主役である紡がなぜ、過去にタイムスリップしてしまったのか。
その謎は、まだまだ先になりそうですしね。

紡は唯月を退屈から救うために未来からやってきたんだと……そういうことを思いたい。

ただ、この手のタイムスリップ者って偉大なるバックトゥザフューチャーっていう先祖がいるから思うんだけど現代から大正時代にスマホなり、タブレットなりのハイテク機器を持ってきて驚く展開が見たかったんだよね。
紡、高校生だけどスマホとかは持ってないのな(=ω=)

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

七夕……ガヴァドンと当時の子供達が会えそうにない天気ですね……
ガヴァドンと七夕絡めた百合話を怪獣娘でやって欲しかった……

| 毒穴子四太夫 | 2020/07/07 03:49 | URL |

毒穴子四太夫 さんへ

漫画の感想じゃないんかい!!!!と、とりあえず、突っ込みを入れておこう( ・ω)

まぁ、梅雨はだるいですわな。
今年は、なんか、そう言うとしなのかもしれ魔s年絵。
ってか、怪獣娘でガヴァドンは出てねーですしねー。

| 月 | 2020/07/07 17:39 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2020/07/07 17:47 | |

Re: タイトルなし

もう、あれですよ。
ガヴァドンに会いたけりゃ、ウルバト、やりゃ良いんですよ(=ω=)
ガヴァドンが最高レアクラスで待ってますよ(=ω=)

この漫画、あの、最近、出たばかりなんで買えばーええと思います.

| 月 | 2020/07/07 22:52 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/8176-c197d2f6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT