PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ウルトラマンR/B(ルーブ)』 第5話「さよならイカロス」

2018y08m04d_092601117.jpg
愛染社長はエピソード10構想に出すはずだった、ムルナウのようなガイさんとなんらかの関係があった登場人物なのでは?と思っていて、ガイさんへのこだわりっぷりを見ているいろいろとね・・・・・・そういう部分も、あながち、嘘ではなさそうな気がする。
まぁ、もう、児童誌でネタバレしていたんで、あれですがね。
やっぱり、ウルトラマンオーブダークこと、ウルトラマンオーブダークノワールブラックシュヴァルツは、愛染社長が変身して、更に色々とあるそうです。
やっぱ、ガイさんと色々とあったんだろうと。
ウルトラマンオーブエピソード10構想の間に、何かしらの形で出会っていたのだと思う。
ショーティー
ジグル博士

まぁ、ここら辺が、あれだわな。
有力候補というか、何と言うか、そういうアレな感じがする。
前にガイアやコスモス、オリジンザファーストの初変身の過程は精神童貞的な部分が見えると、ちまみさんが言ってたけど、愛染社長も、確かに、そういう部分が見える。
そういや、30まで童貞なら魔法使いになれるてきなうそぶきがあるし、そこ行くと、愛染社長も、あの年齢で精神童貞的な部分があると。
2018y08m04d_092205807.jpg2018y08m04d_092118968.jpg2018y08m04d_092515908.jpg2018y08m04d_092522921.jpg
さて、イカロスと言えば、蝋の翼で太陽まで行こうとしたら落っこちた人だっけ。
最終的に彼女の運命が、落ち着く場所に落ち着く。
っていう、そういう皮肉的な部分を垣間見えるような気がするのは気のせいでございましょうか。
そして、この話に出てくる怪獣が、大空を自由に飛び回れる、いわば自由の象徴的な鳥をモチーフにしたグエバッサーと言うのは、なんか、そういう意味で皮肉を感じて仕方ないような気がする。
まぁ、今回のグエバッサーも、なんて言うか、封印された存在ではあるから、ある種、彼女と同種とみることも出来るがー、まぁ、乙一さんの脚本だし、そう言うのも兼ねてるんだろうなーと。
しかし、彼女が最終的にイカロスの運命から解き放たれたというのは、今後、彼女は家の命令に従うとか、なんか、そういう路線から外れるという事を意味しているような気がしないでもない。
なんか、そういうモノローグで語られる、この物語は良いですね。
しかし、まぁ、やっぱ、グエバッサーはかっこいいね。
2018y08m04d_092019599.jpg2018y08m04d_091825035.jpg2018y08m04d_091851602.jpg
そして、マガバッサーのオリジナルとして君臨する、あの怪獣なわけですがー
いやぁ、好きなタイプと言うのは良いものです。
ああいうかっこいい怪獣って言うのは良いね。
そして、やっぱり、魔王獣が歴代の強者の怪獣をモデルにしているように……
グエバッサーも、そういう感じなんだね。
あのまさに暴風雨という感じの強敵巻。
バリケーンに並ぶほどの狂的なのではなかろうか?
とか、そういうことを思っていsまいますね。
そして、その強敵に相応しい、パワーアップ回であるという、ブルウィンドも良かったね。
監督も脚本も、何もかも、今日は面白かった。
うむ。

| 特撮感想 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ダークオーブ……
パッと見、一瞬新手のバルキー星人かと思いました

| 毒穴子四太夫 | 2018/08/05 11:49 | URL |

毒穴子四太夫 さんへ

あるあ……
ねーよ(・ω・)

| 月 | 2018/08/05 20:54 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7476-7191c22e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT