PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

銀河英雄伝説 Die Neue These # 2「アスターテ会戦」

o0600033713753686521.png
ヤン・ウェンリーは正義の人でも無ければ、単なる怠けものとか、そういうダメな奴という訳ではない。
なんていうか、中庸……あるべき、リベラリストの姿と言えるかもしれない。ヤン・ウェンリーの政治に対する捉え方こそ、個人的にあるべきリベラリストの姿と、大事なことなので二回言いました。
そこが、どういう部分かと言えば、割と良い左と、一件、右に見える程に悪い左がいる、自由惑星同盟という組織と言うものなんですけどね。
その中で、ヤン・ウェンリーはちゃんと全てにおける政治の欠点を納得する答えと一緒に描いているわけです。
鈴村さんの演じるヤン・ウェンリーは個人的に結構、好み。
ヤン・ウェンリーの中にある正義の部分と人として余裕とか、なんか、そういう大人的な狡さを含めた極めてありがちな中庸さと言うのを上手く鈴村さんは演じているような気がします。
キャラデザは無個性なイケメンな感じだけど、結構、好きよ。
富山敬さんの印象が強いけど、でも、鈴村さんの自然な演技は良い感じにヤン・ウェンリーを演じていると個人的には思うんですよね。
落ち着きがありながら、周りを安心させるような演技の奥に見える強かさを上手く演じているような、あぁ、そうよ。
これがファンをわくわくさせるヤン・ウェンリーよ。
んで、これを鈴村さんが演じることで、ヤン・ウェンリーの魅力を語るうえで欠かせないのが彼の政治の価値観なわけですよ。
大事なことだから、三回目を言うけど自分の中でヤン・ウェンリーこそが、本来、あるべき、所謂、リベラルと名乗る人間のあるべき姿だと思っているわけで。
この登場人物の語る政治学と言うのは右派においても左派においても実に的確な、それも皮肉を交えて答えを与えていたりするわけで。
どっちも中立的に作者の一番近い感受性を持っているのがヤン・ウェンリーって言う登場人物なんだと思う。
戦術を行う姿もかっこいいんだけどさ。
でもね、あるべき辿ってきた人類の歴史の中から愚かさを学び、そこから現政権の為そうとすることの愚かさを痛烈に皮肉る。
って姿が、ヤンの私的に一番クールな姿だわ。
見極めるからこそかっこいい。
はやく、次回が見たいぞ。
キャラデザはやっぱ残念だけどねwww

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

当記事と関係無く恐縮ですが
新しいウルトラマンが七月から開始と判明しましたね
変身アイテムがおもちゃにしか見えないのがなんとも
新マンの様に演技者の技量に依存した変身シーン、レオリングのようなアイテムはもう……無理なんでしょうね
それにしてもバイクロッサーを思い出してしまう新ウルトラマンです
ノイズラーはこれに出るのでしょうね、何はともわれ楽しみなのは変わりません
プラズママイナズマやレッドギラス&ブラックギラスはかなりの確率で出てきてくれそうな気がします……アボラス&バニラが今度は共闘してくれても面白い画になりそうですが
怪獣娘はブラック指令が最後に出てたので三期は円盤生物の擬人化が出るでしょうからこちらも気になりますが……
円盤生物ブラックエンドと超獣ジャンボキングの色物カップリングとかみたいです

| 毒穴子四太夫 | 2018/04/25 12:13 | URL |

毒穴子四太夫 さんへ

いえいえー。こっちも、次の日辺りに生地にしようと思ったので、流行る気持ちは解りますw
そんな感じで、新しいウルトラマン、公表されましたねー。
まぁ、もう子供に楽しんでもらうためなら、ああいう風にしないとダメなんでしょうね……これから派手になって仮面ライダーと変わらない存在になって行くかもしれないと思うと、それは、それでーな感じですが。
自分として強大と言えばゴウライジャーが一番最初に来ましたねー。
ハリケンジャーのレギュラーな感じですが。
ノイズラーは出るでしょうね。
あー、そういえば、ブラズママイナズマも、そうですよね。兄弟なら、この路線はありそうですね。
怪獣娘は、どうなるのか……
黒ですからね。
楽しみです。

| 月 | 2018/04/25 19:59 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7370-1651d8c1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT