PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ウルトラマンタイガ』第12話「それでも宇宙は夢を見る」

2019y09m21d_094918723.jpg2019y09m21d_094930407.jpg
2019y09m21d_095150189.jpg2019y09m21d_095730407.jpg
復活したギマイラが中ボスとか、何か、オリジナル怪獣が中ボスを勤めていた分、この人事には、正直、驚いていたりする。個人的に、ここにナイトファングを持ってきた方が良かったとは思うんですが。
さて、パゴスは実はギマイラを怖がって出てきただけと言う……なんともまぁ、ギマイラ、ねぇ。
あいつ、ウルトラマン80でも、結構、ヤバい状態だったというか、そういう感じだしね。
どうでも良い話、あのギマイラ、生物を怪獣化させる光線を出して、怪獣化させられた生物は元に戻ることは不可能で元に戻るときは死ぬときだけ。
って結構、ヤバい能力を持っていたりする。
まぁ、今の放送倫理上、それが出来るかどうかは分からんけど。
さて、まぁ、夢を失うと……
その惑星の人間は怠惰になり、滅びに向かってしまうそうな。静かな眠りってやつですね。
とはいえオリジナルのギマイラは、作中無敗のウルトラマン80すらも終始圧倒しているくらいにはギマイラは強豪怪獣だし、ついでに言えば、ウルトラマン80を追い込んでいながらも不完全とか言うふざけた設定なんだから、下手な怪獣よりも強いよね( ・ω)
さて、マリアは生命エネルギーを謎の生命体に食いつくされた惑星サラサの出身だそうです。
なんか、これ伏線になりそうな予感がする。
さて、まぁ、タイガの世界における魔法って言うのは諸刃の剣……使い続ければ光の魔術、それは黒魔術の象徴。ウルトラマンは、その宇宙を護る象徴の力は魔法と同格であり、そして、トレギアの言う、何を信じるかによって、それは黒魔術に変わるというのは、タイガもトレギアのようになる。ということなんだろうね。
怪獣リングのことを言っているんだろうなー。さてさて、これが、最終的に何を持つのか、その終焉、このまま順調にいけばトレギアの夢は完遂されるらしい。果たして、その夢とは?
怪獣リングを使わせまくって、トレギアは何がしたいのだろうか?って言うのは、解りし、そういうことは思ったりするんですが、そこが明かされることは……
まだ、当分、先になりそう。
2019y09m21d_095314256.jpg2019y09m21d_095238401.jpg
さて、まぁ、後半は圧倒的なカッコよさでしたね。
いや、でも、やっぱり、フォトナース、牙狼感があってかっこいいけどさ。
もうちょい、ウルトラマンタイガの素体を大事にしてほしいというかねw
素体で言えば、まだ、タイガの本来の力で倒したのは一体だけだしね。他のウルトラマンや強化形態の噛ませになるのは、ちょっと見ていて辛いものがあったりする。
うぅん……
もうちょいね。
2019y09m21d_095347110.jpg2019y09m21d_095410045.jpg
さて、まぁ、今回はファンタジックなお話でございました。
何気に、彼女も魔法使い故に色々と苦労があったようで。
夢を見ること、それを失われると……って言う、この何とも言えない感じで、まぁ、無気力になるって言うのはわからんでもない気がする。好きなものがあるからこそ、その先にあることを夢に見るからこそ人は生きていけると……ようは、あれだね。オデッサのような、闘争心を失い、無理やり生かされるような、生ける屍のようなスタイルですね。
そうなってしまうのか。
現実に。
無気力が人を殺し、世界を滅ぼす。って、何か、手塚治虫の作品にあったような気がするわ。魔法を使えても消せない悲劇って思いな。
だからこそ、彼女は、この自分も住んでる地球が、こうなるのは許せないというか、何とかしたい。って部分があったんだろうね。
良いよねー。例え、それが自分を恐れるような存在のいる人間が多くいる世界であったとしても。
そんな感じでね、ウルトラらしいファンタジーと言うか、そういう流れでしたね。
所謂、そういう人たちに対する受け答え、何て言うか、あぁ、多様性ってやつを描く話なのかも。
今日は、そういうファンタジーらしい流れと同時に、ウルトラマンらしさも両立させる面白い話だった。
ただ、素のタイガの噛ませっぷりは、本当に、それだけはどうにかしてくれ……
後、思うことはですね。
ウルトラマンに変身不可能という状況の中で、何か、意外とあっさり変身出来たな―って部分を感じる。割と、危機感を感じなかったよね。もうちょい、マリアとヒロユキ、タイガの物語を深く描いても良いのではないかね?って言うのにもなった。折角、ある種の似た者同士なんだからなー。
それこそ、前回のナックル星人とヒロユキの関係のようにちゃんと―ってのもありだと思うのよ。
ヒロユキを誰に焦点を当てるか―って言うのは、結構、大事。当てていたとは思うんだけど、物語を動かすことに必死になって、全体的に大味になってしまった印象があるね。
いや、面白い話ではあるんだけど。
ナイトファングの話も、そうだったなーと。
そういや、ウルトラマンと魔法使いって言えば、コメットさんってのがあったよね。クロスオーバーしてて、何気にウルトラマンタロウとコメットさんが恋人同士みたいな、そういう設定だった気がする。ちょいとしか見てないから、あれなんだけど。
……あれ?まさか、タイガの母親って……


そういや、面倒くさい条件のギマイラだけど、なんで、あいつを買ったんや?ゼラン星人……

| 特撮感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7886-6c7c18a8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT