PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

やがて君になる #07

yagate.jpg
茅野さんが百合作品に出る時の演技って強い感あるね?(つ=ω=)つ
さて、まぁ、気の迷いとか、そういうことをいわれると、そして自分を、その気にさせておいて。とか、そういうことを思うと色々とあるわな。
気の迷いって言うのは自分を誤魔化す言葉なのかもしれないし、ふと、この佐伯先輩の話を見ると十代の
十代って同性だけの恋愛が気の迷い的な感じになるけど、異性であっても結構、気の迷い感はあるよね(つ=ω=)つ結局、あいつ、好きなのか、どうなのか。って感情は、結構、あれよね。
結局のところ、異性同性問わずの十代の恋愛の特有の要素なのではなかろうか?とか、このシーンを見るたびに思う自分がいる(つ=ω=)つ
高校時代、色々とあったしー(つ=ω=)つ
結局は、同性だから、そういう風な部分を強くとらえてしまうだけで、そういう感情って異性でもありがちなんだよね。
昔、好きになった人と付き合ったことがあったのよ。
私にも。
でも、いざ、付き合うと「なんか違う」って言う異質感がね?
結局のところ、大半の十代の恋愛って言うのは気の迷いからとか、異性、同性問わずとか、そう思い込んでいるだけとか、そういうの多いのではなかろうか?ってなる(つ=ω=)つ
そして、また澄子は佐伯さんに別のベクトルで依存している関係でもあるよね。
あ、そういや、大人百合ですね。
今日の話は……・
この二人のスピンオフが欲しいんですけどね。
いや、マジで。
学生を終えてゆっくり考える時間の中で学生時代の恋愛って何なんだろう。ってなると、そういう感じになるんよね。
学生って一日一日が忙しいって言うか、焦燥感と言うか、#やがて君になる の登場人物って言うのはゆったりしているように見えながら、そういう部分をちゃんと感じるのが好きな処。

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7579-34682fc1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT