PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

citrus #11

gurenki.jpg
古典的だよなー
と、第11話を見て、ついでに、改めて原作を読んでて思った。
所謂、ほら、第一次ブームって言うかさ。
まぁ、第二次か。セーラームーンとか、その前とか、まぁ、代表的なところで色々とあったわけだし。あの頃から異星は障害的な、そういう部分をさ。まぁ、出してるよねーって。
後半から、そうはーって思っていたけど、この作品の場合だと、また、なんか、許嫁が出てくるし。人格者だしーって感じでね。一番、面倒くさい。
なんていうか、なんやかんやで、異性をあてがう。
って結構、古典的で、これ以降、古典的だからこそ成長していないという部分も感じ取れてしまう部分もある訳で。
いざ、同性の恋愛を取り扱うとなれば、そういうものが出てくるというのは解りやすい障害と言うのは解るんだけど、なんかね。なんか、嫌だなーって思うのは不快?な部分はデカいよねーとか。
ただ、BLだと、そういうのって、あたし、全然、知らないんだよねー……
やっぱ、エゴか?
紅蓮記、読みたいー

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7341-c65b6b4e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT