PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スレンダーマン 奴を見たら、終わり……だけどフィクションやで。


とにかく怖いな。って思う部分が無い(・ω・)
アメリカンだから仕方ないのか、あのアメリカでポルターガイストって映画があったんだけど、あれは映画の内容よりも、裏話の方が怖い。って言う話があるんだが、アメリカのホラー映画って映画の内容よりも、裏話の方が怖い。ってのは、良くある話なんだけど、これは、どうなんだろう。知らんのだけれどね。
まぁ、もとよりスレンダーマンが架空の都市伝説だか、そんな感じだそうで。
アメリカでは、このスレンダーマンをめぐって、2014年に殺人未遂事件があって、あぁ、ニュース番組でやってたなーとか、そういうのを思い出しましたよ。
んで、もし、それが、真実だったら……
みたいな感じで良いんですかね。
まぁ、下記よりストーリー


あらすじ!
レンたちが暮らす小さな街にはある言い伝えがあった。それはスレンダーマンという怪物についての言い伝えであった。スレンダーマンは細身で背が高く、黒いスーツを着たのっぺらぼうで、子供を誘拐する怪物なのだという。しかし、町の人たちはそれを単なる迷信だと思っていた。ある日、レンは友人4人と共にスレンダーマンを召喚する儀式を行った。レンたちは面白半分で儀式を行ったのだが、儀式が終了した直後、一人が忽然と姿を消したために震え上がった。伝承は迷信ではなく真実だったのである。



所謂、スプラッター的なホラー映画ではなく、リングシリーズのような心理的に迫ってくるタイプの自分の好きなタイプのホラー映画なんですけどね。
日本で言えば、リングに通ずるような、見えない、解らないものが迫ってくる第一作と似たようなものですね。
ってかストーリーラインは、ほぼ、これじゃん。って思ってもらって良い感じです。
映画感で見たら違うんだろうけど、貞子とは違うタイプの貞子タイプのホラーなんですけどね。でもリングシリーズも最初のリング以降、そんな怖い。って思わせる作品ではないのですが。
問題は、ホラーシーンが、もう慣れてしまったバリバリのSFXを駆使しまくっていたり、スレンダーマンが、そんな不気味に演出されていなかったりするんですよ。
ついでに怖い筈のシーンが、めっちゃまっくらで悲鳴が上がってるだけで何が起こってるんよ?ってなっちゃってるせいで、めっちゃ怖くない。
さらに言えば、肝のホラーシーンが凄い短い。
生理的な嫌悪感を抱くようなシーンはあるんだけどね。
ってか、そんなにスレンダーマンが活躍してないのもどうなんやろ。
んで、最終的に、そういうことなんだろうなーとは思うんだけど、すっごい真っ暗な空間で行われるから良く分からない!んで、最終的に絶叫で終わってしまう。
だからと言って、貞子のような心理的な恐怖を植え付けてくることなく、かといって、スレンダーマンのような、どっかにいるような、こっちを見ているような気がする……って、そういう感じもあるにはあるんだけど、弱いというか、ってか、スレンダーマン自体の出番は少ないです。
まんま、ストーリーラインがリングの為に色々とね。
とりあえず、2018年版リングって感じで見ればいいのかなー……
うーん……
なんていうか、100点中12点?な映画。

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

そう言えば八尺様はスレンダーマンをモチーフにした日本人が考えた都市伝説何ですかね
チャイムを鳴らしてドアの向こうからドアの上にある窓(?)から覗く赤くて大きい人が何年か刻みに現れる話とかも……

| 毒穴子四太夫 | 2019/05/12 00:37 | URL |

毒穴子四太夫 さんへ

スレンダーマン自体は、最近の都市伝説ですから、恐らく、八尺様をモチーフにスレンダーマンが出来たといった方が個人的には正しいような気がします。
まぁ、どっちも仮説ですが。

| 月 | 2019/05/12 21:21 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7752-30a8af6f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT