PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

頭脳は子供、身体は大人になると結構、ヤバい。


そんな感じで、「シャザム」って映画なんですけどね。なんか、DCコミックのヒーローが集まる、まぁ、その手の前に話したジャスティスリーグの世界のお話だそうですよ。
タイトルの通り、子供が、そのまま大人に変身してヒーローになるという、そういう話ですね。
2016y08m29d_162518347.jpg
JAPANで言えば、あの、五星戦隊ダイレンジャーのキバレンジャーとか思い浮かべていただければわかることでございましょう。


ってことで、あらすじ

ビリー・バットソンは都会でたくましく生きる14歳の少年。ビリーは魔法の言葉を叫ぶと、大人の体のスーパーヒーロー、シャザム!に変身できる。そんな力に目覚めた彼に、挑戦状を叩きつけてきたのが邪悪なドクター・シヴァナだった。



まぁ、そんな感じで、最初に抱いた感想が……
菅田将暉、吹替下手ってわけではないけど……ヤバいレベルで、俳優の声と合ってないよね。ちゃんとしたプロの声優さんを使っているのは高評価だし問題はない。
と、そんな感じでを見てる。
何と言うか、問題は主人公のシャザムが大きくなってからの声って感じでね。この俳優の顔の声なら、大塚芳忠さんやろ。吹替に、なんでも話題の俳優さんを使うのは如何なものかと。ってか、菅田将暉も、それっぽい感じの俳優さんを使っていたら、違和感は無いよね。東映でアテレコとかやって多分、美味いんだけどさ。合ってないんだよね。
吹替が最悪って言われる理由は、そこにあると思うのです。
いや、だって唇が動いた後に日本語が飛び出す。ってなんだよw
そういう意味では、吹替は下手ではあるといえば、そうなんだけど。
演技方面は上手い。
でも吹替技術はクッソ下手。
そして合ってない。って言う問題ね。

さて、まぁ、全体的に。
アメリカのイジメって陰湿すぎんだろ。
いや、もう、これが強かったw
どんだけ、アメリカ人って醜い苛めが好きなんだよ。日本だったら、放送禁止レベルだわ。ってレベルだし。
とりあえず、外見が年相応の子供だからこそ力で遊んでしまうなんとやらッていう、まさに、キバレンジャーそのものなんだけどさ。それによって調子に乗るガキとガキのなんとやら。まぁ、子供だから、そうなるよね。ってお話で。
だから、そこは言うまでも無く五星戦隊ダイレンジャーのキバレンジャーの一連のお話ですよ。いなくなった母親の話とかさ、大人に対して色々と思うような、そういう部分とかさ。やってることなすこと、色々とキバレンジャーだよ。これ。だから、そういう意味で、凄い新鮮さが自分の中に無かった。本作の売りである部分が、個人的には、もうダイレンジャーの話が最初に来て、色々と笑わずにはいられなかった。まぁ、乾いた笑いというかね、そういうスタイルですけどね。ただ、ビリーの母親の結末は、まぁ、辛いわな。って思う部分があるけどさ。
この映画の内容、ほぼ五星戦隊ダイレンジャーのキバレンジャーの一連のくだりやん。
なんか、スゲー新鮮味を感じない。
これを新鮮だと思う日本人は、どれだけ日本の特撮作品に興味が無いか良く分かる。
もうちょい自国の生み出したヒーローに誇りをお持ちよ。
ついでに言えば、バロム1とかトッキュウジャーとかあるけどね。

問題1
そして一応、明かされることになる、ビリーの母親の境遇に対しては金とかない人間が子供を産むなよ。
ってか、母親が子供を捨てる理由が半ネグレクトにもほどがあるし、ドン引きだわ。
日本のツィートでさ。
この前、「貧乏人が子供を産むな」ってツィートがあったけど、まさに、その通りだよ。これ。

問題2
更に、もう一つの問題は敵の場合は、頭脳は大人で体も大人なんだけど、問題は心は子供のままで大人になってしまったという、敵になってしまった理由も、また、そこには昨今、話題の教育虐待的な、そういう境遇的な部分を見受けられるから、結構、同情した。帝王学とか、そういうの?そういうのを子供に覚えさせようとして色々とやると人間って壊れるよ。そういう一連の何て言うかさ、良くないよね。
結局、子供の人格を否定して自分の思想を押し付けることに対する危険性と言うのを、この敵を通して描いているような気がします。

問題3
んで、三つ目の問題としてはさ。
それで片付けて良いの?って気分になる。折角の主人公であるビリーと、敵のハゲのおっさん(名前忘れた)の二人は良い感じに対比出来るような関係だったのに、それが出来てないのは、ちょっと見ていて辛いものがあったぞ。そういう要素があるのに惜しいというか、何と言うか、スゲー勿体ない締め方やね。

最終的にさ。
問題として敵との戦いと、それをめぐるドラマが、そんな面白くない。前半は面白かったのに、問題は中盤以降の親友との仲たがいからのドラマが普通にグダってるし、面白くもないし、ありがちな流れになって、良くあるアメコミ映画の流れって言うか、そういう展開。とりあえず映像で誤魔化せるだろ。って部分も感じてしまった。
いや、前半は、それなりに楽しめ多分、後半がアメコミのお約束みたいな感じで終わってしまったの、ちょっと辛いかなー。これ。

とりあえず、ラスト、顔だしNGでスーパーマン出てきた(つ=ω=)つ
……顔だしNGって、あなた。
噂だと、何か、このスーパーマンの俳優が下りるとか、どうとか、そういう話の問題があるとかどうとかで、この世界のスーパーマンは出せなかったらしいっすよ。まぁ、あくまでも仮説ですけどね?
……大丈夫?このシリーズは。
ついでに、後半に行くにつれ、文章が少なくなってるけど……
やる気が消えた(・ω・)

| 特撮感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7891-b224da81

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT