PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

SCARLET

スカーレット

してるから貴女をいたい‐
百合姫史上初のダークファンタジー百合の開祖となるであろう結野ちり先生のSCARLETである。

人狼に帰られてしまった騎士・フィーネと紅いフードを被る楽天家のアイリスは、自分たちの関係を変えてしまった”ある魔薬”を辿っている。
そんな二人は、ある日酒場で出会った姉妹に妙な違和感を感じ、夜店に潜入することに。
人ではない力を発揮するため……、何より人の身体であり続けるために……
フィーネはアイリスの生き血を啜り満を持して突入するが……


ということで、命がけで愛し合う百合ですよ。
文字通りね。
二人の関係の重さ、なぜ、そうなったのか、その全てが、まずは、この単行本の一巻に描かれております。
そして魔薬は文字通り、読み方どおり、現実の麻薬以上に危険なもの。それを売るもの、それを売って人の心を自分の虜にしてしまう悪人と。
主従的な主人公の百合カプも、魔薬で落とし込める人外と心の拠り所を失ってしまった女の百合と。この物語に出てくる百合は切なく、でも生きてほしいからこそ話は続いてほしい。
そして1巻のラストは、かなり衝撃的なものになっております。
だからこそ、打ち切りなんてさせちゃダメなんだよ!!
まだ、物語の物語は序章の序章。
命がけで愛し合う女同士の関係。
物語の結末の末に二人に何があるのか、それほどにバイオレンスでありつつ、危険な二人の百合が気になるんよねぇー。
百合姫史上初のダークファンタジー百合……
さぁ……

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

個人的にこれが打ち切りに挙がっているのが疑問何ですよね……
具体的にどれとは言いませんが、打ち切りになっても良いようなのが他にあると思うんですけどねぇ

| 毒穴子四太夫 | 2019/04/11 00:29 | URL |

毒穴子四太夫 さんへ

なんやかんやで、売り上げ至上主義な部分が今の百合姫にはありますからねー。
だからこそ、今、ツイッターじゃ色々と百合姫批判も起きていたりします。

| 月 | 2019/04/11 23:04 | URL |

人狼伝説とドラッグカルチャー

不景気だと吸血鬼ものが当たり、景気がいいとフランケンシュタインものが当たるという…では、人狼は?
この手の物語で人狼を扱うのは珍しい(吸血鬼ものが多過ぎるのかも知れないが)、というか連載雑誌のカラーとしても珍しい文字通りの異色作といえると思います。
帯には「主従百合」というフレーズが躍ってますが、令嬢&従者や王女&姫騎士ともまた違う独特な関係性。
そこに魔薬なる謎のアイテムも絡んで最早孤高の百合作品となっております。
クセの強いタッチやダークな世界観故に見る人を選ぶかも分かりませんがハマれば面白い、というかとんでもない引きで1巻目が終了する為続きが超気になります。
妖精帝國やアリプロなどゴシック系の曲を流しながら読むとより作品世界に浸れるかも。

| kwai | 2019/04/21 22:10 | URL |

kwai さんへ

不景気とか、そういう事情は良く分からんのですが、そういや、高度経済成長期にサンダとガイラ辺りが作られたような、そういう感じがする。人狼はどうなんでしょうね。
微妙な時にできるんですかね?牙狼も、そういう経済が中途半端な時期に生まれたような……いや、あれは人狼じゃないですが。
孤高だけど二人だけの百合であり、そして……
って感じだから、良いんですよね。
百合姫に足りないような、ダークな部分を上手くやってくれているので、そういう意味でも終わってほしくないんですよねー。これ。
2巻以降、どうなるのか楽しみです。
私は、これは女王蜂ってバンドが来ました。

| 月 | 2019/04/22 00:40 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7722-190a3786

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT