PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『GODZILLA 星を喰う者』


どうだったかと言えば全体的見れば、そりゃ、好き嫌いがかなり分かれる作品...
怪獣映画と言うか……
哲学映画。


いや、アニゴジ第三部さ。
延々と哲学の話をやっててみていて楽しいんだけど、これはこれで盛り上がらないよな。ってなる。
第一部は人の知恵をもってゴジラに敗北し、第二部は圧倒的な科学の力をもって敗北し、こういう状況になれば最終的に第三部は神頼みになる。人の生み出したものがダメなら神を頼む。そのお膳立てとして人の個と性質を利用するエクシフ。って言う構成は凄い好きだな。
いわゆる現代科学を最大の神のように信奉している現代人が圧倒的な存在によって捻り潰されて宗教的な神を信奉する構図、これ特撮ドラマで言うとウルトラマンガイアで、こういう展開があったよね。
ゴジラアースがメカゴジラシティ崩壊後に人間を滅ぼさずに休眠状態に入ったのは、もう人間は己の環境を脅かす存在以下に成り下がったからなんだろうなー(つ=ω=)つ
もう崩壊をさせる価値すらないという、フツアと同じような存在になったのだろうと。
もうこの時点で人類は完全に敗北したのと同じだったのだろうとも思います。
アニゴジ第三部、後半に入って思ったけど、ゴジラアースとの戦いって言うのは、あれね。
人の信奉する者と超常的な存在との戦いだわね。だからこそ第一部では「人の知恵」の話がメインのお話にあって、第二部は「人と科学」のお話がメインにあって、そして第三部は「人と神」そして「進化」の話がメインになってる。
その構図を分かりやすくするために「知恵」「科学」「神」を信奉する人間と、「科学」を進歩するビルサルドと、「神」を信奉するエクシフで分けることで人間を主役としつつ「人と科学」「人と神」の話を第二部、第三部と分けて描いたのだろうと(つ=ω=)つ
まぁ、酷評する人の言いたいことは解るけど、でも、それ以上に凄いと言えば誇張しているかもしれないけど自分としては楽しい作品だった(つ=ω=)つ
そこまでもろ手を挙げて決定的につまらない。って言う、作品でもないしね。
しばしば、ゴジラと言うのがどういう存在なのかを考えれば……
ゴジラを通して描かれる人間の「業」と言う名の哲学を「知恵」「科学」「神」を通して描き、そこから憎しみからの解脱を描く訳ですから。
ゴジラと言う存在を、これまでのクリエイターがどう描いてきたか解るからこそ、このアニメゴジラの哲学ドラマは説得力があると思うのです。
そして、行きつく先は虚無。
メトフィエスは「虚無」をもって憎しみから解脱させ、ハルオは、あのヴィジョンの中で人の業を理解し、その全てを背負う。
人として、人の文明が生み出した業を人代表として「人」の業を全て背負い特攻して全てを断つのは良い終わり方だとは思いました。
ゴジラへの憎しみを多く持った人がいる中で文明が発達すれば人はゴジラと戦うための兵器を生み出し負のサイクルが続く、終わり方を伝えるからこそアニゴジは意味がある。
ゴジラを敵として見て、そして発展してきた科学、そして憎悪と業を現代に当てはめると、その先にあるのは破滅なのだというメッセージがメトフィエスがハルオに見せたヴィジョンの中に作者の言いたいことがあるようにも思う。
そしてハルオが、あの中で見せたヴィジョンこそ人の行くべき道なのだろう。
あのまま地球の奪還のために更に憎悪を募らせ戦えば過去の凄惨な歴史を繰り返し更に今回のようにギドラを持って地球そのものを破壊しようとしたようにハルオは破滅の一途を辿っていたことを理解したからこそメトフィエスとは違うやり方で憎しみを解脱し、全ての人の業を背負い特攻したと(つ=ω=)つ

・「虚無」のまま消えるか、「人の業を背負って」消えるか。
このどちらかの選択をして後者を選ぶからこそ、ハルオはある種、真の意味での英雄になったのだろうとも思う。



人の業を取り込んだ、人の進化は破滅でしかないし、現代社会で行われている、その進化は何れ自分たちの世界でもゴジラを生み出してしまうだろうという、そういうメッセージのようにもアニゴジは見ていて思った。
人間の業と憎悪が生み出した化物は、人間の手に負えなくなるくらい危険なのだという。
そういうメッセージね。
そして人の生み出してしまった滅ぼすことのできない化物とは共存するしかない。
ある種、ゴジラと言う存在が、どうやって生まれたのか。それを考えると、この話はゴジラで展開することはふさわしいと、そういうことを思うのです。
結局、人の敗北で終わってしまった理由を考えると、やっぱり、こういう部分が思いつくんですよね。
そこはどこか、平成ガメラ3部作のような部分を感じずにはいられないんですよね。

・でも映画としてはどうなのさ。


映画としてみると、結構、退屈だよな。
って思える部分は多いよね。
哲学を延々とだらだら語っているだけのような、もう、第三部は、まさに、それだったから高い金を払って、こんなのを見せられたあだるいわな。って気分にはなると思う。
しかし、あの映画、延々と会話劇とかばっかで映画と言うエンターテインメントでやるべきかどうかと言えば、結構、微妙なところよね。見せ場ってのが、どうにもね。
ギドラが来た危機感も映像で見せるのではなく会話で「うわ、やべー!」「超やべー!」ってのを伝えているだけな訳です。
ハルオが器になることを受け入れてキングギドラにでもなる―ってやっておけば映画としては面白くなったんだろうが。
ギドラが出てきても熱線ははじく、ただ、噛みついただけ。とか、そういう地味さが、どうにもね。(つ=ω=)つ
最終的に、それが第三部では完全にゴジラアースって大それたものを作っておきながらギドラと同じように舞台装置でしかなくなってしまったというのは、アニゴジの最も残念な部分なのは言うまでも無く(つ=ω=)つ
∀ガンダムの最終決戦のように戦いながら罵倒しあうとか、そういうやり方もあったと思うのに、何かなー。
アニゴジは十分、好きではあるんだけど、やっぱり、そういう従来のゴジラファンとしての目線からアニゴジを見ると惜しいなーってなってしまう。
人が憎悪と業を抱えたまま進化(科学文明を発展)することは、ゴジラを生み出すことである。ってメッセージ性は非常に良いとは思うんですけどね。思うんですけどーーーー!
でもなぁぁぁぁぁ!
ってなるw
完膚なきまで叩きのめされたからこそ、自然と共存して穏やかに生きていく人類が生き残るためにどうするべきか。ってハルオの決断とか、そういうのも好きなんですけどね(つ=ω=)つ
前日談小説に出てきたヘドラや、デストロイアの存在って結局、憎悪を伴った人間の進化が生み出したものだと思うと感慨深いというか、アニゴジのテーマが見えてくるというか、何と言うか(つ=ω=)つ
アニゴジの今と言う人類がゴジラなどを生み出さず健やかなる進化をなすなら、今は文明を捨て去るしかないというメッセージは嫌いではないんですけどね。(つ=ω=)つ
好きではあるけど酷評される理由もわかってしまうのが、自分の中でのアニゴジの最終的な評価ですね(つ=ω=)つ
いや、でも、まぁ、楽しませていただきました。
一度は見ても後悔は無いと思います。

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7638-f283f19a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT