PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Reステージ「可愛い子には旅をさせよ」

2019y09m08d_180516487.jpg
ある意味、アイカツフレンズと同レベルか、それ以上なのか、それくらいの強烈な百合アニメなので見てほしいという念があったりするわけでごぜーます。
Reステージ、俺たちの戦いは、これからだーで終わるんだろうけど、二期は売上次第になるんだろうなーって思うとお布施しないと。
ってなったりする。
それは、それで世知辛い世の中を感じてしまう。
Reステージ、姉妹の再会は微笑ましい筈なのに、妙にこう歪なものを感じてしまう。
「いつ私のところに戻ってくるの?」からの風の演出ががが……妙に圧力を感じる(・ω・)
碧音って、なんで舞菜が転校する時、そのまま行かせたんだろ。
止めようとはしたんだろうけど舞菜自身、聞こうとしなかったとか、そういう部分がありそうな気がしないでもないけど。
そういう部分を、ちゃんと描いてほしいと言うか、何と言うか、そこは描かれることは無いんかね。実際、心無いことを言われた時とか、本校にいた時の二人の関係と言うのが描かれてないのがね。
碧音にとって可愛い妹である舞菜が心無い一言を言われた時、どうしたんだろう?とか思えたり。
アニメで直接描かれて欲しいとか、そう言うことも思ったりするけど、それは無いのかなー(つ=ω=)つ
本校にいた、数か月の間の二人の関係って結構、気になったりする。
いや、それによって、余計に執着心が芽生えてしまった可能性もあるんだけどね。
だから、最後の表情、虚無感が凄かった、その後で……
ねぇ。
すぐに笑顔に戻るのは、彼女も、アイドルとして一流なのか、妹以外の人間の前では仮面を被るのが上手い女なのか……何と言うか、虚しいものがありますね。
可愛い子には旅をさせよ。とは言うけれど。
舞菜が、確かに転校して強くなったことを実感した時の彼女は、ある種、悟ったのかもしれない……

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

妹の帰還

抱擁の件までは、あら^~ 尊い… って見てたんですが、「いつ私の所に(ry」の台詞が重い!
とにかく凄まじい溺愛ぶりは伝わっただけに、舞菜の転校に関する状況がどんなだったか気になる所。
今回も仲間の元へ戻る事を許してしまってるし、愛するが故に強く言えないのかも…

香澄VS美久龍のバトルはアイドルたる者戦闘スキルも必須なのか!?と錯覚する事請け合い。
紗由VS珊瑚の踏ん切りが付かないジャンケンバトルは微笑ましいレベルでしたが。
思えば旧カツのドラマオーディション(蘭ちゃんさんVSしおんたん)もタレントの範疇越えてて凄かった。
それと綺麗にオチを付けてくれたテトラルキアの皆さんは、この話だけ見るとお笑い要員みたいでしたね。

| kwai | 2019/09/12 23:46 | URL |

kwai さんへ

ついでに言えば、舞菜も舞菜で、実は……な、部分を色々と感じるような、そういう部分を感じました。彼女の天真爛漫さも実は―な、そう言う危うさを感じました。
今回、本編で出会うのは二回目なんですが、その一回目の時も結構、凄いものがあったりします。
碧音さんは、どこまでの愛なのか、その深淵を中々見せてくれませんからねぇー……そこに、どういう部分があるのか、まだまだ気になるところです。

そういう感じで、あの、アイドルは戦闘能力も必要だというのは、こう0048でも描かれることですし、やっぱり大事なんでしょうねぇー後の時代にマクロスが来ると思うと、やっぱり、ここで戦うスキルは必要なのかもしれません。
テトラルキアは、そう、お笑い担当であってほしいです……

| 月 | 2019/09/13 23:36 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7873-dd1665a6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT