PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『トライスクワッド ボイスドラマ』第10回「負け犬の子 中編」


今年は仮面ライダーもウルトラマンも面白い。って感じだから、ありがたい。だから、スーパー戦隊シリーズも面白くなってよー……リュウソウジャーさー……
面白くなって頂戴よ。
フーマに取ってゲルグは、第二の親父の様な存在だったんだろうなーと、こうして聞いていると思ったりする。選ばれた者達は、何が違うのか、思えば何故、戦士の頂はジャグラーに対して力を渡さずに、ガイに力を渡したのか。これだけで聞いていると、結構、解ってくるものがあるよね。そうして接しているうちに、二人の絆、異形と負け犬と組み合わせは教えを乞うことで確かなものになり、また一つの家族のようなものになっていったというのは、ありがちだけど、良いよね。
とか、思いつつ、ゲルグが戦士の頂に挑戦して行方不明になったと同時に、戦士の頂に登山客を……
そして、星間連合なる言葉が出てきたり。
あぁ、なんか、もう結果は読める。
そう言うことなんだろうなーって言うね。
読めるから辛いよね。
この流れは。
今度の完結編でどうなるか、結構、気になるなー。

ってか、タイガもそうなんだけど、こいつら、まるっきり、皆の出生の秘密とか知らんのな。まぁ、そう言うのは深く探り合わない関係だから、そうなんだろうけど。
チームが汲めれば過去のことなんか、どうでもええ。って感じなのかね。
そういや、ウルティメイトフォースゼロもそうだしなーとか、そんなことを思った。

| 特撮感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7871-e2a81aff

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT