PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

破裏拳ポリマーの実写のあれ

DXgPrNdVQAMMtAN.jpg
そんな感じで坂本監督が撮影した、超弩級B級映画である、このポリマー!
を見ました。
原作知らないけどね。
ただ、あの、タツノコヒーローの映画って、正直、初見でも面白くない!!って言うのが凄い多い訳ですよ。キャシャーンとかね、ガッチャマンとかね、ヤッターマンとかね。
名前は知っていても、作品の内容自体は、よく知らねーんだよなーって人、多いと思います。
私も、そうです。OVA版を見ただけとか、そういう感じです。
でも、このポリマーは面白かったんですよ。
ただ、ポリマー、思ったんだけどさ。
ポリマーはファンが言うには、もっと荒唐無稽なんだ!!って感じらしいけど、それでもタツノコヒーローものの外連味を全部、無くしてしまったキャシャーンやガッチャマンに比べたら数億倍マシじゃないですかね( ・ω)
ハーリーケーンの構えは真似したくなるし。
破裏拳ポリマー、画面から伝わってくる予算の無さが何処か虚しいけど、それ以上に、かなりの予算を投資したであろうガッチャマンやキャシャーンに比べてはるかに面白い(=ω=;)
映像美は誤魔化せてもお話は誤魔化せないんだろうなーってのは良く解るような気がしないでもない(つ;=ω=)つ
何というかポリマーはジャッキー・チェンのカンフー映画期やポリス・ストーリーのような流れや展開を現代特撮ヒーロー風にアレンジして、さらに、そこにポリマー要素を追加したような、そういう感じがする(つ=ω=)つ
坂本監督だし、この手のアクション映画に、そういう要素を入れるのは当然か。
ただ、ガッチャマンもキャシャーンもヤッターマンの、どの実写版も原作をよく知らないけど面白くなかったんだけど、ポリマーは原作知らなくても面白い(つ=ω=)つ
この差はデカいですよ(つ=ω=)つ
終盤だけど、あんまアクションしてないんですけどね。
ガッチャマンでの失敗があったから、このポリマーには余り予算をタツノコは出さなかった説はスッゲー説得力あるなー(=ω=;)
まぁ、面白かった(つ=ω=)つ
普通に坂本監督ファンってのもあるだろうからなんだろうけど(つ=ω=)つ
登場人物の描写も最低限、描かれているし(つ=ω=)つ
面倒くさいことは放っておいてアクションに全力を注ぐスタイルは良いんじゃないかな?って思いました(つ=ω=)つ
なんていうか日本の特撮ヒーローリメイク、アニメの実写版という作品の中で一番好きなのは「ULTRAMAN」なんだけど、これは4,5番目くらいかな?と(つ=ω=)つ
2,3番目とは大きな差がありますけどね?(つ=ω=)つ
そんな感じで破裏拳ポリマー、肩の力を抜いて見れるので、お勧めです(つ=ω=)つ
現代版ジャッキー・チェンカンフー映画みたいな感じで見るのが良いかもしれませんね(つ=ω=)つ
蛇拳とか笑拳とか、そこら辺ね?(つ=ω=)つ

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/7334-615b5a05

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT