PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Episode4 & Episode5『 ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーションヒーローズ』


リブットの腕についてる奴って、武器になったんだなーって、今、そういう心境で見ていたりする。
さて、まぁ、エタルガーやら、ルギエルやら、ラスボスクラスが多く出るな―。
エタルガーとか、ゼロの単独の最大の必殺技、普通に耐えていたからな―。ルーブ兄弟二人だけじゃ、そうそう上手く行くようにはできてないのよね。
むろん、リブットが参戦しても……って状態になってるのも、結構、辛いものがあるよね。ってか、リブットブロッカー、あそこまでデカくなるのな。ビームシールドみたいな感じにバリアは展開されるのかと思った。
ってか、ストロングネットとか、本編で使った技を使うの強いね?
んで、1話以降、登場したー
Xとジードは……
ギンガの登場で、何気にXとの共演も意味あるものになってる台詞なのもいいね。
ってか、ギンガの歌が流れたら、あ、もう、「あいつ死ぬわ」になるの面白い。
ついでに、ルーブ兄弟、グランドとウインドだけど、リブットはマレーシアで嵐の意味だそうなので、そういう意味合いもあるそうな。上手いな……


そうだよねぇー。
ジードって言うか、リクからすれば念願かなっての父親の故郷に初めて映像作品で来訪したんだしなー。
世間からは悪とはいえジードの中では偉大な戦士になるかもしれなかった父の故郷と言うのは気になる物なんだろうね。
これに対してタロウがジードを宥めるという部分を見ていて思うのは色々と思うところがあるんだろうなーとは思う。
悪に堕ちたウルトラマンの息子という部分を見て、トレギアを思い出してしまう部分もあるのかもしれない。
スゲー感慨深いシーンよ。

ビクトリー「いっそのこと、レオ兄弟に鍛えてもらった方が良いんじゃないか?」
イサミ「レオって誰だよぉ……」
カツミ「知らないって……」


ここ、明らかにレオ兄弟と共演させたい坂本監督の欲望が見えてる感じだね?
でも久しぶりの兄弟ウルトラマンだし見たい。
イサミの手の形がハートに見えるの、ちょっと悪意を感じてしまうのは気のせいでしょうか?( ・ω)
でも、やっぱり、こうして集まって皆でどうにかする。って言うのは良いよね。
さて、一度は兄弟によって葬られたはずのウルトラダークキラー。
スーパーウルトラダイナマイトを使って倒したはずの存在……
ねぇ、どうやって復活したのかって、まぁ、思い浮かぶのは、あいつしかいないと言うか、そういう人、絶対に多いよねw
こういうことに関して、あいつが絡んでないわけがない。って言うね。ジードの父親であるウルトラマンベリアルとタロウの父親であるウルトラの父って過去に二人は親友同士だからこそ、この二人のやり取りって言うのは実は結構、熱いものがある。
とりあえず劇場版ジードから不遇の扱いを受けているロイヤルメガマスターの扱いはどうにかならんのかね?とか言いつつも難しいよね……
強いからこそ扱いに困るフォームって言うのも、こいつしかおらんやろw

| 特撮感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7918-35b5b6c0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT