PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アイカツオンパレード「突っ込みが追い付かない(・ω・)

EOh0HQlUUAAj662.jpgEOh0HQlUwAADyj7.jpgEOh0HQlUwAIX2ec.jpgEOhysl6U0AAMg7_.jpg
ポワプリとかスッゲー懐かしい……
EOhvbGzVUAAmSmK.jpg
初代、結構、シリーズの中でも長いからねー・・…
そういう意味でも、凄い色々と感じるものがありますよねー。当時、結構、あのこら、いろもの扱いされていたんだよね。
そこ行くと本当に、あのこら、成長したというか、そういうのあるよね。
この子たち、良い子なのよ。
EOhyEIOUUAEDUD9.jpgEOhx_zoUUAA4KMs.jpg
アコちゃん、そういえば、昔は、こいつノンケだったけど、結局、レズだったことが証明されたなんとやらだったの思い出した(・ω・)いや、徐々に、あの雰囲気に満たされていったような、そういうレズオーラに飲み込まれる。
アイドルの持つレズオーラと言うのは簡単に雰囲気を呑み込むという、そういう雰囲気、きららのことが好きなアコちゃんと言うか、そういうのを見ると色々と思うわけで。
あの子はね、やっぱり、あのレズなんですよ(・ω・)
ノンケを装ったレズなんですよねー(・ω・)
それよか、ゆめちゃんと、あいみお、カードを投げるとかジャンパーソンかよ。とか思いきや、サンバルカンかよ。ってなるし。なんか、癖が強いの来たなー……
EOhyZtBUwAACQPc.jpgEOhzr2LU8AI6K6k.jpg
それよか、ココちゃんの悪役っぷりにぶふっってきたけどね?(・ω・)
サンメガミ、なんか、あの、ですね。
これ、ある意味、ヤバいレベルの色ものが来たような気がしてならねー(つ=ω=)つ
色んな意味で、第二のぽわプリ感あるので、何だろう……
いや、面白いっちゃ面白いんだけどねw
無駄にいい歌だからw
EOhzDq0VAAAJt7W.jpg
そういや、新海リンナさん、今回、初登場よね。
……別世界だと式宮舞菜の彼女を演じていたリンナさんね(・ω・)


自戒、ソルベット王国にとんでツバサさんが出てきたりとか忙しいな(・ω・)

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

「ばるぱんさーの変身ポーズはこうだ!」

昔、究極超人あ~るというマンガがあってですね…それはさておき。
自主ユニットから始まり後にスターライトクイーンが2名誕生したぽわプリと、本当は息ぴったりな営業ケンカップル?フワドリの合同イベント回でした。
突っ込んだら負けと言わんばかりな、サンメガミが登場するヒーローショーへの流れが楽しかったです。
しおんちゃんは過去に赤影完コピを披露、ゆめあこ真昼ゆず時代のS4は戦隊パロネタ経験済という…
そうした諸々を踏まえて見ると、サンメガミもまたアイカツだね。という結論に達したのでした。

以下、余談です。毒吐きなのでまあ、軽く流して下さい。
去年の夏頃「女の子がライダーや戦隊を見ていたら、男の子はその子が泣くまで馬鹿にするべき。 そして、それを乗り越えた女の子だけが、特撮ヒーロー好きになる資格がある云々」
ってツイートが大炎上した案件とかありましたけど、女児向けアニメの特撮ネタが受け入れられている御時世に何言っちゃってんだろうこの人、と思いました。
特撮作品を日陰者だけの暗い愉しみとでも認識していたのか。ていうかまず人として駄目だろう。

以上、毒吐き失礼しました。

| kwai | 2020/01/23 22:52 | URL |

kwai さんへ

突っ込んだら負けですよねー。
もう突っ込んではいけない部分まで普通にやらかすのが、オンパレードの力なのかもしれません。ヒーローショー、普通にいい歌なんですよね。あれねー……
サンメガミ、ただ、あの、何か、文字だけ見ると一見、サメの化物感があるので、どうにかならんかったのか?
とか、そういうことを思いましたw

例のツィートの人、昔、私をネットストーカーしてた連中の1人なんですよねぇ……まあ、例のツィートが出る前にブロックされたりしましたが。
しばしば、時代遅れですよねぇ。
ヒーローさんと元女幹部さんのような作品もあれば、あれですし、ってか、こういう人がいるから……こういうのがあるから面倒くさいんですよねぇ……特撮オタクのなんとやらは。

| 月 | 2020/01/23 23:29 | URL |

更に余談

何と、その様な因縁が…しかも複数人からのネット被害とか、心中お察しします。m(_ _)m

脱線ついでに。ソースがコンビニ販売の内幕暴露本なので信憑性はあくまで話半分になります。
業界の偉いさん曰く「現代の映像作品に欠けているものが封印作品にはある。それを世間に知らしめたい」
そうした封印解除への動きが、特捜最前線の封印エピソードCS放送(脚本:長坂秀佳)や東映版スパイダーマンのBOX販売として結実したんだとか。
本当なら関係者の方々に対して頭の下がる思いです。
ウルトラセブン12話についても海外版ソフトの販売を機に解禁という動きもあった様ですが…残念。
スペル星人自体はタイのチャイヨープロが現地のヒーローショーで(勝手に)復活させていたそうですww
よりによってあれの着ぐるみを新造って…ていうかタイでもヒーローショーってやるんだ…。

| kwai | 2020/01/24 23:23 | URL |

kwai さんへ

あの連中の界隈は特撮ファンの暗部そのものって感じでしたからねー。繋がってる奴らを見た時、あぁ、やっぱり……とはなりましたよ。安易に触れたらいけないような感じです。

セブンの12話は動画サイトにはあるような、そういう感じですよねー。とはいえ、タイでは日本のヒーローは人気ありますからねー。そういうのがあってもおかしくは無いような気がします。
確か、円谷一族が今でも協力しているとか、そう言うのがあるようなので。
おかげで、日本は色々と大変なことになったりしたんですよねー

| 月 | 2020/01/25 11:44 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/8006-48d2bd01

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT