PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

恋する小惑星 #03


龍が如く7を買いまして。
結構、楽しんでるんですよねー
見ていて、何と言うか、今日も百合的な感じですわね。
こうしてゆっくり見ていると、そういうの楽しいなーって思えてくると言うか、あぁ、良いんだろうなーって思う。地質については良く分からないんですけどね。
個人的に専門外の分野でございますから。
ただ、そのきっかけにあるのは百合ってると、どうにも惹きつけられる(・ω・)
でも、地質が解らないから、そのポイントがねー(・ω・)
そういや、地図って言うと、タモリさんが結構、好きだったよなーとか、タモリ倶楽部を見たりとか、そういうの思い出す。ただ、そういう地形的なものに惹かれると言うか、そこに思い出が彼女たちの中にあるんだろうと。
それが、どうかわからないけどね。
惹きつけるんでしょうね。

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

龍が如く6、極2と最高に進化を果たした戦闘が……
アクションでなくなったのは残念です……
無駄にコンビニを綺麗にしたり食堂の風通しを良くしたりと内装や建物の一部に影響させられるの楽しかったんですが……
ドラクエと言ってしまうのが惜しかったですね、龍が如く世界にはドラクエではなくアラクエが代わりにパロディとしてあったというのに……
春日一番は桐生さんより所謂痛快時代劇の主人公的でサブクエストに関わったり一般人との交流の面では今後も色々広がりそうですかね
……それにしてもぼちぼちナンバリングが進むたびに顔を見せなくなってた人とか懐かしいギャグ的組長さんとか……6で残念だった過去作の遺産が見え隠れしてるのは良かったですね、章が進めば分かりませんが……
後は秋山さんや大悟や真島さんも出てくれたら完璧ですが

| 毒穴子四太夫 | 2020/01/23 00:39 | URL |

毒穴子四太夫 さんへ

アクション要素は残念ながら、あれですが、今回の戦闘、これはこれで結構、楽しいものになっております。ただ、序盤は選択肢がないので、結構、単調すぎて、そこで飽きる可能性はあるんですが。
手数が増えると普通に楽しい作品になっておりますので、たぶん、自分の中でシナリオは歴代のシリーズの中で一番好きになりましたね。
ドラクエは、もう、製作者が直々に、使わせてほしいと直訴したらしいので、まぁ、それは、もういいかなとは思います。
一番は、そうですね。
桐生さんよりも良い感じの分かりやすさと言うか、そういう感じになっておりまして、個人的に桐生さんにはない魅力がいっぱい詰まってますね。
牙狼で言う鋼牙か、流牙のような、そういう違いだと思います。
6の残念っぷりや、主人公を変えたことで逆にスタッフはやりやすかったんだろうと思いますね。
過去作のキャラも、結構、出てくるのでお勧めですよ。

| 月 | 2020/01/23 23:17 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/8005-a0a8cc80

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT