PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『劇場版シティーハンター 』

img_kv_sp.jpg
を見てきましたー!
ってことで、個人的に、今年、これを越える映画が出るのは難しいと言えるほどに最高のリブート映画だった。
いつものシティーハンターであり、これこそシティーハンターである。と改めて思わせてくれる良い映画でした。
スクリーンの向こうにいるのはエンジェルハートの冴羽ではなくシティーハンターの冴羽だった(つ=ω=)つ
やっぱり自分の見たかったCHとしての冴羽がスクリーンの向こうにいるのが最高でしたね。
やはり隣にいるのは香でないとと。
そして、キャッツアイ含めて全員、活躍しているのも良い。
後、もう所々でシティーハンターの歴代主題歌がオンパレードで良い感じに場面場面で活躍しているのも最高の見どころでした。
特に初代主題歌である「CITY HUNTER ~愛よ消えないで~」が流れるシーンは実に上手いなぁ…と思わずにはいられなかったので、あれです。
映画館と言う音響で、歴代主題歌が聞けるというのは非常に貴重ですしシティーハンターファンは行くべき。世間からの評価は微妙な小室先生ソロの「RUNNING TO HORIZON」もちゃんと新宿プライベートアイで流してくれたのは嬉しかったよ(つ=ω=)つ
後ねー、凄い嬉しかったの、「FOOT STEPS」も流れたんだよー。
スッゲーかっこいいシーンで、この挿入歌を流すから「そうだよ!これを流さないと!」ってならざるをえないのですw(つ=ω=)つ
上手く歴代のシティーハンターの主題歌をBGMとして機能させる、今回の劇場版は凄い好きだなーと思いました。
語彙力が消えているけどね。
20190110-cityhunter-main-950x534.jpg
キャッツアイのお姉さんたち、良い感じにかっこよかったし。戸田さんの演技の技術の高さと言うのを改めて思い知ったと感じがする。
瞳と泪を見事に演じ分けていらっしゃったのは凄かったですね(つ=ω=)つ
そして内容自体も、あのいつものシティーハンターのスケールアップ版だから変に弄ってない。
良い感じに現代文化と合体してシティーハンターはブラッシュアップされてたのも好き。
そして戦闘シーンは今回の敵の目的等は違うけどパトレイバー2を思いだす人も多かったんじゃなかろうか。そういうことを思いますよ。
新宿一体がそうなる。っていう部分は確実にパトレイバー2そのものだろうと。
ついでに香は話を重ねるごとに年月が経つたびに美人になる。そこまできれいになっても獠も、相変わらずの態度って言うのも「あぁ、シティーハンターだなー」ってなる。そして物語の締めがね、冴羽がぶっきらぼうにも見事に香への思いをちゃんと告げてて良い感じに、獠と香が締め括りながら「Get wild」が流れるから「あぁぁぁ、もうシティハンターだわー」ってなるw
敵がいかにデカい夢や目的や野望を持とうがどうしようが、それ以上に依頼人を哀しませる人間は絶対に始末するのが普段は三枚目である冴羽獠のかっこよさの根源であるし、で、この「シティーハンター」の物語の根源がちゃんと守られているんですよね。
ちゃんと忠実に守っているからこその最高の映画。
いや、もうね。
改めて言うけどさ。
シティーハンターの良いところって敵がどんだけ壮大な野望を持っていたりとか凄い中身のある話でも「依頼人の女性を悲しませる」ことをしたら、どんな凄いことでも「それをやった時点でお前はクズ」って冴羽が倒すのが最高にクールなの。それがシティーハンターのカタルシス、本当に、もう、好きだわ。
原作でも大好きな海坊主と美樹のコンビの活躍もちゃんと見れたし、飯豊まりえも良い演技してたよ(つ=ω=)つ
流石はキョウリュウバイオレット(二代目)だった(つ=ω=)つ
北条先生も言っていた通り話の根源は人物の心の流れをメインなので、それを忠実にした物語だからこそ最高。

とりあえず、総評としてはですね。
「シティーハンター」って、こういう作品だよね!って言うのを一番わかっているスタッフが、真正面から何も弄らず小細工なしにシティーハンターという作品の新たな最高の第一話を作った。そう言う感じですね。
ようは、もう言うまでも無く小難しいテーマを「依頼人を悲しませた」の一言で吹っ飛ばす、いつものシティーハンターが現代にブラッシュアップして帰ってきた!これだね。
これしかないね。
いやはや、本当に最高の新たなシティーハンターの映画でしたー。
また見たいねー。
BD、ほしいな。

あ、そうだ。
あれだよ。
「シティーハンター新宿プライベートアイ」ではゴジラが大活躍するので、ゴジラファンは見に行くべき。
後、あの今回の敵がいるんだけどさ。
そいつの最後のシーンでBGMとして「愛よ消えないで」が流れるの凄い、今回の敵に対する皮肉が聞いてて最高に好きなシーンです。それが冴羽獠と今回の黒幕の良い感じに対比にもなってるし、ある意味、ものすごく、こう皮肉的なラストにもなっているのでね。
見てほしいですね(つ=ω=)つ
そんな感じでね。
シティーハンターファンは見に行くべきです。
最高だった。
やっぱ下手な実写化よりも、こうしてアニメとして新たに復活させる方が一番の理想なんだなーと思う(つ=ω=)つ


しかし……なぜ!なぜ!
「CAT'S EYE」は杏里の唄うオリジナルじゃなかったんだよー!!(=ω=;)
ここが唯一であり最大の不満である(=ω=;)

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7665-531b2c33

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT