PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

動けばかっこいいとか。慣れればかっこいいとか。

a00175ac112fab8d3ec86022a1dc42cb.jpg
いやいやいや、無いわ。
と、そんなことを思ったり。
まぁ、最近のビルドを除くライダーの話なんですけどね。
あー、仮面ライダークローズはかっこいいわー。
とか、そんなことを思いつつも。
昭和ライダーは当時の中でのかっこよさを突き詰めた結果の一つだとは思うんですよね。
そこ行くとわざとダサくしている平成ライダーとは違うような気がするんよね。
エグゼイドって、話も個人的にはあれだしで、デザインもデザインだから、まったく乗れなかった思い出が蘇ったりします。
さて、まぁ、そこまで言いつつもね。
ライダー関連は色々と見てはいますが。
なんやかんやで、見てはいるんですが、正直、最終回まで見ても「ダサいままで終わったなー」とか、そんなことを思ったりするわけでございますけどね。
どうも、ライダー界隈というのは、どうも、タイトル通りにシフトしなければならないような、そういう法則があるらしいです。それこそが真のライダーファンなんだとか、どうとか。
白倉プロデューサー曰く、「敢えてカッコ悪くした方が印象に残る。」らしいですが、個人としては、印象に残るけど、やっぱり、それ以上にウィンスペクターとか、クウガとかのかっこよさが、より際立つだけだよね―とか、そういうことを思ったりします。アギトとか、そこらのかっこよさを思うと、やっぱり、色々あるしねー。
やっぱり、こう、そっちのが印象に残るし、何で、あっちのようにしなかったんだろう?とか、そういうことを考えてしまう訳ですよ。
白倉の、この考えが蔓延してから、ライダーって言うのは変にかっこ悪い方向に行くようになってしまった。
石ノ森先生がどうのこうの……
とはいうつもりはないですけどね。
やっぱり、個人としては残念だなーと思うところがあります。
ついでに、同年代で、やっぱり牙狼とか、ウルトラマンとか。
色んなライバル作品がかっこよさを捨てない中で行くと、やっぱり、あれだなーって思ったりする。
そう、やっぱ、同時期のライバルのデザインって大事なんだよなーって思ったりしますわ。
だから、やっぱ、そこ行くとさ。
ビルドのデザインって、それだけで乗れたんだよな―と。
仮面ライダービルド系列のライダーのデザインは本当にかっこよかったなーと。
改めて、そういうことを思いましたね。

| 仮面ライダー | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7507-2d129bbd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT