PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ウルトラマンタイガ』第0話「ウルトラマンタイガ物語(ストーリー)」

2019y06m22d_093304456.jpg
まぁ、息子だからねぇ……父親のタロウとしては生き残ってほしいから、強くあってほしい。って言うのはあるような気がする。ましてや、タロウも、そのタイガの父親のウルトラの父も、一度、死んでるしね。そういう危険な目にあっているからこその、ね。戦場に向かうからこそ死んでしまわないように、敢えて厳しく接しているような感じがする。
そこは、良くある親のエゴではないんだろうね。
ってか、寺島さんの声、若いね。まぁ、これから、いつものね、アクエリオンのアポロのような感じの声になっていくんだろうけど。そういや、メビウスは兄弟子になるんじゃねぇ。なんていうか、ウルトラマンの歴史を感じますね。
そういや、今回のウルトラマンニュージェネレーションクロニクルも、タロウ特集だったし、何気にウルトラ兄弟とか、ウルトラファミリーって概念を持ち込んだウルトラマンタロウって言うのは結構、あれなんですよね。
後のシリーズにも結構、影響を与えてるんですよね。
良く分かります。
弟がメビウスのこと、大好きだったなぁーとか、そういうことを思い出す(つ=ω=)つ
やっぱり、現代の若者だから、何処か未熟な部分があるけど、それゆえの可能性と言うものがあるんでしょうねー。
さて、まぁ、今回のタイガの物語、紹介された物語は哀しい物語が多かったですが、それこそね。そして、あの流れって、何を思い出すかと言えば、ウルトラマン物語でタロウが歴代戦士の活躍を見て修行するシーンを彷彿させます。あれをタロウにやれ。って言ったのも、ウルトラの父なんだから、やっぱり血ですね。
どのウルトラマンにも訪れてもおかしくはない。
そういう話なんですよね。
だからこそ、まだ、そういう覚悟を持てないタイガに対してタロウは色々と、まだ未熟と称しながらも、そこから学び、成長したと純粋に評価を与えたんでしょうね。
東光太朗と同じように、厳しくも優しさをちゃんと兼ね備えた存在なのだろうと言うのが良く分かります。

2019y06m22d_094817920.jpg
さて、まぁ、来週でニュージェネレーションクロニクルも最終回でどうなるか。
楽しみやね。

| 特撮感想 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

悪になったタロウの友人というとどうもバルタンの王になったエルフを思い出してしまいます……
タロウ、テンペラー星人を倒して増長していた回を今も気にしていそうな感じですね
タイガの頭のとさかはアイスラッガー系の武器になりそうですが……そういう映像無かったですね
何体かいた登場怪獣のところにオイルドリンカーの姿は有りませんでしたが……オイルドリンカー出てきて欲しいです

>>白鳥家の長女
さおりさんは光太郎と結ばれたんじゃないでしょうか
郷秀樹や北斗みたいに半ば融合した先人と違って光太郎はタロウと完全に分離しましたし……
旅からちゃんと帰ってきたかは分かりませんが
大人になった建一くんか建一くんの息子辺りが出てきて光太郎本人は姿を見せなくても光太郎の近況とかさらっと話すネタとか仕込んで欲しいですね
タイガの体の色合いや線はメビウスに似ているような気がしますが……兄弟子ではなくタロウとメビウスの……いえ、母親が出てくるのなら違いますね

| 毒穴子四太夫 | 2019/06/23 04:17 | URL |

毒穴子四太夫 さんへ

あー、漫画版のウルトラマンって、そういう感じでしたねー。
やっぱ、そういう部分で増長したからこそ息子にも受け継がれているのでは?ってなるし、心配するのかも。
今回のウルトラマンは、一応、ギマイラが出るようです。

さおりさん、まぁ、確かに両片思いでしたからねー。
帰還の時は、確かに分離はしたんでしょうね。
個人的に、確かに健一君は出てきてほしいとは、そういう子とは思うんですが‐
ただ、ウルトラマンがいるM78ワールドの現在設定は、既に2019年以上の年月を過ごしているから実は健一君は既にお亡くなりになっているんですよね。
メビウスの数百年後か、そんくらいが大怪獣バトルの世界ですから。
タイガに出てくる可能性は実は物凄く低いんですよねぇ・・…
タイムスリップでもすれば話は別ですが。
個人的にはウルトラダークキラーを出してほしいですねー

| 月 | 2019/06/23 20:03 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7798-6fcbf0bc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT