PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

5夜連続ドラマスペシャル 山崎豊子『白い巨塔』第一話


BGM、クッソ軽い!!!!
ってか、OPからしてだね。
やっぱり思ったことは冒頭から財前五郎と言う男を表すための外連味が全く無いよね。
ついでに、2003年版、じっくり描いた唐沢寿明版とは仕方ないけど、まぁ、あっちの良さをさ。
省かずにはいられないというのはわかるんだけど、やっぱり、そういう部分もあるからこそ人間関係の描写が軽いよね。そして、何よりも、俳優さんが、このテレビ朝日版が一流だとするのなら。
フジテレビの唐沢寿明版は超一流な訳ですよ。
やっぱり、唐沢寿明版は役者が、美味いんだよね。本当に、これ以上に。
若い人に無理に受けてもらおうとして、ああいう俳優にしたような気がする。
だからこそ、沢尻エリカを器用しちゃうんだろうなー。
ただ、褒めるべき点があるとすれば、江口洋介の里見先生とは違った味を出した松山ケンイチ位だけど。原作や2003年版、田宮版とは違った味があるよね。あの里見先生は。財前が若々しく見える、まぁ、ジャニーズのアマイマスクだからこそ、それに対してどうぶつけるか。という判断もあるし、正直、この財前に魅力を感じなかったから、この里見先生は良かったと思う。けど、財前に魅力を感じなかったから対にはならないのが辛い。
東教授とか、上品さを感じない嫌味なおっさんだし。
石坂浩二が演じた上品さが無いんですよね。
此処は、是非、見ていただきたいんですがね。
あとですね。
例えば……
前作で財前の義父である西田敏行の演じた財前又一の俗物でありながらも絶対的に財前五郎を愛しているし何があっても味方だった、あの怪演から滲み出る、最高にかっこいい俗物感が今回は全く感じなかったのが辛い過ぎる。
俗物であるなら、敢えて、それを出して道化を演じてでも、しかし強かに駆け引きをして財前をサポートする財前又一が最高にかっこいいんですよ。
そして年相応だからこそ見せる哲学的な部分、その人間臭さでありながら汚さを見せて、それすらも武器にするカッコよさがあるんですよ。
そこで見せる西田敏行の演技は凄いですから。怪演って言っても過言ではないカッコよさですよ。だからこそ、西田敏行の演じる財前又一ってすっごいかっこいいのよ。
此処は、是非とも見てほしいくらいですよ。


後は、番外としては・……
時間の都合もあるけど、くれない会を描かなかったのはアホだなぁ。って思う。
教授選との対比で教授婦人たちのどろどろを描くことで、選挙によって描かれる、男の情熱で誤魔化された教授選挙の裏で見える、あそこの権力のやり取りが如何に醜いことなのか。それが良く分かるんだけどねー。

まぁ、あと四回、この知っているストーリーにこの俳優陣が、どう味付けするのか、ゆっくり楽しみにしてますよ。

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7766-2e2f85b2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT