PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

どろろ #5


耳が聞こえるようになってしまってから生まれてしまった苦しみ。
原作にあった、どろろのウザさを百鬼丸のハンデを原作の最初以上に増やすことで軽減して二人の関係を良い感じのパートナーにしている構成は上手いなーとか、このアニメ版どろろは、そういうことを思う。
聴覚を取り戻して弱ってしまったというのが、ちょっとつらいですね。しかし、それが、この世界で生きていくということなのだろうと、そう思うと見ていて辛いというか、何と言うか。
ある意味、原作以上に、そういう部分をうまく利用しているような気がする。
しかし、脚本が靖子だなぁ。
本当に、こういう作品の脚本にぴったりなんだよなぁ。
ミオの背景とか、ある意味、原作以上にえぐいし。
原作設定を考えれば、あそこまでやって焼き殺されるんだけど、こっちだと、ある意味、生きていたら、それはそれでえぐいけどさ。
戦国の世の厳しさというか、そういう吐き気を催す邪悪というか。
そういうのを感じた。

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7661-05ccae2c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT