PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

牙狼<GARO>-VANISHING LINE-第23話「MY SISTER」

2018y03m24d_002448869.jpg
真のエルドラドと一体化し、世界そのものとなったキング。それに対峙するソードは、圧倒的な力の前に苦戦を強いられる。一方、リジーはソフィと共に、人々の魂を解放する為、システムの破壊へと向かう。そこに現れるビショップ。ルーク、ジーナの眼前にもナイト、クイーンが立ちはだかる。
そういや、描かれてないんだよね。
クイーンとビショップの二人の過去は……
あ、ついでに言えば紅蓮ノ月の劇場版、脚本が小林靖子になったそうですね。そりゃ、ここまで来ると、ああするしか無いわな……井上敏樹と會川昇は逃げちゃったわけだし。正直、監修とは名ばかりなのではないのか?と、思えるほどに紅蓮ノ月の内容は、そういう内容でしたからね……これはなー……何で、ああいう流れになったことの調整とかをしなかったのだろうか?って思わざるを得ないしね。
さて、まぁ、今回は三人との決着って感じになるのかなー
そうして、キングと……
って感じになるのかな。
そういう感じで、ソフィ兄妹の形に対しては同情するけど、なんていうかね……ああいうことがあると、甘い誘惑には耐えられないことがあるんだろうなーって。
牙狼のホラーという存在の本質。
そして、ホラーの力を利用する人間の本質。
それを改めて理解したような感じがします。
VLは、そういう意味では原点回帰的な部分が非常に楽しいと思いましたね。
来週で最終回かー
どうなるんだろうね?

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7355-64869a3d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT