PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

仮面ライダーゼロワン EP.3「なんやかんやで人の心持次第」


寿司職人に足りないモノ―何て言われても、もう、そこ行くと精神論に近いものになるのでは?(つ=ω=)つそりゃ、まぁ、古き良き職人からすれば、それは気に入らないものだろうなー。
プログラムすれば何でもできるというのは、それこそ、今までの自分の修行を否定されるものだったりとかするしなー。翔太の寿司とか、人間とか、そう言うのは、何か、変に伝統に拘る日本に悪い癖ではある。
堀江貴文が寿司修行の格言的な「飯炊き3年、握り8年」この精神を何十年か、どうのこうのって言うのは無駄って言ってたの思い出すけど、私も、正直、そう言うことを思ったりする。
ようはセンスの問題よねぇ。
とか、そう言うことを考えたりするわけで。
まぁ、そんな感じで、なんやかんやで精神論だよね。仮面ライダーゼロワンと言うプログラム化されたものだk等こそ、そこにある精神論と言うものが大事になるってわけでもないし、でも、ヒューマギアと人間の関係をどう向き合うかって、それは本人の心次第と言うのが何ともw
何とも言えないものがあるよね。
まぁ、レギュラーだからって大人の事情があるんだろうけど、それでも殆どのヒューマギアを触手でぶっ刺されてマギアにされているのに、彼女だけ、そうしないって言うのは、何か、やたら不自然さを感じるよね。
これも、何かの伏線になるんですかね。
でも、結局、もう、それしかないしねw
んで「同じ握太郎じゃないといけないんだー!」と言っておきながら、なんやかんやで、新しい握タロウの用意するのね。とか、何と言うか、あんだけ、そういうこう精神論をかざしておいて、結局、そこかよ。
って言うね。
なんか、こういう単品の話はちょっと微妙だね。
結局、受け入れる理由も精神論と言うか、本人の心持次第じゃねーか!!っていう部分が露骨に今日は出過ぎていた気がする。感動と言うか、どうと言うか、それを動かすのがメインだとしてもね。
なんか、そう言う精神論的なものを前に出すって下品だな。って思っちゃってー
やっぱり、仮面ライダーゆえの連続ドラマ要素は強いのに、こういう単品になると、どうにもなー。結局、すし屋のじいさんの精神論を、どう動かすか。って話だけど、なんやかんやでふわふわしたままで、その動かす理由も最終的には心持次第って言うスタイルだし、あんだけ「こいつじゃダメなんだー!」って言いながら結局、新しいの用意するんかい!ってなるし。
だってねぇ。
あそこまで「どうせプログラム」みたいなことを言ってた爺さんが、そのプログラムに動かされるのも、なんやかんやで精神論を動かすのは精神論であるという、そういう部分を露骨に感じたり―
「人間は難しいから」とは言うものの、なんかねぇ。
なんか引っかかっちゃってね?(つ=ω=)つ

ってか、どこで、新しいキーを手に入れたんだか(=ω=;)

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7879-eab82dd2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT