PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ささやくように恋を唄う

D8rRWFPUwAAE44v.jpg
憧れ的な意味での好き!



恋愛的な意味での好き!

の感情が混ざり合う百合漫画として、これ以上、琴線に触れる百合漫画も無いだろう。そういった二つの感情が混ざり合い、生まれる百合と言うのは非常に面白い。

桜舞う季節、私達はひとめぼれをしてしまいました。
高校入学初日、新入生のひまりは新入生歓迎会で演奏したバンドのボーカル・依に、ひとめぼれという名の憧れを抱く。
校舎で出逢った依にそのことを伝えるひまりだったが、まっすぐに気持ちを伝える彼女に、依はひとめぼれという名の恋心を抱いてしまい……
お互い好きだけど、どこか微妙にすれ違う、ひとめぼれから始まる恋物語。


微妙に混ざっているようで、実はずれている二人の感情、そして、それに気づいてしまった時の何とも言えない感情と言うのは見ていてスリルがあるのです。
そして、それこそ恋愛漫画の定石と呼べるのではなかろうか?と。
そこに余計な感情が無いから、ストレートな女同士の感情の擦れ違いの表現が非常に面白く、そして切なく描かれております。バンドリを本格的な百合漫画にしたら、こうなるんだろうな。って言うのが良く分かるような、そういう感じですね。
ある種、このスリルと言うのは百合姫のルミナス=ブルーに近い感触がありまして、それだけに、1巻のラスト、これから、どうなってしまうのよ!?
この二人は!
って感じの引きが実に美味い構成になっております。
とにかく、キャラクターが行き行きしているのがいいね。
皆、楽しそうに青春を謳歌する中での、この擦れ違いの隙の感情が生み歪さって言うのがね、主人公のひまりの天真爛漫さとストレートな依に対する感情を包み隠さず出すからこそ、与えてしまう自分は彼女と両思いなのではないか?と思ってしまうことが、うれしくて、でも、憧れだけであることに気づいてしまうからこそ、歯痒い思いをする依の描写とかね。
それで、かっこいい系なんだけど、何処かポンコツな依のキャラクターの生み出す繊細さが、また素晴らしい。あ、本当に好きなんだな。って言うのが解る。
だからこそ、絶対に彼女の好きを自分と同じ好きにさせようと。
そう決心するシーンから、今後の流れが、ちょっと、どうなるかわからない、その恋愛漫画のスリルが、良い感じに味わえます。
はてさて、どうなることやら。
2巻が楽しみですね。

そんな感じで、これも打ち切りになってほしくないので、良ければ、皆さん、ご購入くださいませ。

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7797-519ae9e9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT