PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

エガオノダイカ 第7話「王宮のひまわり」


とりあえず、全員に死亡フラグが見えるどうのこうの(つ・ω・)つ
相変わらず、そういう雰囲気が漂って仕方ない。
置鮎さんは生きていて良かったけどねー。
しばしば、過去を描かれることで、そこにある生の人間生活と言うのは見ていて辛いものがあるような、いや、まぁ、辛いんですけどね。それでも力強く生きようとすることが大事であり、そこに自分を偽って生きるというのはー、隊長からすれば違和感しかないし、そういうステラのような存在を作りたくないんだろうなーと。
それこそ、ステラの生き方は人間ではないし、まぁ、なんだろうね。他人に都合よく合わせて生きるなんとヤラなのかもしれない。虚しいだけの人生だしー
そんな感じで、輸送ホバーが亡くなったようで。
所詮は、こうなるよなーと。
しばしば、こういうことが起きるのが、戦争であるというのは言うまでもなく。
そして、その要因を作ったのがーーーステラタチであることは言うまでもなく。
徐々に戻る感情にー
どうなるかね。

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7672-e1308703

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT