PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Reステージ「来週最終回だし、テトラルキアは、ちゃんと練習しとけ?な?」

2019y09m08d_180516487.jpg
キラリでは、ステラマリスに勝てない(・ω・)
ステラマリスに勝てない確率は0……そんな現実、それ以降の世界に絶望する沙由に対して笑顔で現れる舞菜って言うのは、やっぱり、この舞菜にとって、沙由が自分をReしてくれた、始まりの人でもあるというのは言うまでも無いのが、沙由のためなら、何でもしたいというのは、この舞菜の献身的な精神そのものは、それが彼女の本心と言うか、本当の心なんだろうね。
だから、沙由が傷つくと何かせずにはいられないという、そういうスタイル。
そういう中で生まれる感情を歌詞にしたら・……
見事にNGを出されたという・・…駄ポエムって言われるの結構、あれよね。
傷つきそうな感じよね(・ω・)
しかし、それでも、そこに活路を見出したからこそ、彼女たちは、沙由の歌から作るべきもんのをやるという、そのスタイル、ステラマリスに対する対抗意識の表れって言うのは見てていいね。
そこに、オルタンシアも絡んでくるのも非常に面白い。
あの二人だから見えてくるもの、始まりの二人同士の絡みだし。
良いよね。
こういう始まりの二人の切欠がさ。
変わり始めるって感じで。
この二人が中心になって、キラリをガラッと動かすのが良いんですよね。
このガラッと動かす感じが非常にたまらないのです。
アイカツフレンズで言う、あいねとみおの二人のようなスタイルだよね。
そして出来上がった二人は、過去の自分たちを受け入れ、そして成長していくスタイルの歌詞。これが、どうなっていくのやら、ステラマリスに勝てるのか。

碧音は舞菜を迎え入れるためのステラマリスを頂点にするという思想。

そして、皆で受け入れ乗り越えるという舞菜のキラリの思想。

どちらが勝つのやら。

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7888-a355b4f0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT