PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

エウレカセブンTR1:NEW WAVE

l_p1004043920.jpg

疑いの中で自意識が芽生える絶体絶命の中で光るシューティングスター

そんな感じで、最近、エウレカセブンのCMがやってるので、無理やり引きずり出してきた。
バンナムのキャラゲーでかなり良質に入るほどの出来で、まぁ、これ自体のゲーム性のシステムはクッソ面倒くさいんだけど、ただ、それを補うほどの強いストーリー、少年少女の淡い恋愛感情や青春群像劇が本当に面白いんですよ。
それを追いかける為だけに、このゲームをやる。
ただ、ここまで言うと、そんなに、あれなのかよ。
ってなるけど、でもシナリオのボリュームが凄い少ない。
全五章で、やろうと思えば、一日でクリア、しかも半日でクリアできるかどうかわからないほどに短いんですよね。いや、話が面白い分、もうちょい、この世界に浸りたい。
って思ったら、もう終わり化よ。
って言うね。
ついでに言えば、NEW WAVE自体、エウレカセブン本編の数年前の設定なので、エウレカセブン自体のコンセプトが活かせるまでの技術が、世界には備わっていない。って言うのは、面白くもあるんだけど、それはそれでまだまだ……って感じなんですよね。
でも前日談だから、それはそれでありだけど、この人間関係があるからこそ、NEW VISIONが生きる。って言う意味でも凄い大事な話です。
18歳と言う、まだ子供でいられる時代……まで、あとわずか。
そういう部分はありつつ、やっぱり、サムナを取り巻く少年少女の淡い群像劇の楽しさというは、NEW VISIONがあるからこそ、このNEW WAVEの楽しさが生きるという部分も結構あるのでね。
そうしてサムナは少年のような純粋さを持ちつつ、大人になっていく。
大人になるまでに世間を知らないお坊ちゃんだったからこそ。
って言うのを象徴するかのように、彼の機体は純白のターミナス505なんですよ。
軍に入って、成長して18と言う年を境に子供から大人になっていくのです。
ただ、ゲーム性で活かせなかったとはいえ、ストーリーにおいてはエウレカセブンらしく、少年と大人の狭間の成長を描き、まだ、少年でいられる年齢の主人公たちの織り成す群像劇だからこそ……ついでに、エウレカセブンにあった面倒くさい要素も無いので、そういう意味でもかなり楽しいです。
純粋にエウレカセブンの舞台で面倒くさいことを省いた少年少女の淡い群像劇なのでね。
そしてNEW VISIONで大人になった少年たちの関係の変化と言う意味で、この話においては愛しくなってくるのです。
そういう意味での二部構成は見事だし……
やっぱり、こういうのって良いよなぁーってなる。
やっぱ、このエウレカセブンのゲームシリーズの肝はNEW WAVEが無いと話にならないのだ。
そういった変化が、この物語にあるのでね。
そうして変わりゆく変化の中で、ニルヴァーシュが、彼を受け入れ操縦者として認めるシーンは凄い好き。
まぁ、PS2が動けば……
やってみて良いかもよ?

ってか、サムナはゲッコーステイトにいたら、絶対に苦労しまくってたよなー。

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7731-4af19844

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT