PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

コードギアス 復活のルルーシュ

key_02.jpg
さて、まぁ、コードギアス反逆のルルーシュ……まぁ、ご存知の方は多いとは思うんですが、先週ですね。あの本編を久しぶりに見ようとして三部作の総集編を見て、まぁ、大好きなアニメですよ。
政治と哲学と戦略と、そしてボトムズのようなロボット兵器と。
本当に好きなアニメの一つでございましてね。
じっさい、こうリアル公開時には正直ですね、あの、ギアス熱が正直、全くなくなってて「あぁ、でも、テレビで綺麗に片付いたし、ルルーシュの復活なんて視聴者が適当にやれば良くね?」とは思っていたから、正直、もう見に行く気力と言うか、そう言う感情は全くなかったんですよね。んで、まぁ、テレビ版の続編ではなく劇場版の続編と言うことでまぁ、何れは、見ようということでですね。そういうことですよ。
んで、BDが発売されたし、アマプラとかにも配信されたのでですね。よし、じゃぁ、見よう。と、言うことでですね。

見ました(つ・ω・)つ


さて、まぁ、感想はどうだったか。って言うと、まぁ、もうありがちな後日談ですよね。
ルルーシュが復活して―って感じで。
んで、まぁ、思ったのが、あ、これ・……
ff03f3fb36690a24bba810b0d5fbf36e.jpg
コードギアス版エンドレスワルツだ(・ω・)
って言うのが全体的な感想ですねw
ついでに、C.C.がルルーシュが介護される光景とか、あの、テッカマンブレードMISSINGLINGのアキに介護されるDボゥイをとか、そういう部分を思い出してしまったりとですね。
これで、言うのは、何て言うか。
同窓会ですね。
エンドレスワルツも、そういうウイングガンダムの死んでいない主要キャラが集まって己と向き合うアニメだったわけですし、思えば、復活のルルーシュも、そういう部分ですね。
ある意味では、もう一人の自分と戦うような、そういう作品にもなっておりますね。
復活したルルーシュが率いる騎士団と戦う連中が、全員、対になっているんですね。そして、また過去の自分たちでもあるという存在で、彼等が倒すことで乗り越える。
過去を大事にしつつも、そう言う遺恨から乗り越えて前に進んだ、彼等の成長を見ることが出来るというのが、良い感じに面白いですね。
ルルーシュを始めとして、いがみ合っていたキャラクターたち、テレビで出てきたルルーシュの敵だったり、味方だったりするキャラクターが、今回は垣根を超えて手を取り合う、悪虐皇帝としての汚名を一人背負ったルルーシュの覚悟は、そこに意味があったように思わせるような皆で倒す流れが個人的には凄い好きな流れなんですよね。
ただ、個人的に思うところとしてルルーシュの復活が割とあっさり目だったんですよ。あっさり君だったので、もうちょいインパクトが強いシーン、もっと劇的な復活でもよくない?とか、そう言うことを思ってしまったりとですね。要は、復活するシーンが三下に追い詰められてどうのこうのな感じだったので、「え、こんな感じで復活しちゃうの?(・ω・)」って感じでね。
でも、その後は良かったよね。
ゼロや、悪虐皇帝って言うペルソナを脱いだ素直に優しいナナリーの兄として、スザクの友人としてのルルーシュという部分、素直に自分を出す復讐に囚われなくなった彼の部分、そういうところが描かれつつ、それでいて戦略家としてのルルーシュ、そういう部分を見ることが出来ます。
そういうところを見るのは正直、面白いところですね。
ある種、これが素のルルーシュであることの面白さという部分がね。
また、ナナリーたちがルルーシュと、改めて対峙したことで素のルルーシュと彼らが接することに、このドラマ、あれから、どういう心境だったのか、どういう思いの中で過ごしてきたのか、それを語る、そのシーンを描くだけで彼等の中で描かれなかった最終決戦から、復活のルルーシュまでの彼等の心境と言うのも台詞回しだけで解ってくるのが面白い。
それでいて、ルルーシュが最後に見せる決断と言うのは……
ある種、二人の決着と言うか、そういうルルーシュとC.C.のラブストーリーでもあったんだなーと、改めて、そういうことを感じさせるね。
劇場版三部作を見た後に、復活のルルーシュを見ると、そういう部分が良く分かってくる。
あ、なるほどなと。
ルルーシュと、C.C.の関係に対する一つの終止符でもあると。
これに対する決着を描いた映画でもあったんだろうなーと。
最後の、ルルーシュが自分を「L.L.」と名乗ること、そこに全てが集約されているんだと思うんだわな。
そういう意味で、まぁ、蛇足感はあるかもしれないけど、それでも「まぁ、しょうがねーわな。」って感じで軽くジュースやお菓子を飲食しながら見る映画ってのもありだと思いますよ。
それだけの面白さと価値はあると思う。

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/8044-b50cddef

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT