PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ドラゴンボール超 ブロリー

img_main.jpg
ドラゴンボール超シリーズ(所謂、神と神とか、復活のFを含む)は原作版ドラゴンボールの続編であり……
旧ブロリーシリーズの映画、たったひとりの最終決戦~フリーザに挑んだZ戦士 孫悟空の父~、ドラゴンボールGTなどはドラゴンボールZ(旧アニメ)の世界での出来事と考えれば、この内容は納得が行くものなのではないでしょうか。
そこ行くと、ブロリーの出生が違うのも、悟空とベジータが初フュージョンなのも理解できるし、バーダックも、ちょっと毛色が違います。あくまでも原作ドラゴンボールのバーダックは、こういうスタイルだというのだけれど、それでも悟空の父親としてはカッコよく描かれている。とはいえ、こっちの戦闘服のバーダックのが好きなんだけどね。

ブラの面倒を見るビルス様とか、そういうところは面白かった。
さて、まぁ、やっと見ることが出来たので、ここで感想ですね。
ストレートなバトルアニメ漫画映画だよね。
雑さはありつつ、平凡な、言ってしまえばドラゴンボール超の悪い部分も受け継いじゃったかな。まぁ、鳥山先生の脚本だから、それでいいんだろうけど。
後、やっぱり、神と神以降の悲惨な話はやめよう。ってスタイルの為に、ブロリーは悪い奴ではない。って部分、最終的に友達として終わるラストは、賛否が分かれるところだけれど、まぁ、これはこれで良いよな。って言うのは自分としても思います。
ブロリーであっても、旧出は無く、新たな、この時代だからこそ敵として倒す以外の手段があってもいいのではなかろうかと。
旧ブロリーよりもはるかに好き。ってのもあるんだけどねw
フュージョンの失敗はドラゴンボールの伝統だから、個人的には、それはありだと思いました。(・ω・)
フリーザがドラゴンボールを使う理由も、何て言うか、アホらしい。まぁ、正直、笑えるか、笑えないかで言えば、なんだろうなー。フリーザらしくないというか、まぁ、これはこれで良いんだろうが。個人的に、おかげで、フリーザの怖さが無くなってしまったようにも思える。まぁ、悪い子とはしているし、ちょっとぬるくなったフリーザをクウラが……って感じでやるのも良いかもね。クウラの設定を監督が持ち出していたし。
まぁ、あの事件を通して少しは丸くなったのかなぁ?とは思いますよ。部下も少ないから、ちょっと理想の上司っぷりが目立っているところは苦労してんな―とは思って好きだけどw
さて三人のサイヤ人の道→ブロリーの生活→ブロリー、父パラガスと一緒にフリーザ軍へ→ドラゴンボールがフリーザ軍に盗まれる。→ブロリー地球へ来訪、とにかく凄いバトル開始!って感じで、まぁ、基本、構成はこんな感じです。
三人のサイヤ人たちの軌跡を描いて、悟空は、まぁ、あの通り、ベジータも原作通り、そしてブロリーは……悟空に泣かされたから追い出されたのではなく、その強すぎる力が仇となって惑星ベジータを追い出された。って設定なんだけど、この強さを上手く教育すれば、ブロリーだってベジータの親友になってフリーザの支配から逃げ出すことが出来たのに。そうは思ったが、基本、サイヤ人が滅びた理由って言うのは、まぁ、あの性格ゆえの部分と言うのがあるので、どのみち、ブロリーが、惑星ベジータで生き残っても、それはそれで。って感じに放っただろうな。
ブロリーの優しさは、あの惑星で培ったものでもあるわけなので、惑星ベジータの雰囲気の飲まれていたら、ブロリーが王になっていた可能性もあるからこそ、ベジータ王の検討は、ある種、間違いでもない気がする。まぁ、だからこそ、ブロリーが王になったとしても、滅びていただろうなー。慈悲をもったサイヤ人って言うのは非常に珍しいですし、バーダックとかは例外と言われていたのは、そういうことです。さらに、またブロリーが優しさを学んだのも惑星の環境や、チライとレモの影響もあるだろうし。しかし、こういうブロリーだから良かった。
何故、こう思ったか。って言うのは、正直、旧ブロリー三部作って悟空に泣かされたから恨んでる。ってドラマ以外に、正直、人間としての見どころは無いんですよね。
単なる破壊装置で、正直に言えばクウラよりも魅力を感じなかった部分が多かったんです。破壊神としてのブロリーが、ただ、そのまま、暴れているだけで、そこにあるのは、単なる暴力って快感にはなるけど面白くはないし、かっこよくは無いんだよね。自分の中では。
しかし、この原作ドラゴンボールにおけるブロリーは、ちゃんと人としてのドラマが肉付けされつつ、その強さは旧ブロリーにも引けを取らないほどに強いし、そしてドラマの肉付けのおかげでかっこよくすら映る。
悟空との因縁というキーポイントをあえて外し、彼の人間らしさを追加したということで、正直、自分は、こっちのブロリーの方が好感が持てるし、こっちのほうが好きなんだよね。ブロリーらしい強さを残して、新たな側面を加える。父親思いのブロリーの姿とか、ねー。バラガスに従うのも、父として自分に色々と教えてくれた優しさから来るものだし、彼は優しいんですよ。本来。だから、彼は周りに冷酷と言われながらも慕ってきた父親が死んだこと(フリーザが殺したけど、これを知っているのかどうなのか。)に哀しんで超サイヤ人に覚醒する姿も、そう来たか。って思ったけど、でも、ここは誰が殺したと認識したのだろう?とは思った。
そこは結構曖昧で、その後、ブロリーがパラガスのことを思う描写が無いのマイナスだな―
この作品では旧作ではブロリーは父であるパラガスのことを好きだったわけですから。
やっぱり、殺されたことに対しての哀しみと怒りの超サイヤ人ではなく、それ以上に人として新たに描かれたブロリーが殺されたことで何を思ったのか、どう思ったのか、それは描かなければダメだろ。って思った。
そこで、悟空との因縁をつけるのだろうか?とも思ったし、そうではなかったのはちとね。残念だったけど、このブロリーは、それが良いのかな。って思った。
たd、やっぱり、冷静に戻った時、ブロリーがパラガスのことに対して抱く感情を描いてほしかった。
そういう雑さはありつつも、その作画は凄いものだし、目を見張るものがあるね。元より、鳥山先生の掲示したシナリオは3時間近くあったんだとか、どうとか。
父の復讐のための道具になることも甘んじるブロリー、湧き上がる戦闘力を恐れて首に制御装置を付けられて、それでも、ある種、唯一の肉親という枷に囚われたからこそ、彼の戦闘兵器として描かれることに哀しみがあるわけです。でも、ブロリーは本心から厳しくも自分に色々と教えてくれるパラガスを好いていたというのも、なんというかなー皮肉と言うか、何と言うか。
たあ、ここまでの存在だからこそ肉付けされて人間味が増したからこそ、ちょっと、ブロリーを応援したくなる要素も出てくるわけで、ベジータとの戦いで徐々に追いついていく感じが素敵なんだよなー。
戦闘中は狂戦士と化し、自分で自分の力をコントロールできない。制御装置なしではパラガスの命令も受け付けず、敵味方の区別すらつかず、ひたすら目の前の敵を攻撃するのみになってしまうのも、また良い。今後、この力を制御したブロリーが出てくるかもしれないし、更に、超サイヤ人ブルーになった悟空とベジータに対して、さらに、ゴールデンフリーザすらも圧倒する様は、まさに、ドラゴンボールにおけるブロリーの強さ、旧作の快楽にも繋がっていくというのは面白い限りではないでしょうか。
悟空は、未だに身勝手の極みを習得していないから普通に勝てないし。
そこで、原作世界においてはじめてのフュージョン・ゴジータが登場する。圧倒する、もう、こっからの戦闘シーンの全てはかっこいい。
改めて悟空が本心では悪ではないと告げながらやめろ。って言うシーンも、それはそれでかつての戦闘狂の頃よりは好きだしな。ただ、やっぱり、バカにしてほしくは無いんだよね。
途中で悟空の知識のなさで笑いを取ろうとするスタイルは、ちょっと、うーんってなったし。
それ、いらないよね?って。
ああいう緊張感の中でブロリーが仕掛けてバトルに行くからかっこいいのであって。
やっぱりなー……
さて、まぁ、良い友人である二人を持ったから、ブロリーは助かった。って言うのも、この映画では良い感じにキャラが作用しているのではなかろうか。いや、作用していないキャラクターもいるけどねw
ってなりましたね。
そして、個人的には悟空とブロリーが友達になる。ってのもありではなかろうか?って思った。鳥山先生の言うとおり、無理に悲惨な話にすること無く、ブロリーも悪い奴ではないし、殺してしまえば後味が悪くなる。
これはこれで、また新しい正解ではあると思う。そこまで旧作をリスペクトする必要もないし。これは、これで。ってなる。戦いを通じて二人の中に何かあるのだろうと。悪と評していないこと、フリーザたちに従っちゃいけないこと、悟空も、また、ブロリーにとって戦いを通して自分をリスペクトしてくれる友人という感情を抱いたのだろうと。殺す。ではなく、戦う。だからね。
悪い奴では無いからこそ、戦いの中で理解しあったのだろうと。
途中で色々とあったけど( ・ω)
スーパーサイヤ人ブルーゴジータに殺されかけた時は、まぁ、あれは暴走状態だったから仕方ないとはいえ( ・ω)
ただ、これでブロリーを終わらせるのは勿体ないし、良いんじゃないかな。ってなった。無理に殺すのも辛いし。


いやぁ、それにしてもゴジータ、つぇーな(・ω・)

そんな感じで、まぁ、多少の大雑把なストーリーとギャグに目を瞑れば凄い楽しめるバトルアニメ映画ではなかろうか?って思いました。映画館で見ると楽しいんだろうなー。
ただ、やっぱり、個人的には、そのバトルに付随する物語もちゃんと描いてほしかったですね。
そこが惜しかった。
バトルは楽しかったので、皆様、時間があればどうでしょう?

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

超にブロリーは要らなかったなぁと……ブロリーの系譜にはケールが居るので今後続編でケールが出るなら伝説の超サイヤ人ではなくポタラによるケフラのパーツとしての登場なんだろうなと思うと……折角ケールは超の歴史時間線におけるブロリーとして作られたのに勿体ないなと思うのが正直な所です
まぁ、百合的に考えるならケフラのパーツとして登場する限りケールとカリフラの百合描写は約束された物となるでしょうからカリフラ×ケールは安泰かも知れませんね
ゲームになりますが、ゼノバースにもこのブロリーが出るなら旧ブロリーとの絡みとかちょっと見てみたいです
ゼノバースは超4悟空とビルス様との会話とか超では見られないだろうオリジナル描写が有ったりするので……ブロリー&ブロリーのフュージョンとかもあれば……

| 毒穴子四太夫 | 2019/07/30 01:48 | URL |

毒穴子四太夫 さんへ

ケールたちはあくまでも、悟空たちとは違う宇宙の住人ですからねーそういう意味では、このブロリーの参戦はありなのではなかろうか?とか、そういうことは思います。
そんな感じで、まぁ、これは、これで肯定的に見ることもできるので蟻ではなかろうか?ということを私は思ったりはしますよ?
何れ、あの、ケールやカリフラともなんか共演しそうな予感もしますしね。

| 月 | 2019/07/30 22:11 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7824-47e7d38b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT