PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アイカツフレンズ 最終回「誓って殺しはやってません( ・ω)」


*注意「今回の記事はアイカツフレンズと謳っておきながら、7割ほどは、全くアイカツフレンズと関係がありません。」けど、一応、最終回の記事です(・ω・)

本来の記事は、追記の方に書いておりますので、どうしても読みたい方は、そちらをご覧ください。

この警告文を読んでおきながら追記を読んだ人は罵倒コメントをしないでください(・ω・)


いやさ。
神田川ジェットガールズ、面白かったっすねー……
金子ひらく監督ゆえの、クールなレズビアンと天然のレズビアンで、さらに巨乳同士という、この組み合わせは、やはりヴァルキリードライヴシリーズや、閃乱カグラを思い起こさせるものがありますね。
いやぁ、もう、今期は、もう神田川ジェットガールズが百合として映えるような、そう言う気がします。今回はバトルで、しかもゲームも出るということでね。
ソシャゲじゃなくて、コンシューマゲームであるという点を非常に評価したい。しかも、田所あずささんが、アイカツフレンズと違ったタイプのお嬢様を演じて、しかも主従百合って言うのは強いですね。
そこも、やっぱり、金子ひらく監督だなーと思いました。
やはり、スタァライトも、そう言うの欲しいね。
何と言うか、ああいう子たちが、こうして障害を仲間として乗り越えることによって、絆を紡ぎ合い、そして、あの感動的な舞台を生み出すというスタイルは、やっぱり、こう得るものがありますね。
金子監督のカグラもそうだけど、ヴァルキリードライヴなんてのは、それがもろに出ているのが良いですね。
AKB0048って言う百合アニメが昔あったんですが、これも、そういう部分を感じてしまいます。
やっぱり、この手のアニメ、それが約束されているのが良いね。
ああいう隔絶された世界の中で行われるからこそ、輝く少女達の煌きと言うのは美しさに満たされているのです。
あぁ、懐かしき栄光の時代だったAKB48よ……
いや、もう、今のAKBの売り方、もうデリヘルですよ。デリヘル。ああいうことをされると、自分の好きだったAKBが、どんどん安っぽくなってくるし醜いものに見えるから嫌だわ。
いや、0048時代も、まだ言われていたけど、まだ、あの頃は気品があったんですよ。でも、今、もう、このざまだからね。
まぁ、そういう感じで、あの、ですね。
さて、本編、行こうか。
以下の文章は、読んでいると気分を害することがあるかどうかは、知らない。( ・ω)
とりあえず、ですね。
隠しておきました。

誓って殺しはやってません!(・ω・#)


唐突過ぎない?展開が……伏線とかなかったし……

とりあえず、ひびきさんが包丁とまな板を用意して針生さんにアリシアさんが「お前、カタギに手ぇ、かけんのか?」って口にしたり、それに対してひびきさんが「あんたの好きなケジメです。男、見せてください。」って言うシーンは非常に感動するものがありましたね( ・ω)
何と言うか、ここまでやらなければいけないという決意の証明であるという、そうアイカツ会はヤクザであり、東城会や近江連合と双璧を為す組織だっていたのだという、そういう衝撃的な結末があったのだという。アイカツとは、常に世の悪のヤクザを正し、不正を見せればケジメと称して指を詰めるという、そういうシステムがあるそうです。
知らんけど(・ω・)
今回のアイカツフレンズの内容ですか?
マトモに見てないよ?( ・ω)
なんかね。
同時に、あの、PS4で龍が如く0をやってた( ・ω)なんか、もう、最近ですね、ノンケアニメに対する免疫がかなり落ちてまして。今、こんど、詳しく書くんですけどyoutubeのシスタープリンセスを小学生以来か、それくらいに見直したら、まぁぁぁぁぁ、気持ち悪いwwwwまぁ、耐えられないwwwww
面白いくらいに、耐えられなくてですね。
そういう感じで、まぁ、今回の最終回、お世話になったからこそ笑顔でって言うのは分からんでもないけど、百合で始まったんだから、百合で終われよ。って位の心境で、龍が如く0の音量を上げながら最終回、これかよ。って感じで見てたwそれが、ちょうど、ケジメのシーンでした。って、まぁ、笑えねーけど。
みたいな、そういう失望感も正直、ある。
好き合うもの同士、それは自由だとは思うけど、唐突過ぎんだろ!!って話ですよ。
昔は、皮肉を言い合うだけの関係だったのにさ。
先週で終わりにしておけばよかったんだよ……こうしておくなら(  ・)
百合どうのこうの抜きにですよ。
ここ、だいじね?
いや、何か、この多様性の世の中で御時世で男女の結婚が、あの手のかっこいい女性として生きてきた女のラストってどうなのよ。そういう意味での違和感もあるのよ。
やがて君になるの中原麻衣は、女とセックスして同棲してる関係だし、余計に(・ω・)
なんか時代が逆行しているというか、たまきさん、そういう伏線とかなかったから、余計にね。スタッフは、初代アイカツの学園長を見習いなさいよ(  )
誓って殺しはやってません(・ω・)

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2019/09/29 07:27 | |

Re: タイトルなし

二人の関係が描かれたのも、先月あたりから唐突ですからね。「え?」って思わずにはいられないなんとやらでしたよ。本当に最終回なら、アイドルたちのその後とか、そっちの方が良いんですよね。
アイドルたちが一番世話になった人へのお返し―って言う構図はわからんでもないですけど、それでも、何かなーっていう感じにはなります。
なんか、無理やり、あそこに結びつけるために無理やりノンケにさせられたような、そういう部分がどうにも引っかかってしまうような感じがします。
新シリーズは、どうなりますかねー。まぁ、余計にサブキャラに時間を割いている暇はないので主役の子がどうなるかで決まるような気もします。
コードヴェイン、主人公の性別が選べるんですね。
バンナム制作なんで不安のほうが強いので、良ければ終わったら感想を教えてくれたら嬉しいです。

| 月 | 2019/09/29 12:00 | URL |

誓いの場所

どうして最終回がこんな事に…
私自身、思い当たる節がかなりあるのでノンケ・ヘテロに対する免疫が落ちるというのはよく判ります。
昔なら普通に視聴できていた作品が最早目を覆いたくなるモノになってしまっている、という。
逆に、若かった頃はまさか自分がここまでレズビアニズムに傾倒する事になるとは思わなかったなあ。

ステージ袖でのラストシーンは凄く良かったと思います。
後は、まあ、オンパレードの方に気持ちを切り替えるという事で。

| kwai | 2019/09/29 12:12 | URL |

kwai さんへ

なんか、免疫って堕ちますよね( ・ω)
何故だか、それは……まぁ、あの、色々とあります。前に、何かのアニメで男を誘惑する為に際どい水着を着てやたら胸を揺らすアニメを気持ち悪いとか思っちゃったんですよねー。なんだ、このー、なんか、男の道具になり下がった女は……と言う、そういう感じがですね。
そういう感じで、アイカツフレンズ、なんで、ああいう風に……って感じになっちゃいましたねー
なんかなーって言う、もう、この何と言えない感じがですねw
あぁ、辛い。

| 月 | 2019/09/29 19:28 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7893-ddbc759d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT