PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

期間限定でGYAO!さんにて「Re:ステージ! ドリームデイズ♪」の第1話〜最新話が無料でご覧頂けます



2019y09m08d_180516487_20190923182732d34.jpg2019y09m22d_171637230.jpg
 「分かるか、俗物。私はそれほど傲慢ではないよ。だから、私の恨みと怒りと悲しみを高尾校の生徒にぶつけさせてもらう!

 舞菜がステラマリスだったらという悔しみ、舞菜がKiRaReの女に寝取られた悔しみ……。こ……この姉の悔しみを、誰が分かってくれるか!」


敢えて問うなら答えもしよう

望む事はささやかなりし

この腕にかき抱けるだけの夢でいい、この胸に収まるだけの真実でいい

例えて言うなら、その名は舞菜

舞菜こそ我が命、舞菜こそ我が宿命

Reステージ ドリームステージ

『触れることの出来ぬ妹』

あぁ、まさにその名の如くに


舞菜の成長を喜ぶと同時にと同じステージに立てても、それはステラマリスのメンバーとしてではなく自分のライバルとしてという悔しさと哀しみ。
ここで碧音は舞菜が出ていくとき、自分が高尾校の人間のように舞菜を導いていればという大きな後悔が肉体を蝕む、あの顔。沙由のやることなすこと、その全てが碧音がすべきことだったという沙由の存在が面白いくらいに碧音への皮肉、アンチテーゼになっているという、この辛さ。
沙由のように舞菜を導いていれば自分の傍に絶対にいたと後悔している10話で見せた碧音の女の顔が見ていて、たまらぬものがありますね。いや、マジで。
舞菜って、もう碧音のことを自分に優しくしてくれる姉としか見てなさそうなのが個人的に辛いんだけど、昨日の話を見て思ったのが、舞菜が沙由に対して献身的になる部分って、碧音が舞菜に向ける感情と変わらないということに気づく。
沙由が傷ついてる時に誰よりも早く舞菜が動くし血を感じる。
舞菜にとって沙由は諦めていたアイドルの世界に再び自分を導いてくれた人だし、舞菜にとっては、それだけで献身的になるには十分な人間なんだよねー。
自分のトラウマを乗り越える時に、常に寄り添ってくれていた人が沙由だから、舞菜が執着しないわけがない。
碧音の妹だからこそ余計に。
碧音がすべきことは、全て、沙由がしてしまったという現実が見ていて辛いものがあるね。そう考えれば考えるほど、いや、マジで。

さて、そんな感じで。
Re:ステージ!ドリームデイズ♪
一話から最新話まで全話、GYAOで公開中です。
改めて一気に見直すと良いかもしれません。
そうすると、また、何か新しい発見があるかもしれませんね。
いや、マジで。

| 百合有り日記 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

次回最終回か…

勝ち目のない戦いに際して、ルールの抜け道一点突破に可能性を賭ける姿がアツいなあと感じました。
5話の「例のシーン」を顧みると、よくここまで王道アイドルソングに軌道修正出来たものだと感心させられます。
その一方で、お姉ちゃんの視点から物語を見てしまうと仰る通り切ないものもありますね。

以下、余談です。
友人がデレステにドハマりしている影響からか、私も新人アイドルの3名(あきら✕あかり✕りあむ)が最近ちょっと気になる存在になってます。まあ、私そもそもスマホ持ってないので同人やニコ動の二次創作を楽しむ位ですが。

アイカツフレンズの最終回は公式の予告の文面を見て、そこ拾うんですかー!?ってなりました…
これも大人の事情の一つかも知れない。そう信じたい。

| kwai | 2019/09/25 23:50 | URL |

kwai さんへ

KiRaReの物語の終着点として、そろそろ終わりに向かうんだなーと思うと、色々とあれですよね。ここですべてを一転に賭ける、そういうところは嫌いではないです。
沙由のすべきことは、全て、碧音がしなければならなかった部分と言うのは色々と、見直していると辛いものがありますわね。

そういや、私もスマホ、持ってないんですよねー。殆ど、パソコンでやっていたり……デレステの新規アイドルは、まだ触れてないんですよねー。もう、しゅうさえとかで夢中になってるから良いやーって感じでw

アイカツフレンズ、それ、やる!?ってなりますよねー。まぁ、大人の事情になると、こっちの大人のメイン層なんて知ったこっちゃねーのが、世の常ですが。
ライダー然り、スーパー戦隊シリーズ然りと……しかし、なぁ、ないなー。たまきさんって百合要素無しにしても結婚が人生の幸せ的な、そういうのを求めるタイプではないとは思うんですよね。何か、それが凄い違和感と言うか、何と言うか。あそこまでかっこいい女性を描いておきながら、結局、そこかよ。みたいな。

| 月 | 2019/09/26 00:40 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7890-db01021c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT