PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ウルトラマンタイガ』第6話「円盤が来ない」

2019y08m10d_102109901.jpg
あ、これ、ウルトラゾーンだ!

そんな感じで、ウルトラセブンを彷彿させるクラシックのBGMと言い、完全に、そっち路線の継承と言うか、何と言うか、これが出来るのもウルトラマンであるが故って感じがするねー。
さて、まぁ所長の過去……宇宙人をめぐって色々とあったそうな。自分の扱う部署では宇宙人に対しては最後まで面倒を見れず、自分たちは捕まえるだけで他の部署に全てを任せなければならないというスタイルな訳ね。ついでに、それが地球人の実験体になることがあろうとも。
まぁ、人間の傲慢さのような部分が見えてくるね。子供であろうとも、宇宙人は宇宙人である。そこには人と人、そこに業がある限りはわかりあえないし、住んでる土地の人間は主導権を握ったように傲慢になってしまうのは、どこも同じか。
そういう部分が垣間見えるような感じがしますね。
地球人が宇宙人に色々と実験を行っていたような、それを示唆する描写が描かれたけど、後に、それが尾を引くような話が出てくるような、そういう気がする。
2019y08m10d_102040147.jpg2019y08m10d_102019154.jpg
そういう状況を見てきたから、例のおっさんの宇宙人も……
ってなるのかもしれない。
2019y08m10d_102035224.jpg
だからこそ、あそこまで自分を守ってくれるウルトラマン、生物の傲慢さを見てきたからこそ、所謂、人間不信状態になったんだろうけど、そういう部分があろうとも不満は出てくるだろうね。やっぱ、セミ幼女は死んでる可能性あるし、他にもたくさんの宇宙人が地球人の実験で死んでる可能性あるし、それがタイガの物語に大きく影響しそうな気がする。
それでも地球人の友人の為に頑張るウルトラマンと言うのは異質に見えるし、所長も、そう見えてしまう事なんだろうね。
だからこそ、ウルトラマンに助けられて生きた彼は、まだまだ友人の為に頑張ろうと、この地球字で生きて見ようとは思ったんだろうね。

2019y08m10d_101920450.jpg2019y08m10d_101928582.jpg
さて、トレギア、どうにも怪獣リングを使わせるのは目的であるかのような部分がありますね。怪獣リング……トレギアが作り出したようなものだし、そこには、何かトラップがあるような気がします。
彼からすればアベルが倒されようとも怪獣のリングの力さえ使えば……
それでいいのかもしれない。
使えば使うほど、ウルトラマンの肉体を蝕むものである可能性。
何れは心を闇に染めたり、怪獣そのものに変えてしまうのかもしれない。
トレギアの企み、この話では何をしようとしているのか。
ある種、彼は、もう一人の主役であるからこそ……
どうなるか気になるんだよねー。
2019y08m10d_101930716.jpg2019y08m10d_101936218.jpg
予想以上にトレギアが好きになってる自分がいたりする。
良いよねー
ああいう感じの。

| 特撮感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7842-d2ed526a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT