PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ウルトラマンR/B(ルーブ)』 第14話「お前は誰だ」

2018y10m11d_165558518.jpg
もしかして↑
いやいや、違う違う。

2018y10m06d_094843078.jpg
て、まぁ、ウルトラマンルーブの記事は、大分遅れることになりました。
まぁ、秋アニメの時期だから仕方がないわけですが、グルジオ様って、そこ行くと一体、何なんですかね?(つ=ω=)つ
舞台って言われたら、舞台少女とスタァライトが頭が来るから、集中できなくなる(つ=ω=)つ
ってか、少なくとも、あれだよね。
少なくとも、レイバトス編以降の第10章でチェレーザはオーブを見ていた可能性はあるね。
それよか、チェレーザ自身が、そのまま、例の幼い、子供の状態のまま愛染マコトに憑依した可能性もあるよね?
2018y10m06d_094846691.jpg
ウルトラマンオーブに憧れていたのはマジのようですね。幼いころの経験が、そのまま大人になって今に生きる。って言うのは、まるで……
ベクトルは違うけど、オリジンサーガのサイキと似たような存在ともいえるかもしれない。
やっぱり、社長、オーブのこと知ってたんだなー。
ついでに、スペシウムゼペリオンになれることも知ってたようだし、やっぱり、出会ったのはオーブクロニクルの十章か、それ以降の物語になりそう。
憧れを拗らせた結果、これまでの所業と考えると、やっぱり、チェレーザ、ダメだ。
社長、被害を顧みずに街を破壊するような行動を取ったね。
既に、この時点でヒーローになるという目的から怨恨によって、ウルトラマンと戦うことを選んでいることが良く解る。
そして、その時点で、もう、社長はウルトラマンになれることは…余程のことが無い限り不可能だわね。
そこ行くと、オーブダークになって演出し続けるのは、何れ、オーブと肩を並べて一緒に戦うとか、それだけの純粋で最も厄介な願望が、あそこまで面倒くさいことにした感じある。
ああすることで、オーブに認めてもらうという、そういうプレイ。
んで、愛染まことに憑依しているチェレーザ自身、実は社長に憑依した時は本当に、まだ子供なのでは?ってなる。
そして、サキがウルトラマンの事を敬愛しているなら、既に、もうチェレーザは怨恨によって街を破壊した時点でウルトラマンになる資格はないと判断しても良いんだろうなー。
力に溺れて、ああした時点で、もう。
だから、ダーリンを乗っ取るという事をやらかした可能性は十分、ありそう。
さて、何故、ここまで憧れを拗らせたのだろう。
今度は、そこですよ。
何となく、ここまでは解るんだけど、あの声色を聞いているとかなり純粋だった子供ですよ。
まぁ、純粋さほど穢されやすくなるのは、物語では良くある常です。
そして、そう、ウルトラマンに変身する大人は、どこか思慮深いのは、これまでのシリーズを見ていれば言うまでもないでしょう。
所謂、マコトって言うか、チェレーザは、その大人のウルトラマンの思慮深さがないんですね。
そして、その純粋さを利用されて、力に呑まれ、破壊する。
2018y10m06d_094906759.jpg2018y10m06d_095838312.jpg
もう、ウルトラマンとして認めてもらうには、かなりの償いをしなければ無理なんですよ。
如何に強大であろうと、それを畏れて、力を上手く制御できなければ、あるのは破滅です。
サンダーブレスターの話で、そこはよくわかる通りなんですよね。
制御が難しい強大な力を手に入れたことで、愛染マコトことチェレーザは溺れて歓喜して溺れ…
しかし、チェレーザの憧れであるガイさんは同じ制御が難しい強大な力を得た時、溺れつつ歓喜するどころか恐れたのは言うまでもない。
これがウルトラマンになる為に必要な精神の差なのだろう。
純粋なものほど、穢れを見ると壊れやすくもなるけど、純粋さを拗らせすぎると、それもそれでヤバいんですわ。
言うまでもない。
いや、マジで。
シャアなんてのもそうでしょ。
ガンダムシリーズに出てくる、あのシャアね。
純粋だからこそ、地球に隕石を落とすところまで拗らせた訳ですし。
そして、今回は、その純粋さを利用されて、あの大破壊ですよ。
本当に笑えない。
2018y10m06d_100646664.jpg2018y10m06d_100738978.jpg
ルーブの中間地点に、オーブに憧れたチェレーザが危険な力に歓喜して、溺れ、同じオーブの中間地点では、その憧れの対象が危険な力に恐怖する。
危険な力を扱い、どうなっていくのか。
この描写の差でチェレーザはウルトラマンに慣れないことを暗示してるようにも見える。
また、力に対して湊兄弟(特にカツミ)の対比になっている時点で、その両者の差が良く解ります。

| 特撮感想 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

完全な生物体としては存在していないであろうルーブの怪獣だから出来たミニグビラ……星人などならミクロ化も出来るでしょうが面白い表現でした
……あのサイズでもウルトラマンにダメージ与えられるのは……かなり怖いですが
仮にルーブが地球に居なくて……もしエンペラ星人やジュダ辺りのどうしようもない本当の邪悪が侵攻してきたら……その時愛染社長は地球防衛をしてくれそうな……そんな気がしてきました

| 毒穴子四太夫 | 2018/10/13 00:17 | URL |

毒穴子四太夫 さんへ

まぁ、腐っても怪獣ですから、攻撃は出来るんでしょうねー。ただ、あまりにもデカすぎることより、あのサイズの方が怖いような気もします……
ある種のリアル感がありますからねー
妙なリアル感って言うのは怖いものです。
社長も、ホロボロスと戦う時は、男気を見せてましたからね。ありかもしれません。

| 月 | 2018/10/13 17:17 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7542-c816226b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT