PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スーパーガールシーズン1を見直して気になったヒーロードラマと恋愛ドラマの両立

145856424423214575178_IfYwMuf.jpg
語るような題材ですが、言ってることは愚痴です。
恋愛を入れれば大人向け?
特撮ヒーロードラマと恋愛ドラマの両立って難しい。色恋を中心にしてしまえば世界の危機より女かよ。男かよ。とか、そういうことを言われてしまうことがある。
現に、そういう作品が多いことは否めない。
なんやかんやで、原因は恋人かよ。なんてのもあったりする。理由は色々とあれど、そこに色恋沙汰を持ち出されてしまうと、妙に魅力的なキャラクターが小さくなることもあるだろうと。
問題は、そのバランスなんだよなーとか、そういうことを思いました。
そんな感じで、スーパーガールのシーズン1のお話です。
改めて、見直しましたよ。
って、そういう話なんですけどね。
基本的な感想は、前回、書いているので、あれなわけでございますが。
さて、シーズン2と一緒に見なおして思ったことはですね。
色恋沙汰がメインになりすぎるとなんか、萎える!!それも物語に落とし込めてないと余計に!!!
そんな感じで、まぁ、恋愛要素のあれを言う(つ=ω=)つ
スーパーガールはさ(つ=ω=)つ
恋愛沙汰がメインになってから退屈なんよね(つ=ω=)つ
ミステリー要素は楽しいし、視覚的にも楽しいけど、恋愛要素が何か見てて怠い(つ=ω=)つ
なんか、やったらめったら、恋愛を絡めたがるのは国の特色なのかね―とか思ったりする(つ=ω=)つ
日本は変にヒーロードラマに男女の恋愛を突っ込みまくらないで、そこは妙に安心する(つ=ω=)つ
いや、でも例外はあるか(つ=ω=)つ
例をあげれば鳥人戦隊ジェットマンってのがあるんだけどね?いや、でも、あれは上手く絡んでたからなー。
スーパーガールって、このドラマの欠点を上げるのであればメインの男女の恋愛ドラマがくっそつまらん!!っていう、物凄く致命的な……部分がですね。
ヒーロードラマの恋愛要素なんて、この前のワンダーウーマンとかさ。あれ位がちょうど良いのかも。
ジェットマンのような奇跡なんて早々生まれない。
シーズン1の男女を巡る恋愛ドラマの面倒くささよ(つ=ω=)つ
この面倒くささ(つ=ω=)つ
解る?(つ=ω=)つ
何か大人向けの要素として面倒くさい男女のメロドラマを突っ込むってのもなんなんですかね?(つ=ω=)つ

でも百合なら許すんだろ?

って声が聞こえてきますがね。
許すよ!!!百合ならね!!!!( ・ ω ・ )
感動して両手から光線出すよ!!(つ・ω・)つ
って感じで、まぁ、百合なら良いんですけどね( ・ω)
言っちゃえば、作中の
それがヒーローとしての物語とリンクしているかといえば、そういう訳でもない!っていうね。
それが凄い問題なわけですよ。
何か、無理やり男女の恋愛に絡める部分がどうもね。
すっげー、食傷気味なのよ。
百合厨だから、どうのこうのってわけじゃないしね。
そうだったらTLにジェットマンとか紹介しないしね。
百合厨どうのこうの以前にですね……

この手の男女のお花畑恋愛脳全開なメロドラマはつまんない!!!!!

無理!!!!
所謂、スーパーガールって言うのは、今どきのステレオタイプと言うか、恋も出来るしー、仕事も充実―、ヒーローもがんばるーみたいな、そういう女性像を描いているわけですよ。
その中にある理想の現実のギャップが、メインでね。
そういう部分は上手く出来てると思うんですよ?
上手くね?
でも、メインであるはずのヒーローの物語と最終的に、地球の危機なのに、お前、男にどうのこうのかよ!っていう、そういう部分が強いのよ。
恋愛の前では地球のきき何て二の次―
いや、まぁ、大切な人に相談したい。って言うのもあるのかもしれないけどさ。なんか、正直、そう言うのばっかを後半からやられてしまったために、今回は印象が残らなかったんですよね。
んで、スーパーガールのシーズン1はですね。
恋愛メロドラマを色々と突っ込んだせいか、終盤の盛り上がる要素が明らかに盛り上がってないって言うか、盛り上がる気持ちにさせてくれないし、そういう気分が失せる。
所謂、恋愛ドラマパートのスーパーガールことカーラの女性像がステレオタイプとでも言うべきかさ、日本の月9ドラマの嫌なタイプの女の主人公っていう感じでさ。
仕事パートと、日常パートと、スーパーガールとしてのヒーローのパートは面白いのに恋愛パートはホント、なんかつまらない(つ=ω=)つ
久しぶりにスーパーガールシーズン1を見終わったけど感想は前と同じでヘテロ恋愛要素はいらん(つ=ω=)つ
って言うか退屈、邪魔、シナリオの盛り上がり要素を妨げてる感が凄い(つ=ω=)つ
だった。
どうせ男女の恋愛ドラマ要素を混ぜるなら、ウルトラマンネクサスの様な子供にトラウマを与えるレベルの要素をですね(・ω・)
ってかなんなんだろうね?
男女の恋愛ドラマに面白さを見いだせないから、ああなっちゃうのかね?
これを日本の映画で考えると、何があるか。
って言うと、これですよ。
この前、公開されたガッチャマンなんですよ。いや、あれに比べたらはるかにましなんですけど、あれに近いことをしちゃっているような感じ。宇宙刑事ギャバンTHE MOVIEとか、キカイダーREBOOTとか無理やり恋愛要素を突っ込み過ぎて失敗しているような、ああいう感じになってしまっているといえば、解って貰えるだろうと。
スーパーガールは、こいつら男と恋愛するより女と恋愛した方が上手く行くよなーって女性キャラが多そうなくらいには女性同士の関係の描き方は好きなんですよね。
いや、でも、ウィンと、その父親との確執とカーラとの恋の別れの話は面白かったんですけどね。これはマジで。
本題を変えるとして何で態々男に行くの?って言いたくなるくらいの上手さ。
ってことで休んだらセカンドシーズン行く。
カーラと叔母の愛憎溢れるドラマは本当に好きだったんだよね。
シーズン1は、その叔母が死んでしまってから、本当に、もう男女の恋愛メロドラマに支配されて行った残念感が辛い(つ=ω=)つ
いや、もうホント、最終決戦間近まで男女のつまらないメロドラマが展開されてて萎える(つ=ω=)つ
日本で言えば鳥人戦隊ジェットマンとか、牙狼とか、ウルトラマンティガとかあるけど、これらはちゃんとドラマに意味のある関係性を描いてるから面白いんだけどスーパーガールはそうじゃない。
ジェットマンは本当に、あの恋愛ドラマ要素を良く燃える展開へと最終回まで、そのテンションを維持できる男女の恋愛ドラマ要素を突っ込みまくって最終決戦も盛り上げる要素を入れてくれたな。って思うのよ。
流石はスーパー戦隊シリーズの歴史を変えた作品である(つ=ω=)つ
後、スーパー戦隊シリーズの光戦隊マスクマンも一話から最終回にかけて恋愛要素を突っ込んでんだよね(つ=ω=)つ
これもこれで結構、恋愛要素と、そういうヒーロー要素が上手く混ざり合ってんだよなー(つ=ω=)つ
それでいて面白いしね(つ=ω=)つ
ただ、ドラマ部分に力を入れ過ぎたせいか、マスクマンは巨大ロボット戦じゃ全くドラマが無かったんですけどね(つ=ω=)つ
座禅までする巨大ロボットまで出てたのに(つ=ω=)つ
まぁ、身も蓋も無いことを言えば、正直、ロボット戦なんていらなかった(つ=ω=)つ
それくらいドラマが面白かった。
ヒーロードラマで恋愛ドラマをやるなとは言わないけど、どうせやるなら、ヘテロであろうとも百合であろうともBLでも、ちゃんと物語に落とし込んでほしい。
って言うのはある。
やっぱ、それは日本の特撮ヒーロー作品で、そう言うのを多く知ってるからであってね。
色々と思う。
ネクサスの憐と瑞生のカップル
最初は任務で近づいた瑞生が、憐のまっすぐさや儚さなんかに惹かれてゆく仮定が無駄なく描かれてるように感じる
クールが短かったせいもあるのだろうか?
そういう部分が二人の中の運命と一緒に上手く物語に落とし込まれている証拠だと思いますよ(つ=ω=)つ
それでいて直接的な要素は最後の最後まで取っておくから、また視聴者をグッと掴むから、それが惹かれる部分もあるんだと思う。
そして、この二人の関係のドラマを盛り上げた立役者は堀内正美さん演じる松永管理官ではなかろうか?
あの管理官は地球の平和の為と言うのは解りつつも鬼畜なことを…
ヒーロードラマで恋愛ドラマをやるなとは言わないけど、どうせやるなら、ヘテロであろうとも百合であろうともBLでも、ちゃんと物語に落とし込んでほしい。
って言うのはある。
やっぱ、それは日本の特撮ヒーロー作品で、そう言うのを多く知ってるからであってね。
色々と思う。
そうなんだよ。ウルトラマンネクサスの憐編の男女の恋愛ドラマも上手いんだよなー。
恋愛要素を何処までちゃんと、ヒーローの物語に落とし込めるかってホント大事。
さっき紹介した、スーパー戦隊シリーズの百合カプも美味いくらいに物語に落とし込んでるから物凄く強い。
ジェットマンなんてスーパーガールも真っ青なドロドロの男女の恋愛ドラマを終盤までやってたからね(つ=ω=)つそれでいて面白い。
やるにしても、例え、どんだけ月9恋愛ドラマ風でも、ちゃんとヒーロードラマとして落とし込んでほしい。落とし込めなかったら、作品全体の面白さに繋がらない、寧ろ、ちぐはぐ感が出て微妙な雰囲気になってしまう。そういう感じなんですよ。
って、そういうことだよ(つ=ω=)つ
と、まぁ、なんだろうね。
今まで抑え込んでいたスーパーガールの不満が一気に爆発した(つ=ω=)つ

そしてエンディングは愛のソルジャー
名曲です。

| 特撮感想 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

個人的には恋愛か何なのかよくわからないジャンパーソンとかおる程度の関係で充分です
ジェットマンはラディゲ中心で見ていましたが……数少ない男女間の恋愛を好意的に見られる作品でした
ジェットマン内部ではアコだけ蚊帳の外だったのが……

| 毒穴子四太夫 | 2018/06/01 01:35 | URL |

毒穴子四太夫 さんへ

ジェットマンは恋愛を物語の中で試練としてうまく機能してましたからねー
アコが蚊帳の外だったか、よかったという部分があるような気がします。
ウルトラマンネクサスの憐と瑞生の関係とか、まぁ、そこらがいいのかもしれませんね。

| 月 | 2018/06/01 14:01 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7414-76aca1f2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT