PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

小羽の優しさが人を傷つけ決別を招く……「エデンの処女」3巻

51aA65C4EdL.jpg
さて、まぁ、今、一番大好きな百合漫画の最新刊がやっと届いたので、ここに感想をバー(つ=ω=)つ
藍宮葵と和解した小羽
和解した矢先に小羽を慕い、小羽に淡い思いを抱く玄江さゆりの感情が小羽を惑わす。
そして動く烈火の過去、そして……

女性しかいない世界渦巻く百合の最高峰、今回もゾワッと来る感情の発露が素晴らしい。
女性しかいない世界だからこその女性と言う生の感情が、これでもかと描かれる、それが百合へと転化されること、いわば、女性同士の恋愛が当たり前であるからこそ、そこにある女の生の感情が発露する百合の流れが実に素晴らしく、これこそ、求めていた百合なのだと。
生の感情の発露。
奥ゆかしさと言うのがありながらも、そこに出てしまう当たり前の恋愛に昇華されたからこそ生まれる生の人間の感情と言うのは実に醜くも美しいのだと。だから、この漫画の登場人物は愛しい。人の感情って言うのは実に強いのだ。
そこにある独占欲、何もかもが実に。
改めて思わせる。


藍宮先輩がデレたと思ったら今度は自分を慕う同級生の子が離れていく。女性同士の恋愛が当たり前であるからこそ、この世界では”友達”と認識されることが何よりも傷つく少女達が出てくることのリアルさ。
それを告げられた、さゆりの気持ち、女同士だからこそ、さゆりは、あの選択をしたのだと思う。さゆりが完全に小羽に決別したことが確定的になった3巻以降の話は、恐らく……
雨寺菫子の毒牙にかかっていく、さゆりを見ていて思うけど、菫子にとって、さゆりは一番ではないし、小羽に対して抱いた未来のヴィジョンを叶えさせてくれないけど、それでも自分を愛してくれるならそれでいいのかな。
自分を見てくれる、愛してくれるなら……
さゆりが菫子に依存する理由は自分を愛してくれる、それだけで、いや、あれだけ尽くしたからこそ友達という感情しか見てくれない小羽は、さゆりにとっては辛いもの。
彼女は自分のしたことに愛と言う見返りを求めようとして上手く行かないからああなった。
「愛とはノブレスオブリージュ」とはよく言ったものだけど自分が与えるばかりで、「愛」と言う名の見返りに下心を抱いてしまったからこそ小羽が自分のものにならないと確信した時、菫子に逃げてしまう。
さゆりは急ぎ過ぎなのだとは思うけどね、もうちょい待てば最終的に自分のものになったろうに。
女性しかいない世界だからこそ小羽の感受性豊かな天真爛漫さは魅力的に映るだろうし、逆に、それが恋愛という感情が周りを良い方行でも悪い方向でも動かしていく、ある意味でのARIAの水無灯里が、この世界に転生すれば、こうもなろう。と言う説得力さえ出てくる。天真爛漫さは時に人を傷つける。
そこに悪意は無いんだよね。
そこが一番厄介な部分ではあるんだけど。
でも傷つけてしまった場合、「なぜ、私が彼女を泣かしてしまったのか。」それが良く分からない。
でもエデンの処女だと、天真爛漫だけではいられない小羽に成長を押し出す存在がいるのは幸福なことだけど一人、手遅れに。
その性格が烈火にとっては変化を与えてくれる救いであると同時に、さゆりには絶望へと叩き落す優しさであるというのは、この主人公の対比が実に見事。
女同士の世界で、こんなに感情が渦巻く世界を題材にした漫画、実に自分が読みたかったものだというツボを的確に押してくれる漫画なんですよね。
一巻から暗示されてきたものでありつつ、ストパニ等で描かれてきた主人公の世話をするのが大好きな良い子ポジションを、こうもアレンジするかと言う、王道的な物語の上に描かれるダークな部分が非常に好きです。
あの手の作品で、あそこまで潔く諦めることに違和感を抱いていた自分の願望が叶った瞬間は思わずメインの話を置いて、うぉってなったね。
でもメインもメインで愛する人がいなくなって壊れつつも自意識保とうとする過程で一見すれば狂っているとは思われるが、あれこそ生の感情だとも自分は思うのでね。
でも、さゆりが小羽と決別するシーンで強い雨が降る描写で終わるのは……上手いなぁ。
烈火の物語にも徐々に良い感じに動きそうだと思った瞬間に、彼女が愛した昔の女が姿を現すラストに、また気になる引きで、一年以上待たされるのだと思うと、また焦らされるな―と、そういうことを思ったりします。
女同士しかいない世界だからこそあなたを選んだという部分に比重が置かれる強さ。
女同士の世界が当たり前になったからこそ、個人を好きになることが非常に重要になる。一時期の百合とは真逆のことをしつつ、そこに「女」と言う感情の発露がえぐいほど混ざりこんでくるから、改めて女同士の世界は甘いだけのものではないし、女の業に縛られてるし寧ろ重いのだということが良く分かる。
だからこそ女の感情が複雑なまでにこれでもか!ってほど混ざり合うのが良いのだ。
気づけばどっぷりハマっていく中毒性まである。
女しかいないから女としての個人を描くのが重要だし、正の部分も負の部分の感情も惜しみなく出す大切さ。それでも、この人を好きになるのか。まるで試されているよう。
物語は大詰めらしいが、この世界の、この世界に住む人間たちの恋愛をもっと見たいので、エデンの処女が終わっても渡邉先生には、もっと、この世界での様々なカップルを描いてほしいんだよね。
どういう恋愛をしているのか、また、この作品は学園内でしか描かれてないから外の世界も見たい。
と、言うことでね。
「エデンの処女」三巻目で、また面白くなってきたんでね。
一昔前の天真爛漫な主人公が生み出す罪と、そんな子を愛してしまった良い子の生み出す貪欲な感情を見事に正面から描いてますのでね。おススメですよ。
一巻から最新刊である三巻目まで是非とも読んでいただきたいです。

ってか、終わるの勿体ない(つ=ω=)つ

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

何だかんだできららとかの百合風味は友達という言葉に逃げますが……
逆に友達という表現をされて傷付いて離れていく切っ掛けになってしまうのはそれはそれで読者視点では良いものですね
最後は……霊的要素のある作品では無いとは思うのですが……普通に生きていたんですかね、亡くなったと解釈してたのは回りだけですし……
狂言回し的な眼鏡もかなり奇妙ですが

| 毒穴子四太夫 | 2019/07/11 01:02 | URL |

毒穴子四太夫 さんへ

まぁ、女同士で繁殖できる世界だからこそ、ある程度の医療技術は確立しているでしょうし、彼女の死んだのは周りが勝手に思い込んでいるだけで、烈火が色々とああなったのは、記憶の問題なのか、人格の変容とか、そう言うのありそうです。
そして、まぁー、友情という部分を上手くマイナスイメージ的な部分として消化できたのは、この作品ならではの強さではありますよね。
菫子は奇妙ではあるけど、ただ、欲望に忠実に名だけな気がします。

| 月 | 2019/07/11 20:57 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7813-5ab97877

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT