PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

イケ♀ンすぎです紫葵先パイ!

イケシキ
ってことで、イケ♀ンすぎです紫葵先パイ

高校に入学したての鮎川雛実は、運命の出会い……
ではなく、バスケ部の勧誘をしてきた美人で、かっこいい先輩、柊紫葵一目惚れ!
勢いあまって告白までしたのに、先輩には届いてなくて……。
でも、先輩の為にマネージャーとして頑張ります!
な恋物語。


さて、まぁ、全体的にみれば王道恋愛少女漫画的な百合漫画って感じですね。
最初は、そういうコメディを見せられているのかな?とか思いつつ、徐々に徐々に恋愛にシフトしていく、一話が終わるたびに徐々に徐々に恋愛になって行く。
そしてつづられている紫葵の家庭から芽生えた、その性格の理由と言うのは、あ、何か、少女漫画の先輩後輩系の恋愛漫画にありそうだな。って思える展開のオンパレードではあるんだが、これを百合でやるということに意味がある。百合でやるからこその意義と言うのは十二分にある少女同士の関係。
少女同士だからこそ、二人の奥にある感情は男性性ではなく、女性性としてシフトし、それが互いにどうなるのか。ということが非常に気になる作品になってきます。
紫葵先輩も最初は、可愛い後輩としか見ていなかったのに、とある出来事から和変わって行くんだが、これもまた王道少女漫画の様で、とにかく少女漫画風味の百合漫画という感じで、結構、人昔の作品を見ているような感じがします。
二人の恋が動き始めたばかりなのに、そこで終わっちゃうという、そう、十分に二人の関係が熟成し始めて、これから恋と言う果実になる瞬間に1巻が終わってしまったのでね。
これからどうなるのか、気になるんだよなー……
これから素敵展開が訪れる予感が見えるところで終わったのでね。
ついでにサブキャラ二人も良い感じの百合カプなので。
是非とも読んでいただきたい(つ・ω・)つ

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

紫葵パイセンマジイケ♀ン

少女漫画(ラブコメ)の文法で百合を描く―
身の丈を顧みずに突進するヒロインとカッコいいのに野暮天さんな先輩との恋愛物語、実に王道展開ですね。気を衒わない分、妙な安心感があるというか。
ターニングポイントとなる4話の「…ダメ」と引き留めるシーンから続きが超気になる5話ラストまでのドッキドキな展開がニクいです。
みゃーもと先輩と部長さん(この2人も先輩後輩からの恋愛関係になっている)の関係性も気になる所。
あとがきは脱力モノの絵柄ですがちょっといい話になってて作者さんをより応援したくなりました。

市内の大きな本屋さんでは『ルミナス~』がラス1、『イケ♀ン~』が5冊の平積み、『スカーレット』の在庫はありませんでした…届くのは来週以降になりそうです。

| kwai | 2019/04/17 00:20 | URL |

kwai さんへ

古典的な文法だからこその安心感ってのはありますよねー。
それを百合でやるからこそ、この流れが心地よい、そして気になる仕様になるというのは、何とも心憎さがある作品ですよねー。本当に、あの4話から5話の話の流れが変わるような、あの瞬間は見ていて良い意味でちょっと辛いというか、憎い演出です。ここまできて、次の話まで……
待てない。
ってことになりますよねー。
みゃーもと先輩とかの関係も非常に気になりますし。
本当に、これもまた打ち切りになってほしくないと強く願う限りです。

| 月 | 2019/04/17 18:29 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7723-a50016c2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT