PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

どろろ #15


さて、今週のどろろ。
まいまいおんばのお話。
鯖目の瞳から精気が消えている理由は、まいまいおんばに精気を吸われているからであるのは言うまでも無いんだけどー、このアニメ版だと、まいまいおんばと鯖目の関係って話されたっけ?
ってか、随分とゆっくり目に話が進んでるな。
これ、まさか、三話構成かな?
アニメだと鯖目は民のことを思ってはいるものの、その奥に、まいまいおんばを愛しているからこそ、どこか、それがいびつに見えるんだけどね。結局、このアニメだと、それが、この場所においても景光と同じなんだよね。それは、また自分の父親と同じであるということへの葛藤、全ては民を思ってのことだが、それに対して百鬼丸は……
明確な答えを……もう、出しているんだよね。
民の為とはいえ、勝手に自分の都合で自分を鬼神の餌にしたことは許せないし、多宝丸の思いも解るけど、だからと言って自分が人としての生活をあきらめろ。って言うのは、それも民とためとはいえ、身勝手ではあるんだよね。
ってか、原作より更に抉くしたな。
慈母寺の話を殺したのは、鯖目と民とか。
原作で救いようのあった鯖目が、もうアニメだと救いようが無くなってるわ。これ。ってか、鯖目の街の民が慈母寺の子供たちを、まいまいおんばの子供たちの餌にする為に原作だと寺に引き取られた子供たちを殺したのは、まいまいおんばなんだけど、原作だと己の理想の為に身勝手に寺の子供たちが鯖目と、その村の民に殺された。
とか……
しかも、それが理想の為とかね。
自分の理想の為なら他者の犠牲を厭わぬ、父や多宝丸と同じ存在を見て思う心は辛いね。
勝手とはいえ、人を活かす崇高な理想の為に他者の命を虐げることも、またおかしいことではあるんだが。
しかし、その心中は百鬼丸は既に関係ないこととして割り切ってるけど、どろろにとって、この現実は苦しいよなー。
さて、まぁ、崩壊した村……
イタチ再登場と。
さて、宝編か。
でも、百鬼丸は、そこまで割り切るのは、エンディングテーマの歌詞にもあるけど、それは修羅の道なんですよね。
また、ここでは原作だと慈母寺で子供を捨てようとした親に対して涙ながらに勝手に捨てられる、虐げられる者たちの苦しみを百鬼丸は代弁しているんですよ。
百鬼丸の「関係ない」って思いは一種の強がりのように思える。でも、そこまで強がれる理由って言うのもあるんですよ。
それは百鬼丸にとっては、そばに、どろろがいれば、それでいい。
って考えなんだけど、でも、どろろは、それじゃ割り切れないんだよね。
だから今回のラストの別離は……
百鬼丸に一つの成長を促す話になるんだろうなー。

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7740-532e1f2f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT