PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ウルトラマンタイガ』第16話「我らは一つ」

2019y10m19d_095612320.jpg2019y10m19d_095627754.jpg
トレギアのタイガの触り方が完全にAVのインタビューが終わった後の男優の、ソレ(つ=ω=)つ
とか思ったのは内緒ねー。
いやぁ、内緒ですわよ。
ふと思ったけどヒロユキのキャラが薄い。とは言うけど、確かにキャラは薄いけど、言い換えればヒロユキってどこにでもいそうな人間だからこそ、それがウルトラマンになるから意味があるのかもしれない。ようは、よくいそうな人であるからこそ、その時、自分はどうすればいいのかという、そういう意味で何処か弱くて、それでも正義感がどこかにある悪者にもなれないけど、力もない、言ってしまえば半端者であるからこそ、多くの人に、ある意味では共感を得られるし、ある種、ウルトラマンタイガはタロウの息子である。
それは、東光太朗の後継者であるからこそ、このキャラ付けに物足りなさって言うのがあるのかもしれないと、今、そういうことを思いますね。
割とマジで。
ある意味では、言ってしまえば、そこにあるのは空っぽと言うか、無個性だからこそ、これから、どうすればいいのか、それを染め上げることが出来るということが出来るわけです。
メイン視聴者である子供という名の真っ白さに、ウルトラマンタイガはどうすればいいのか、どう子供を染め上げるべきなのか。それを教えているように思思える。
16話まで見て、やっとヒロユキのキャラクターの造形の意味が解ってきたような、そう言う気がしないでもない。
相棒という感覚もあるんだけど、タイガとヒロユキの関係は友人に近いからこそ、そういうのもあるんじゃ老なーとか、今、何か、色々と考えてたー
2019y10m19d_095703996.jpg2019y10m19d_095738014.jpg
2019y10m19d_095756123.jpg
images (5)

さて、トライストリウム、やっぱりZATの隊員服に似てるよねー。
これがタロウがZATとの間で築いた証の力を息子が受け継いだ証明なのだろう。それこそ、絆という言葉で。

絆と言うのは、言葉にすると確かに薄っぺらいものです。
でも、悪い道に染まりそうな友人を助けるのは、確かに、それは友人との間に生まれた絆を護るためであり、それを救うことは、また自分の心の闇を救うことにもなるということなんでしょうね。
でも絆で救えないものもあるけど、ね。
それでも重視したいという気持ちは分からんでもないし。
「絆」って言葉に薄っぺらさを感じてしまう理由からのトレギアへの共感性って考えると現実の毒にやられ過ぎたことを強く感じる。
でも、そういう部分を大事にしないといけないのも事実ではあるし、改めて、ウルトラマンタイガ の対象年齢に当然だけど自分らは含まれてない、メイン層だけ見てる感じ。
現実の毒に飲み込まれる前に、安っぽさを感じる前に、こういうことは大切なのよ。って教えているような、そういう感じがしますね。
ウルトラマンタイガって言うのは、その物語性の意味を考えると、こう言うことなんだろうなーと。
トレギアは、やっぱり光の国に侵攻する予定があったんだなー。
しかも闇落ちしたタイガを利用して侵攻するとかやることえげつない(=ω=)
絶対にさー、タロウとタイガを戦わせてむごい結果を生んで一人ほくそ笑むトレギアがいたような気がする。
ラストのトレギアはいったい?
トレギアに共感するなんとやら。
ある意味、自分たちのような現実の毒に染まった大人のためのトレギアって部分はありそう。
2019y10m19d_095616648.jpg
メイン層の子供の視聴者からすればトレギアって、ただ悪い奴にしか見えないと思うんだけど、現実の毒に染まった自分達のような存在にはトレギアの言葉が節々に響いてくるのは、何か、心の中に「トレギアがいるのではないか?」と制作陣からメッセージであるような気がする。
トレギアに共感するなんとやら。
ある意味、自分たちのような現実の毒に染まった大人のためのトレギアって部分はありそう。
メイン層の子供の視聴者からすればトレギアって、ただ悪い奴にしか見えないと思うんだけど、現実の毒に染まった自分達のような存在にはトレギアの言葉が節々に響いてくるのは、何か、心の中に「トレギアがいるのではないか?」と制作陣からメッセージであるような気がする。
トレギアの共感に染まり行く中で大切なものを忘れちゃいないかい?
って言う、現実性のあるメッセージを放つトレギアが敵であるというのを考えると、そういう現実の毒に染まり過ぎて忘れてしまう言葉にすれば薄っぺらいけど大切なものって言うのを否定してしまう快楽に染まってはいないか?と。

うるせぇ!
それが現実だ!

って伏すことは簡単だし、その通りではあるんだけど、でも、それを声を荒げて叫ぶ特撮ファンや大人って言うのは凄い過激な方々になっていねーか?と。
誰もが心の中にいるトレギアに負けているのではないか?と制作陣から冷ややかな目で見られてそう。
前作のオーブダークの時もそうだけど、中野脚本って絶対に一作に一回は「こういう大人になっちゃいけない。」って大人を出すじゃん。
言ってしまえば、そういうことなんだろうなーって、そういうことを考える。
トレギアの年齢がタロウと同い年ということで、タイガは子供だし、トレギアが大人って言うのを考えると、そういうことなんだろう。
タロウはかっこいい大人だし、トレギアは現実の毒に侵された悪い大人だし、タイガは現実を知らない子供という構図で考えればーね。
ある種、自分たちはタイガから学べないけど、トレギアを反面教師として学ぶことが出来る。
#ウルトラマンタイガ を学びの場所と考えるのであれば、子供たちのためのタイガであり、大人のためのトレギアって構図が結構、あるような気がするんですよね。

| 特撮感想 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ZAT隊員はタロウの活躍に嫉妬や自分達の戦績を卑下することなく出来る限りタロウを援護する!の言葉通りタロウの援護射撃をしたりたまにタロウも必要ならZATへ手柄を譲ったりと比較的昭和ウルトラマンのなかでは良好なかつ強い絆があったような気がします
流石にウルトラ警備隊は例外ですが
タロウも今も当時の人々との交流に思いを馳せることがあるようで……ちょっと嬉しかったです
タイガの持ってる剣……今回は炎か何かのエネルギーを打ち出すだけでしたが次回の予告を見る限り普通に斬りつけたりもするんですね、そろそろ怪獣の切断が見たい……無理ですが
剣といえば、タイガとファイヤーモンスの殺陣が見たいです
炎の剣の使い手である超獣とウルトラダイナマイトという炎系統の使い手であるウルトラマンの息子との対戦……相性はいいと思うのですが

| 毒穴子四太夫 | 2019/10/22 11:27 | URL |

毒穴子四太夫 さんへ

怪獣の切断は、今や残酷だ―って言われますからねー。見たいんですけどね。個人的にも。とはいえ、ギンガSでゴモラの尻尾を切断したので、それくらいは―とは思ったりもするんですが。
ファイヤーモンスは個人的に好きなんでやってほしいんですけどね。今、炎はCGで何とかなりそうな感じもしますしー。どういう状況なのかとか、そういうのを考えると難しいですよね。
ただ、今回は新規怪獣が多めだったり、ついでに言えば、タイガ、何故か、タッコングが出ることが決まっているそうです。
どうでも良い話、個人的にスチール星人辺りに会いたいですねー。
そんな感じで、ウルトラマンと警備隊の絆ということで、個人的にネクサスのナイトレイダーとかティガのGUTSとか、あそこらへんも好きだったりしますねー。昭和だと、まぁ確かにウルトラ警備隊って結構、強いですしね。MATも結構、好きだったりします。

| 月 | 2019/10/22 14:50 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7914-163fe98c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT