PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『牙狼〈GARO〉−月虹ノ旅人−』

EEPKn1sVAAAl6xZ.jpg
集大成映画は数多くあれど、これほど人を感謝させるものは、そうそうあるまい。……ついでに今回の記事は興奮が抑えきれないので色々と文章が支離滅裂と言うか、もう興奮して早口になるオタクのような状況になっておりますのでご了承ください。

牙狼〈GARO〉‐蒼哭ノ魔竜‐
ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY
仮面ライダーW運命のガイアメモリ
ウルトラマンX きたぞ!我らのウルトラマン


等、感動させるものは多くあったが……

「牙狼〈GARO〉‐月虹ノ旅人‐」

今まで生きてきた中で見たヒーロー映画の中で一番好きな映画に君臨した!2回、見に行っちゃったよ。これ。まさに、冴島鋼牙の物語から始まる牙狼の物語の10年以上続く集大成だよね。
だから、冴島鋼牙から続く冴島の牙狼の歴史を追わないと人からすれば「?」ってなる部分はあるんだけど、それでも、それを覆すほどの最高の熱さがある。
牙狼シリーズを追ってきた人間への最大のご褒美だよ。この映画。
牙狼らしいダークファンタジーの中にある人が人を思う純粋な思いが力になる、そう、これが「牙狼」なんだ!!っていう感じで、もう撃ち抜かれた。
クライマックスの、あの戦闘シーンとか嬉しすぎて涙、ボロボロ流したわ。
そんな感じで、まぁ、ネタバレ全開でやっていくんですが。パンフレットとか基本、買わないけど、それでも、その情景というものが思い浮かぶし、冴島家の絆の深さと、そして、何度も言うけど、牙狼って言うのは人が人を思う「思いの力」が邪気に勝つのだというのを何度も何度も演出することで、牙狼の世界の敵とは、どういうものなのかと言うのもちゃんと描く。だからこそ邪気のある人間に取りつくし、悪逆の限りを尽くす敵、人間の心理を突く敵に対して、それでもホラーが口にすることは方便でしかないというカッコよさを突く魔戒騎士のカッコよさは相変わらず健在です。
また同じ集大成でありつつアベンジャーズエンドゲームとの決定的な違いって、「これからどうなるの!?」ってワクワク感が、あの予告の列車のシーンから既にあるということ、そこにはふんだんに銀河鉄道のオマージュが込められているからこそ「まさか、あの世で戦うのか!?」とかなったり、そこで行われる圧倒的な力を持つ騎士から告げられる真実。
実は、列車の中は雷牙の魂があの世に行くためのものであり、現実の世界ではないという、肉体は鎧の中に閉じ込められているという「そうだったん!?」って言う驚きですよね。
だって、そうなるとは思わないもんね。
今までは、牙狼の世界は映し出される舞台こそが幻想的であれ現実であったからこそ。とはいえ、列車の世界も現実ではあるんだけど、魂の向かう幽世の世界だったという、そこで雷牙を助けるために、今回、冴島鋼牙と冴島大河がメインキービジュアルの位置にいる意味があります。
そこに意味があるんです。
そして、また今回の最大の敵が冴島家の因縁となったバラゴの復活ですよ。
後、凄いことにさ。露骨に映像で過去リスペクトをしてるんだぜ!ってのをやらないそういうのはキーワードでキャラクターたちに言わせることで、牙狼の世界の絆を強く感じさせる。仮面ライダージオウやアベンジャーズだと、そう言うのいやらしいと思うくらいくらいやってたじゃない。
でも、牙狼は、それをやらないんだよ。
そして過去のキーワードを口にするとき、そこには確かな意味がある。そこには、当然、蒼哭ノ魔竜や、外伝作品をも網羅しているという豪華作品でもある。やる時は、本当に大事な時にやるし、牙狼シリーズを最初から追ってきたファンが見たかったものの予想斜め上を超えてくる手法なんですよ。そして彼等を作り上げてきた、最強の黄金騎士にしてきた者たちの脳裏に過ぎる演出のカッコよさとヤバさ!!
冴島牙狼シリーズのパチンコで出てきた、あの設定とか、そういう部分まで拾ってくる、まさに冴島牙狼の集大成ではあるんだけど、それと同時に、まだまだ、未来を描くというスタイルに、「あ、まだ雨宮監督は牙狼を作り続けるんだな!」っていきごみを強く感じました。
そして、今回、冴島大河が孫である雷牙を助けるために色々と活躍するところも、また素敵なところ。
また、冴島鋼牙が今回は戻ってきます。
そして鋼牙が戻ってくるということ、その意味として、今回の全ての事件の元凶であり物語の中で暗躍する白孔が全てのカギを握っているのです。
三人で鎧を使い分けて最大の敵である……白孔、いや、バラゴが復活するのです。
「やっぱり、京本政樹はバラゴだったかぁぁぁぁぁぁx!!!!!!!」と思わず心の中で大声を上げましたよ。
バラゴは永遠の眠りについたのかと思いきや、黄金騎士への憎しみは浄化しきれず(あ、この時点で小説版とは完全にパラレルですね(・ω・))雷牙の産声を上げると同時に復活し、多くの人に乗り移りながら、黄金騎士の系譜を消すためにずっと雷牙が生まれた時から暗躍していたとのこと。ということは、エイリスの復活を唆したのも……とか、色んな解釈が出来るのが楽しい。そして、今度は黄金騎士の家系を全て作り出すために英霊の塔を乗っ取り、その力を利用して現実世界の時を止めようとするわでやっばいのよ。
メシアに食われてきた分、騙されてきた分、こいつ、今まで以上に暴れまわりますよ。
1036175969lk89l6grexx6.jpg
暗黒騎士呀の鎧に、まさかのパンチコに出てきた最強の鷹皇騎士・騎士王牙の鎧を召喚させて合体させるという、「お前、マジか?!」と。そこまでして鎧を纏っていないとはいえ三人の黄金騎士を追い詰めるヤバさね?!とはいえ、バラゴは鎧を纏っていなくても三人の黄金騎士を圧倒する描写が凄いヤバいし、京本政樹の切れのrアクションの凄さよ!あんた!そこで、今回のバラゴの暗躍加減と戦術と、しかも牙狼の鎧は邪気のせいで召喚するには難しい状況になってますしね。
でも、この状況を追い返すのが、もう牙狼らしさ、想いの力ですよ。マユリの雷牙を思う心が鎧の召還を可能にする、牙狼らしさ。
さて、そんなバラゴの宿敵とも言える鋼牙がなかなか帰ってこれない理由、バラゴを倒した後に、サイド、旅立つ理由と言うのは、また何とも言えない理由があるのです。魔戒ノ花で明かされなかった真実、それはMAKAISENKIで登場したガジャリが再登場するのです。カオルの居場所を教えてもらう為に再度、契約したがために……ガジャリといえば「願いと引き換えに結ばれる契約」ですね。それを果たすために旅立つ。それが、この物語の、いや魔戒ノ花の真相だったり。
そして、さらなる真実として、それは雷牙がどうしてもガジャリと契約しなければならないことがあって、それで、ガジャリを利用するのですが、実は鋼牙がガジャリと契約した内容、それは英霊の塔で見た息子の未来の契約を自分が果たすのです。未来の黄金騎士になった息子は、この世界の守りし者として止まらせるために。
なぁ、何て言うか、冴島家って言うのは雨宮監督の描く理想の親子象そのものなんでしょうね。何故、魔戒騎士が生まれたのか、何故、冴島家の騎士が強いのか、そこは、やはり蒼哭ノ魔竜で語られた、人の思いによる力、今回は、想いの力が雷牙たちを助け、その力の象徴である牙狼の鎧が絶対的な勝利のキーワードなのです。
物語の現況であったバラゴを倒した後、大河は、その自分たちを作り上げたものを忘れるなと口にして、去り、そして真実を知った雷牙は両親を迎えに行くために旅立つって言うのが良いね。

見所1「雷牙の心の葛藤」
やはり、最初は心滅を克服して最強と認めてもいい雷牙の心の葛藤でしょう。中々、帰ってこない両親に対して自分は捨てられたのではないか?その言葉に惑わされます。
さらにマユリすらも利用されるわで、
雷牙は、バラゴこと白孔の言葉に惑わされて、一時的に父である鋼牙を信じられなくなります。しかし、その心の葛藤を乗り越えることによって何度も白孔の言葉、マユリの姿を借りた言葉に翻弄されますが、その時、雷牙の中にある鋼牙に対する思いが「俺の中の邪心は、父の言葉を信じられなかった己の心の弱さ!」(確か、大まかに言えば、こういう感じだった筈( ・ω))の言葉と共に試練を断ち切ります。
そして、ここから成長した雷牙に襲い掛かる真実!
こっからが本当にどんでん返しですよ。
ある意味では、ここの物語は、本当に雷牙の心の物語でもあったのだということの証明ですよ。そして邪悪な相手の仕掛けた罠でありつつも己の心の試練を乗り越えて、現実世界に戻るために助けたのが、鋼牙であり……バデルと名を変えた鋼牙の父であり、雷牙の祖父である大河だったと!
この親子三代の黄金騎士の物語、息子である雷牙を現実に返すために活躍する二人の黄金騎士のカッコよさはやばいですよ。

見所2・サブキャラたちの活躍
黄金騎士だけではない!当然ながら、今回は従来の劇場版と違ってレギュラーも登場する映画ですので、マユリもクロウも登場します。クロウは毒島エイジから授かったすべての力をぶつけ、雷牙たちを助けるための突破口を開くシーンがかっこいいし、魔戒ノ花で力を失ったマユリは、これからどうすればいいのか、雷牙の母であるカオルは絵を描くことで鋼牙と常にともにあり、彼の救いとしていました。
だからこそ、マユリは、それに伴って花を育てることにするという。何か、興味があることがそれだったのだろうと。小さくも力強く生きる花という存在を作ると。
そして、その花が逆転の芽となる展開は王道だけど、それこそが牙狼なんだというのを思わせる。
人の時間を止めるバラゴに対して逃げのびた先の英霊の塔にマユリを助けた将来の自分の息子であり、雷牙の母、カオルの幻影が、まだ見たこともない義娘であるマユリを導くシーンは個人的に、やっぱり、ベタなんですよ!?
解ってるんですよ!
でも、こういうのに弱い。
それが、雷牙たちを助けることになるのは王道だけど、やっぱり牙狼って作品の積み上げが感動にしているんだなーと改めて見直すと思うよね。

見所3 三人の黄金騎士!
やはり、冴島家の黄金騎士、全員が集合したことです!薄墨桜のドラマCDでは黄金騎士三人が実は全員、集まっているのですが、ここでは実写で映像で、それをやってくれているということ!
それだけで意義がある。
あの冴島大河が此処までかっこよく映り、活躍するシーンを見せてくれるとは思わなかったもん。牙狼の鎧を纏って力強さでゴリ押しして王牙と合体した呀を圧倒するシーンは最高にあっこ良いし、鋼牙鋼牙で、相変わらずのクールで熱さを持ったけど、そこに父性を得たことで、余計にかっこよくなってる。
雷牙が憧れる父親としての鋼牙が最高にかっこいいんです。
そんな三人が鎧を纏いながら戦う姿、そこに恒例の強化形態がない、まさに三人の黄金騎士の絆、そして彼等を強くした者たちがバックに浮かび、それらのお思いを背負って、彼等は黄金騎士牙狼であるというスタイルが非常にかっこいい。そして、ここは蒼哭ノ魔竜のメッセージを、再度、ここに出すことで孤独であるバラゴとは違う、黄金騎士たちの強さの秘密と言うのが描かれるのが最高に好きなんです。この映画は3回ほど泣いたんだけど、このシーンでボロボロ泣いた。
だから、普通の物語だとさ。
牙狼の鎧を三つ出して―ってことをするんだけど、牙狼の鎧はオンリーワンであるということ、そのカッコよさを見事に表しているようで、凄い好きですね。
オンリーワンでありつつも黄金騎士のカッコよさを損なうことのない圧倒的なシーンは本当に素敵ですよ。親子三代が力を合わせて見事なコンビネーションでバラゴと戦うシーンとか、マジで胸熱だし心を動かす。

見所4・月虹ノ旅人の意味
そこで、今回のサブタイトルである月虹ノ旅人の伝説は、それは絶対に旅立ったものが帰ってくる話であり、母であるカオルの絵から、それを見てふと思い出す。それは、伝承を聞いたカオルがイラストにし、そのイラストの伝承を雷牙に伝えるという、また、ここで親子の物語なんですよね。
その言葉は伝説なのかもしれないけど、雷牙が、この伝承を思い出して己の試練から乗り越える。って序盤の列車の中での戦闘シーンの話なんですけどね。
これ、てっきり母か、誰かから教えてもらったのではなく、実は鋼牙から教えてもらった者であると。
鋼牙のことを改めて信じられるようになってから、この伝承を思い出すというのが、ね。
そして、未来を見たことで、今度は自分が鋼牙たちを共に黄金騎士の未来を見たマユリと一緒に迎えに行って自分と一緒に旅立ち、「月虹ノ旅人」になるという処で終わる。
これ、何気にね。
盟友であり、師匠でもある絶狼こと零と同じ道を進んでいるのが、また興味深いところ。
実は、今回、別役で零を演じた、あの方も出ていたりと、この結末、何気に、あ、そういうことか。と思わせたのは、やっぱり、監督なんだよね。
そこが、凄い好きだったなー。

最後に
そして、エンディング局に入る時の楽曲が「雷牙‐Tusk of thunder‐」なんだけど、今回は「雷牙‐月虹ノ旅人‐」として今回はアレンジバージョンが流されるんだけど、それが、また。
冴島家、黄金騎士たちの歴史を唄う曲でもあるという。
此処で、また泣いた。
泣かされてしまった!
って言う、そういう流れですよw
おぉぉぉぉぉ!
って、隣にいたおじさんも泣いてたからねw
涙腺が弱くなったのか、どうなのかは知らないけどw
まさか、こんなに泣くとは思わなかったですよ。冴島牙狼の歴史を唄ったものですから。
そういう感情を踏みして、二回目を見たけど……
やっぱり泣いたw

いやぁ、面白かったですよ。
牙狼の歴史を追い続けてきた人には是非とも見てほしい!
おススメです。

| 特撮感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7903-c1822eba

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT